上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
土曜日、最後の旅行を終えてルサカに戻ってきました。
北部州の州都カサマから、郵便物と一緒に人を運ぶポストバスに乗ること11時間半。
無事にルサカに到着しました。

・・・そう、ザンビア隊員のみなさん!
11時間半でポストバスがルサカに着いちゃったよ!
びっくり。

時間に正確なマジャンドゥ(長距離バス)の出発が1時間以上遅れたり、
TAZARA(タンザン鉄道)の発車が3時間半遅れたり、
遅ればかりの旅でしたが、貴重な経験をたくさんしてきました。

で、旅は楽しかったんですが、1週間の旅行に行ってきたら、
ザンビア滞在日数が残り1週間と数日になっていました。

なんだか、突然時間がなくなりました。
タイムスリップでもした気分。

いや、わかってはいたはずなんだけど。。。

かっこ悪いですが、いろいろスパッと諦めようと思います。
体調を最優先します。

ニャンジャ語の資料、たぶん終わりません。
ザンビアへの置きみやげにするつもりだったのだけど。
日本で完成させてお送りします。
ああ、かっこ悪い。

ブログの更新、あとどれくらいできるかわかりません。
やれるだけはやります。
全然できなかったらごめんなさい。
これもまだまだ書き足りないので、日本で引き続き更新します。
ああ、かっこ悪い。

ああ、こんなはずじゃなかった。。。

とりあえず荷造りをしないといけません。
私たち、行きは預け荷物の制限が40kgでした。
私、はりきってスーツケース2つに40kgぎりぎり詰めて持ってきました。

そしたら、なんと、帰りは20kg!
(航空券を手配した会社によります。30kgの場合もあります。)
持ってきたスーツケースを空の状態で測ってみたんです。
そしたらね、空のスーツケース2つだけで15kg。
持って帰れる荷物、正味5kg(+機内持ち込み8kg)。
機内持ち込みのほうがたくさん持てるって!どういうこと!!

というわけで、私の方針は・・・
①基本的にすべて捨てる(持ち帰るものはPC、カメラ、スーツくらい)
②おみやげ、本、DVD、捨てられない服はすべて送る

送る荷物をまとめた結果、
チテンゲ11袋(各2kg)、書籍2箱&2袋、おみやげ3箱、服1箱となりました。

s-DSC09059.jpg
笑えるぜ、この量。

明日郵便局に行ってきます。
予算、600ドル以内。
いや、予算というか、希望的観測。

母さん、これだけの荷物が実家に届きます。
もし私より先に届いたら、どうかよろしくお願いします。

残り1週間となると、あれも最後、これも最後と、何もかもが名残惜しくなりますね。
さすがに2年間住んだ地には、いろいろな思い出が詰まっているものです。

今の気持ちは、とにかく実感がわかない。現実味がない。
あと1か月!くらいの頃が、一番わくわくしていました。
今やもう、わけがわからない。

一度日本に帰ってしまうと、2年のブランクが嘘だったかのように、
すぐに今までどおりの生活に慣れてしまって、
隊員生活は遠い昔の夢のことのように思えるといいます。

日本のトイレきれい!!!なんて感激してるのは最初の数日だけで、
すぐに、駅のトイレって汚いな~という感覚に戻ってしまうとか。

最後の一瞬、一瞬を、全部心に留めておかなきゃ。
そんな日々です。
とりあえず、できるだけシマを食べよう。

ザンビアに来るまで勤めていた会社の先輩から頂いたメールに、
思わずほろっと来てしまいました。

「今年の日本はとても寒いので
桜の開花も3月末~4月になりそうらしいです。
ちょうど、りっちゃんの帰国を待っていたかのようだね。」

先輩、ありがとうございます。
2年ぶりの桜を見るのが心から楽しみです。
2週間後には桜が見られるなんて、信じられない。

これから、怒涛の最後の日々の始まりです。
日本に帰るまであと10日!
スポンサーサイト
2012.03.12 Mon l 帰国 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。