上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ザンビアとは少しも関係のない話ですが、
こういうときには赤の他人のブログ記事が心強いもので、
私もだいぶいろんな人のを読ませてもらったので、
自分も少しでも誰かの参考になればと。
じんましんのお話。

それは今から8か月前、今年(2013年)の3月のこと。
東京での前の仕事の契約が3月31日まで(土日だったので事実上29日まで)で、
関西での新しい仕事(今の仕事)が4月1日から始まるという鬼スケジュールで、
テクニカルな諸事情で休暇もほとんど取れず、
残務と引越し準備と新生活準備でパニクっていた私。

気づいたら、夕方になると体がかゆくなっていました。
それでも私、元々埃アレルギー体質だったので、
引越のために部屋を片付けているからだと思い、5日くらい放置。

が、ある日ふと思い立って背中を鏡に映してみると、
自分が引っ掻いた跡がそこかしこに見事に赤く残っているではありませんか。
ぎょえっと思い、その足で皮膚科へ。

言われたことには、元々アレルギー体質だったのが、
引越や新生活へのストレスで激しくなっているのでしょう、とのこと。
「アレロック」という抗ヒスタミン剤を処方してもらい、
とりあえず1週間1日2回飲んでみることに。
で、症状が治まればそれでよし、
まだ続くようだったら引っ越してからまた皮膚科に行ってください、
とのことでした。

このアレロックという薬を飲み始めたら見事にかゆみも発疹も治まって、
数日後に無事引越完了。

と、休む間もなく住居も職場も何もかも新しい環境での生活が始まり、
目の回るような忙しさが続き、薬が切れた4月の第2週目から、
じんましん再発。
以前よりも激しさを増し、
朝や夕方、そして入浴時には、サイボーグにでもなったかのように、
肩から背中にかけて全身みみず腫れに。

s-130410_005247.jpg
これ、かなり小さくしてますが、背中の写真(ひぇー)。

s-s-130401_222734.jpg
おでこも一面真っ赤に(生で見ると写真以上に迫力があります)。

かゆくてかゆくて仕方なくて、
でも平日は仕事で精いっぱいで皮膚科に行く余裕がまったくなくて、
地獄の1週間でした。

そうしてやっとのことで皮膚科に行ったのが4月2週目が終わった土曜日。
ドクター曰く、
「なんでもっと早く来なかったんですか。
これじゃ慢性じんましんになりますよ。
慢性じんましんになると治るのに何か月もかかるんですよ。
東京の皮膚科で言われたことちゃんと聞いてなかったでしょ。
来るのが遅いですよ。」
あまりに辛くてどうにか助けてほしいという思いで行った皮膚科で
強い口調で言われた、このグサッと来る言葉。
不覚にもその場で涙がボロボロ。
あぁ、今思い返しても悔しいぜ!

ともあれ、前に処方されたアレロックが効いたのなら、
また同じものを2週間分出すから、また2週間後(以内)に来なさい、と。

その日からアレロック服用を再開。
すると、また見事にみみず腫れはなくなりました。
なんと救われたと思ったことか!
というか、それまでなんと辛かったことか!

が、今度は、腫れなくても赤くなるという症状に。
例えば買い物袋を腕に下げるとそこだけぴーっと跡がつくような。
おでこやほっぺたにも何もしなくてもぴーっとかまるっとか赤い筋。

s-130531_201008.jpg

引っ掻いたら確実に跡が残って、
引っ掻いてないところにもいきなり出て、
数時間後には消えるんです。
でも数時間は残る。
腕でも顔でも首でも脚でも体じゅうどこでも。

こんなのがずっと続き、2週間後に再受診。
薬が効いてはいるけれど、
もう慢性的になってしまったので治るのには時間がかかる、
しばらく薬を服用し続けなければならないと言われました。
(また怒られるんじゃないかと行くのがかなり憂鬱だったけど、
私が前回泣いたからか、今度はドクター優しい口調でした。)

