上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日は一日所外活動だったので、今日は金曜日だけど4日目。

chrysanthemum 菊
secular 非宗教的であること、宗教に対して中立的な立場であること

今日のリスニング&ディスカッションのテーマ。

1. If a person knowingly exposes another person to the virus that causes AIDS, he or she should be punished by law.

「HIVに感染している人が故意に他人にウィルスを移す行為をしたら、罰するべきである。」

2. Insurance companies should be required to sell insurance to all clients at the same cost, regardless of whether they have AIDS or the virus that causes the disease.

「保険会社はエイズにかかっていてもいなくても同額の保険を売るべきである。」

3. Discrimination against AIDS victims is as serious as discrimination against people of different races.

「エイズに対する差別は、人種差別と同じくらい深刻なものである。」

repugnant とても不快な
GP general practitioner(専門医に対して)一般医

リスニングの内容は、HIVに感染している医師が事実を公表すべきか悩むストーリーでした。
その医師に対してどういうアドバイスをすべきか?と問われました。
公表すべきだ、公表しても問題ないサポート体制のある社会を作るべきだ、
ではなぜ現状そうなっていないのか?というような話になりました。

衝撃的だったのは、ストーリーの中に出てきたKimberly Bergalisという人の話です。
歯医者で治療を受けた際にHIVに感染したとされ、これが発端となり、
全米でhealth care workerに対するHIVテスト義務付け論争が巻き起こったそうです。
1991年頃の話です。
感染元が本当にその歯科医だったかどうかは、
ウィキペディアを読む限り決着がついていないようですが、
そんな話自体まったく知りませんでした。

私の配属先はエイズ支援NGOなので、
これからPLWHA(people living with HIV/AIDS)と呼ばれる人々と
日々を過ごすことになります。

このディスカッションを通して、
いかにこのエイズの問題が自分にとって遠い話であったか、
よくわかりました。

午後はテクニカルプロジェクト。
折り紙第2回目も無事終了。

hydrangea あじさい

菊といいあじさいといい、花の名前って難しい。
(ちなみにどちらもたまたま出てきただけ。)
スポンサーサイト
2010.01.29 Fri l 派遣前訓練(語学) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。