上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ルサカからGreat North Roadを北上すると、●Milesという地名が始まります。
最初は6 Miles, 次がどうやら9 Miles, そして10 Miles。
どの地も、ほんのわずか民家があったり、それすら見えなかったり、
基本的には何もないところ。
さらに12 Miles, 13 Milesと来て、15 Milesに着くと、小さな商店が何軒かあります。

その15 Milesを右に折れ、舗装されていない悪路をひたすら行くと、
森のようになっている広場があります。
そこには家が何軒か立ち並び、子どもたちのための遊具もあります。
このあたり一帯の地域のことをKatuba(カトゥバ)と呼びます。

このカトゥバに、かつて3人の隊員が住んでいました。

そのうちのひとりが、17年度3次隊だった大多和瞳さん。
「家政」という職種の方でした。

大多和さんは、任期残り半年となった2007年10月、26歳のとき、
突然の病に倒れ、亡くなられました。

私は、ご縁があって、今から2年半ほど前にザンビア派遣が決まったときに、
この大多和さんを偲んで作成されたスライドショーをいただきました。

私の「ザンビア」に対する初めての印象は、すべてこのスライドショーによるものでした。

ゴミを燃やす火の上で料理をしたり、鶏を自分の手で絞めてさばいたりと、
水道も電気も通っていない村での生活を楽しむ大多和さん。
家じゅうを飛び回る大量の羽アリ。
信じられないくらいでべその赤ちゃん。

へぇ、これが隊員の生活かぁ。私もこんな生活になるのかな?!
と、まだ見ぬ遠きザンビアに思いを馳せたものです。

あれから2年半。

大多和さんの赴任していた時期から5年ほどが経っていること、
そしてルサカという首都に住んでいることから、
私の生活環境は大多和さんのそれとは大きく違うものとなりました。

それでも、同じザンビアの地で、同じ協力隊員として活動して、
ようやく任期終了間際まで来ました。

まだ「無事に終えることができた」と言うには早すぎるし、
まだ何があるかわかりませんが、
ひとまずここまで来られたことを、昨日、大多和さんにご報告しに行ってきました。

幸い、かつて大多和さんが出張授業をしていたカトゥバ近くの学校に、
現在、理数科教師隊員が入っているので、彼に案内役をお願いしました。
(その学校と学校の敷地内の彼の住居は12 Milesです。)

ルサカからタクシーで行くと、1時間もかからないほどすぐそこ。
でもそこは、現在ザンビアにいるどの隊員が住んでいるところよりも、奥深い「村」。
幹線道路に出るだけでも、車がなければ非常に大変で、
大多和さんやほかの2名の隊員は、そのため、バイクを貸与されていたそうです。

私は、赴任してすぐの2010年5月22日に、
JICA事務所が毎年行っている物故者の墓参に参加し、
そこで初めてカトゥバを訪れました。

s-RIMG2084.jpg   s-RIMG2075.jpg

スライドショーで見ていた景色が目の前に広がっていることに、
胸がいっぱいになりました。

s-RIMG2077.jpg

なんと、おそらく大多和さんが日本から持ってきていたのであろう、
「おしゃれ工房」の破れたページも広場の隅に落ちていました。

s-RIMG2069.jpg

大多和さんのメインの活動であった裁縫教室に残されたお金で作られた、
広場の遊具では、子どもたちが元気に遊んでいました。

大多和さんと他の2名の隊員の配属先であった団体は、その地から撤退してしまっており、
大多和さん方が住んでいた家には、地元のザンビア人が暮らしている様子でした。

それから約1年10か月ぶりの再訪。
カトゥバは、以前来たときのままでした。

s-DSC08832.jpg

広場では地元の人々がくつろぎ、
大多和さんが住んでいた家には、盛大に洗濯物が干してありました。

s-DSC08830.jpg

この記念碑には玉石が敷き詰められていたそうなのですが、
きれいな石を物珍しがって、おそらく子どもたちが持って行ってしまったのでしょう。
到着してから、碑をきれいにできる掃除用具を持ってくればよかったと後悔しました。
当初バスで行く予定だったので、そこまで思い至りませんでした。
きれいに磨きたかった。ごめんなさい。
小枝などを手でよけることしかできませんでした。

スライドショーに出てきたそのままの「雨季カトゥバ」の風景、
近くにある唯一のお店、そして碑を前にして、また胸がいっぱいになりました。

大多和さん、今もあの広場は地元の人たちの憩いの場となっています。
遊具で子どもたちが元気に遊んでいます。
それから、Moomba Basic Schoolには理科実験室が建てられ、
現在、隊員がそこで授業を行っています。

s-RIMG5139.jpg   s-RIMG5142 - コピー

壁には、大多和さんの写真が飾られています。

スライドショーを通して、私も素敵な思い出を分けてもらった一人です。
ありがとうございました。
ゆりこさんの言うとおり、大多和さんがカトゥバに咲かせた花は、
私たちが、いつまでも大事に育てていきますからね。
スポンサーサイト
2012.03.05 Mon l つぶやき l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。