それからは30日分もらうようになり、
赤い跡が目立たない程度にはなったものの、
消えることのないまま3か月が過ぎました。

7月に受診に行ったときに言われたのが、
「薬はちゃんと12時間置きに飲んでいますか?」ということ。
朝食後と夕食後の2回という指示だったので、
朝はたいてい一定の時間に飲んでいたものの、夕食の時間はバラバラ。
しかも仕事を終えて帰って夕食を食べるのが21時以降のことが多く、
12時間間隔にはなっていませんでした。
食前でもいいからきっかり12時間ごとに飲むことが大切と言われ、
それ以来、携帯のアラーム機能を使って毎日7時と19時に飲むように。

自分でやってみて初めてわかるものですが、
毎日必ず同じ時刻に薬を飲むのってなかなか難しい。
時間にわりと縛られている日本の生活でもこうなのだから、
ザンビアやその他南部アフリカ諸国における
ARV(抗レトロウィルス薬=HIV感染者がエイズ発症を抑えるために飲む薬)
徹底の難しさが、初めて実感とともによくわかりました。

さて、さらに薬を飲み続けること2か月、
発症&服用から半年が経った9月、
かなり注意深くチェックしていた結果、
ついにまる一か月の間、まったくじんましんが出ないという快挙。

これにて、薬の量を減らしてもらえることになりました。
まずは週に2日だけ1日1錠の日を作ること。
それでもまったくじんましんが出なければ、
それ以降は1日1錠で良いとの指示。

というわけで、今、やっと1日1錠。
やっとここまで来たぜ。
それでも、ストレスでまた出たりするから、
そのときには集中的に1日2錠をしばらく飲み続けるようにとの指示あり。

はぁ、早く薬フリーになりたいものだ。
あと何か月かかるのだろうか。

ストレスや何かでじんましんが出たみなさん、
薬の飲み始めは非常に肝心です。
決して切れることのないよう飲み続けてください。
そうすればこんなこと(慢性じんましん)にはなりません。

私は思い切って仕事を休んですぐに皮膚科に行くべきでした。
いや、そんなのどう転んでも無理だったなとは思うけれど。
それでも。

治ったらまたご報告しますゆえ。
2013.11.17 Sun l ザンビアじゃない話 l top
豚まんとか、みたらしだんごとか、大判焼とか、
はたまたミスドのポンデリングとか、
日本にいればわりと日常的に食べられるのに、
海外だとどうあがいても食べられないものは、
それだけ無性に食べたくなるものです。

アフリカなんていうリモートな場所に住んでいると、
その想いは強くなる一方で、
そんなときの解決策は…

鳴かぬなら 鳴かせてみよう ホトトギス

そう、作ろう!
という秀吉的発想に至るのです。

ザンビアに住んでいた頃、現地で手に入る材料を駆使して、
いろんなお菓子に挑戦しました。

1RIMG2979.jpg
豚まん。

2RIMG1223.jpg

2RIMG1225.jpg
みたらしだんご。

3s-RIMG7055.jpg

3b0191887_5464717.jpg
ポンデリング風ドーナツ。

大判焼の写真がないのは、大失敗して形にもならなかったから。。
ネットで調べたとおり、
わざわざ厚紙にアルミホイル巻いて型を作ってやってみたんですけどねー。

実はこの記事でキャッサバフラワーを探していたのは、
ポンデリングもどきを作るためでした。
だいぶあとになって、
どこかでついにタピオカ粉(すなわちキャッサバ粉)を見つけて作ってみたというわけ。

4s-RIMG7017.jpg
(下に置いてある雑誌、いったい何だろう。今となってはさっぱり覚えていない。)

ポンデリングも本物とはかけ離れたものになってしまったけれど、
とにかくみんなでわいわい作って食べるのが楽しくて、大満足。

他にも、いろんなお菓子を作ったなぁ。

5s-DSCF5533.jpg
誰かの誕生日のたびに焼いたガトーショコラ。

6RIMG2951.jpg

6s-RIMG7087.jpg
一度目は大失敗、二度目は見事に成功したシュークリーム。

7RIMG0134.jpg
キャラメルタルト(たぶん)。

8RIMG2578.jpg
タルトの崩れたりんごタルト(@隊員べじーたの誕生日)。

8s-CAI_0002.jpg
ヨーグルトポムポム。
これってかずみさんのレシピだったよね?滝さん。

その他、写真はないけれど、バナナタルトやレモンタルト、
そしてクッキーやプリン、クレープなどなど。
誰といつどこで作ったか、なかなか忘れないものです。
クレープパーティー、みんな覚えてるかしら。

