上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ザンビアに来る前に、友人から聞いた話。
アフリカでは、外に洗濯物を干すと、そこにハエが卵を産みつけて、
それが皮膚に入ってえらいことになる。
だから、洗濯物はすべてにアイロンをかけなきゃいけない。

そう聞いていたもんだから、ザンビアに着いてすぐ、
先輩隊員に、ほんとにそうなんですかと聞きました。
すると、先輩隊員いわく、みんな外に干してるけど、かかった人は見たことがないと。

さて、実際に2年住んでみて、たしかに、みんな普通に外に干してるけど、
かかったという話は聞いたことがありません。

そういえば、ザンビア人がするように、
木の幹なんかに干すとまずいとか、聞いたことがあったな。

私はほとんどすべて部屋干ししていますが(ザンビアでは部屋干しくささゼロ!)、
天気のいい日など外に干しておけば数時間で乾いてしまうので、
外に干している人もたくさんいます。

このハエは、プチプライと言うとどこかで聞きましたが、
調べてみたら、ウィキペディアでそれらしい英語のページを発見。

日本語では、この病気のことを、
蠅蛆病(ようそびょう)、蠅蛆症、ハエウジ症、ハエ症などと呼ぶようです。
スポンサーサイト
2012.03.14 Wed l 保健・衛生 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。