上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2009年6月26日、一次選考合否発表の日。
応募書類を送ると、「受け付けました」という通知とともに受験番号が送られてきます。
合格者の受験番号が、6月26日に協力隊HPにて発表されました。
夜遅くに発表を見ると、なんと自分の番号が。
正直、それまでは「まあダメだろう」と思っていたので、信じられない気持ちでした。
それとともに、
もし受かったらいつ行くんだろう、どうなるんだろう(まったく調べてなかった)と、
協力隊に行くことが一気に現実味を帯びてきました。

翌日、速達にて送られてきた郵便にはやはり「合格」の文字。
職種ごとに行われる二次選考の実施日は7月9日とのこと。
また、併せて健康診断の再検査をしてくださいという通知も来ました。
費用はJICA負担だそうで。
のちにわかりましたが、これ以降に発生する費用は基本的にJICAが負担してくれます。
豪勢ですねぇ。

再検査は二次選考の日までに受診して当日結果を持参せよと。
二週間しかないじゃん、というタイトスケジュール。
まあしょうがない。

ちなみに二次選考は、調べたところ、
英語試験、面接、健康診断のほか、いくつかの書類提出やブレザーの採寸などをこなし、
すべてがたとえ午前中に終わっても解散の17:30まで拘束されるとのこと。
どういう選考だと思いましたが、まあ行ってみることに(もちろん)。

と、その前に再検査です。
スポンサーサイト
2009.06.26 Fri l 応募から合格まで l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。