卵・牛乳・砂糖さえあればできるプリンは簡単で楽しくて、
一時期ドミに滞在していたある隊員は、
毎晩のようにプリンを作ってましたっけ。

そうそう、コッパーベルト州のルアンシャに遊びに行ったときに、
みんなでスライスチーズでチーズケーキを作ったのもいい思い出。

作る喜びをたくさん味わいました。

ただ、私たちが作るのは、いかにも隊員らしい、
「だいたい」「なんとなく」「こんな感じ」な味も見た目もアバウトお菓子。

それに比べて大使館やJICAの職員のみなさんや、その奥さま方の作るお菓子は、
まさに日本で作るのと変わらぬきめ細やかな洗練された素敵なお菓子。
たまに差し入れてくださったり何だりでごちそうになったときには、
そのおいしさに頬が落ち、それこそ日本への郷愁に駆られたものでした。
メロンパンやらチーズケーキやら、
これがザンビアで作れるなんて!と驚くものばかりで、
見た目もお味も売り物ではないかというクオリティでした。

とにかくどれもおいしかったし楽しかったなぁ。

さて、なぜ突然今になってこんなお菓子作りのことを書いたかといえば、
この前、無性にフレンチトーストが食べたくなって、作ってみたからでした。
作りながら、
そう言えばザンビアでフレンチトースト作んなかったなぁ、こんな簡単なのに、
と思ったわけでして。
食パン・卵・牛乳・砂糖さえあればできるフレンチトースト、なんと途上国向き!
現役隊員のみなさん、
ホテルオークラのフレンチトーストをお試しになってはいかが?
2013.10.19 Sat l 帰国後(つぶやき) l top
ザンビアの家庭では、湯は電気で沸かすのが一般的。
照明と同じようなスイッチがあって、
それをONにすると、20~30分で湯が沸いて、
お風呂などの蛇口から湯が出てくる仕組み。
(逆にいえば、これをONにしない限り湯は出ない。)
この湯沸かし装置のことを「ギザ」と呼びます。
当ブログでは、電流ショック事件(その1その2)などで登場。

geyser.jpg
こんなヤツ。
(HKさんにもらった資料から写真を無断拝借。おそらくHKさん宅のギザ。)

私が住んでいたロッジ仕様のおうちは、ギザは外についていました。
写真撮っとけばよかったなー。

で、この「ギザ」、つい先日知ったことには、
geyserっていう英語の普通名詞だそうなのである。
衝撃。
ザンビア人の発音は、完全にカタカナで「ギザ」(または「ギーザ」)。
スペルはgizaだと思っていたし、商品名か何かかと思っていた。

湯沸かし器の意味があるのはイギリス英語だそうで、発音は「ギーザー(ser)」。
(アメリカ英語だと「間欠泉」の意味で、読み方は「ガイザー(ser)」)。
ここ(Cambridge Dictionaries Online)でわかりやすく発音が確認できます。

思い込みってすごい。
目から鱗でした。
2013.09.19 Thu l 住居 l top
There is no future
There is no past
I live this moment as my last

There’s only us
There’s only this
Forget regret
Or life is yours to miss
No other road
No other way
No day but today

There’s only yes
Only tonight
We must let go
To know what’s right
No other course
No other way
No day but today

There’s only now
There’s only here
Give in to love
Or live in fear
No other path
No other way
No day but today
2013.08.21 Wed l 帰国後(つぶやき) l top
突然ですが、私の超お気に入りカンガ。

s-130815_110847ka.jpg

キリマンジャロビールカンガ。
(カンガというのはタンザニアとかで使われてる布ですね。)

同期のチテンゲ狂隊員が、どこかで見つけて、
私が気に入るだろうと思ってわざわざ買ってきてくれたもの。

傾いたグラスに注ぐビールの泡が、
雪で覆われたキリマンジャロ山頂を形作るようになっているのです。
(そもそもこれはキリマンジャロビールの宣伝ポスターそのまま。)
ちなみに泡の山頂はキボ峰。
隣のとがったほうがマウェンジ峰ね。

実物のビールはこちら。

s-IMG_6298ka.jpg

タンザニアではビール瓶は500mlが主流。
これはキリマンジャロに登るべくモシという街に行く途中、
ダルの空港で乗り継ぎ待ちの間に早速一杯ひっかけたときの写真です。
懐かし。

カンガもチテンゲも日本の生活ではなかなか使い道がないけれど、
こうやってたまに眺めるのもよいな。
2013.08.15 Thu l 帰国後(つぶやき) l top
果たしてこのブログにザンビア関係者以外の定期購読者がいるのかは甚だ疑問ですが、
(ザンビア関係者にだっているかどうかという疑問はさておいて)
明日テレビでザンビアが取り上げられるのでお知らせします。
(ぎりぎりですいません。でも来週もやるよ。)

千原せいじがアフリカ54カ国に住む日本人に会いにいく番組、みなさん知ってます?
私は見たことないんですが、ついにザンビアの番がやってきました。

世界の村で発見!こんなところに日本人(2013年7月12日(金)21時放送・テレビ朝日系列)

『千原せいじがアフリカ54ヶ国に住む日本人全員に会いに行きます』
次の国はザンビア。ベンバ族の小さな村に住むたった一人の日本人女性を探す。道中、最強の野生動物といわれるカバの肉を初体験!
するととんでもないことが…

 (リンク先のサイトより抜粋)

彼が訪ねる先は、そう、協力隊員。
(今までも協力隊員を訪ねるパターンが多いようですが。)
私も帰国直前に遊びに行かせてもらった隊員です。
いったいどんなふうにザンビアが紹介されるのだろう。
どうぞみなさまご覧あれ。
2013.07.11 Thu l 帰国後(つぶやき) l top
4月の再就職に合わせて引っ越した新居は、映画館まで徒歩10分。
たまらない。
この3か月で映画館で観た映画が12本。

とても幸せなんですが、ただひとつの難点は、
いつも同じ映画館に行くので、
何度も何度も同じ予告編を見ざるを得ないこと。

邦画にあまり興味を持てない私にとって、
「少年H」「奇跡のリンゴ」「真夏の方程式」「謝罪の王様」などなどの予告編を
繰り返し繰り返し見なければならなかったことは、結構な苦痛でした。
まったくおもしろそうと思えないし、
好きなはずの阿部サダヲが憎らしくさえ思えてくるのです。
おかげで、上映開始時刻5分前に家を出て、
開始時刻数分過ぎにチケットを買って、
それからゆっくりトイレに行って、
買いもしないポップコーンメニューをゆっくり眺めて、
予告編上映中にそろーりと劇場に入るという滑り込みセーフの技を習得。
あ、そういえば邦画に限らず、
「オブリビオン」「エンド・オブ・ホワイトハウス」「アフター・アース」も、
何度観たことか。
どんだけ見飽きたことか。
どんだけ「つまんなそーーー」と思ったことか。

そんななかでヒットだった予告編は・・・
そう、ギャツビーです、ギャツビー。
バズ・ラーマン監督、ディカプリオ主演の「華麗なるギャツビー」。
かっけーーーーー。
初めて見たとき、そのかっこよさに唖然。
60秒のやつ。(お時間のある方はyoutubeでどうぞ)

"I will tell you God's truth. God's truth about myself."

"Gatsby. He had an extraordinary sense of hope. But I had the uneasy feeling that he was guarding secrets."

この台詞が頭の中で反響して浮き上がって耳に残るかっこよさ。
音楽ハマりすぎ。

すごいや!

と思ったのでした。

この予告編見ただけで、
私、原書をちゃんと読もうっていう気にさえなった。

とにかくかっこよくて、ギャツビーだけは、
予告編どんだけ見ても飽きなかったどころか、
台詞と音楽ほとんど覚えてしまうくらい気に入りました。

みなさん、(映画館で)見ましたか?
このスーパーおしゃれな予告編。

予告編がここまで印象に残ることって、あんまりない。
(そもそもそんなに同じものを何度も見ないからだけど。)
ギャツビーは私にとって最も印象的だった予告編暫定第1位に決定。
(本編がおもしろかったかどうかはまた別の話。)
2013.06.25 Tue l 映画とか音楽とか l top
ふとしたきっかけでこれまでの人生における予防接種歴を調べることに。
このブログ上でも、ココでいろいろ打ったと書いてるし、
ココでは予防接種の記録を整理しようかなとも書いています。
ついに年月日まできちんとすべて整理して記録しました。
というわけでせっかくなので(?)ちょっとご紹介。

・水疱瘡 (Chickenpox)(罹患)
・はしか (Measles) 2回
・おたふく (Mumps)(罹患)1回
・風疹 (Rubella) 2回
・ジフテリア (Diphtheria) 4回
・百日咳 (Pertussis) 3回
・破傷風 (Tetanus) 5回
・ポリオ (Polio) 3回
・BCG 1回
・日本脳炎 (Japanese Encephalitis) 2回
・A型肝炎 (Hepatitis A) 3回
・B型肝炎 (Hepatitis B) 3回
・狂犬病 (Rabies) 3回
・黄熱病 (Yellow Fever) 1回
・髄膜炎 (Meningitis) 1回
・腸チフス (Typhoid Fever) 1回

ずいぶんと打ってますねぇ。計15種類のべ35回。
私の注射時期は3段階に分けられまして、
まずは幼少期~義務教育期間まで(長いけど)。
次が高2でアメリカ行く前。
そして成人してからザンビアに行く前~ザンビア派遣中。
リストの下のほうは途上国に行かない限りまず打たないかと。
この中では黄熱病の予防接種がメジャーか。
なぜなら、この黄熱病の予防接種証明書(イエローカード)がないと
そもそも入国できない国がアフリカにはたくさんあるのです。

病気の名前って-itisで終わるのよくあるよな~と思っていましたが、
「~炎」という意味で語源はギリシャ語のよう(このサイトによると)。

この語尾、ティスと読まずにタスとかテスに近い発音で読むのがミソ。
「肝炎」Hepatitisなら「ヘパタイタス」。むしろ「ヘパタイダス」「ヘパタイデス」。
なぜならアクセントが先のiに落ちて後ろのiはあいまい母音になるから。
先に紹介したサイトだと「アイティス」となっていますが、
いやいや、「アイタス」「アイテス」のほうが近い!と言いたい。

と、ついつい英語の話をしてしまってすいません。

まだこれからも予防接種受けることあるのだろうか。
あ、たとえばマラリアのワクチンができて、
またアフリカに行くことになったら受けるかも?
2013.05.26 Sun l 帰国後(つぶやき) l top
今日から世間はゴールデンウィーク。
私も一応カレンダー通りに休みではあるものの、
仕事が溜まりに溜まってさっぱりゴールデンではない。

去年のゴールデンウィークは何してたっけと考えてみたが、思い出せなかった。
無理もない。
そういえば私は帰国した3月から夏まで、毎日がゴールデンだったのだ。

ああ、今年の分のゴールデンウィーク、
私は先取りしてしまっていたのか。

というわけでもう一か月先延ばし。
すいません。
2013.04.27 Sat l 帰国後(つぶやき) l top
今日は3月23日。
ついに帰国して2年目に突入しました。
3年前の今日、ザンビアに向けて旅立ち、
1年前の昨日、日本に帰ってきたのでした。

満開の桜の季節に帰ってきて、
夏が来て、秋が来て、冬が来て、
あっという間にまた春が巡ってきました。

ザンビアでの2年間に比べて、
この1年間のなんと早かったこと。
一日一日の大切さを見失いそうになる毎日でした。

今まで有期契約の仕事をしてきて、
区切りよく4月から本格的に再就職します。

新たな出発の春。
この時期、ザンビアだと雨季の終わりだけど、
日本は新しいことを始めるのにとてもいい季節。

気持ち新たに頑張ります。

ブログの更新はもうしばらくダラダラさせてください…
2013.03.23 Sat l 帰国後(つぶやき) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。