上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近、ブログを更新しすぎなのはわかっています。
ただ、帰る前にザンビアのことをできる限り伝えたいと思うと、
今までにもまして次から次へとネタが浮かんできて。

既にネタのストックは書き切れないほどあったのですが、
もう、ハイパーストック状態。

そして、まじめなこと、ザンビアの教育事情とかHIV/AIDS事情とか、
そういうことをこそ書かなきゃ、伝えなきゃと思うのに、
どうも趣味とか日常の些細なできごととか、
バカバカしいことばかり書いてしまうんですよね。。

と言いつつ、もうひとつだけ今日のできごとを書かせてください。

当然のことながら、雨季には、雨が降ります。
毎日しとしと継続的に雨が降る日本の梅雨とは違って、
日に何度か、ザーッとどしゃ降りが来るのがこっちの雨季。

こっちは空が広いので、そして非常に局地的に降るので、
空を見れば「あ、あっちで雨が降ってる。もうすぐこっちに来るな。」とわかるし、
降る前には必ず冷たい風がピューっと吹いてきます。

今日、カフェにいて、
ふと気づいたらまさにその冷たい風がピューっと吹き抜けました。

まずい!
この風が吹いたら、もう雨はすぐそこ。
今すぐ帰るか、止むまで待つかと3秒間考えたのち、帰ることを決断。

カフェのあるWoodlandsから家までは、自転車を飛ばせば10分。
慌てて外に出たときには、既に、ぽつっ、ぽつっと来てました。

あくまで安全運転を守りながら、急ぐこと10分。
途中、左ブレーキが取れるという、わりと深刻なトラブルに見舞われましたが、
セーフ!
本格的に降ってくる前に自宅に帰り着きました。

すると、うちの(というか大家さんの)庭師が、外でバケツにお湯をためていました。
彼曰く、「寒くて気分が悪いからお湯をためてるんだ。」とのこと。
私には「寒くて気分が悪いこと」と「お湯をためること」の相関性がわかりませんでしたが、
そこは適当に返事。
すると、彼はさらに続けて、"I'm feeling malaria malaria."

こっちの人は体調が悪いとすぐに「マラリアだ」と言います。
日本人が「風邪だ」と言うのと同じ感覚です。

ちなみにザンビア人のmalariaの発音は、標準英語の発音に近い、「マレーリア」。
availableは「アヴァイラボ」って言うのに、malariaはmaのaに引きずられないんですね。
まぁ、「アヴァイラボ」って言うのも、みんなじゃないけど。

家の中に入って3分後に見事にどしゃ降りとなりました。
自分、やるじゃん。

私、こうやってわりと家に着いた直後に雨が降り始めるパターンが多いです。
びしょびしょに濡れたのは、今シーズンまだ1度だけ。

こんなわけで、雨季でも傘なしで乗り切ることは可能です。
(私は自転車に乗るのもあって、折り畳み傘を常時携帯していますが。)
雨が降りそうだったら、一雨来て通り過ぎるまで、どこか屋根のあるところで待てばいい。

雨とマラリアのお話でした。
スポンサーサイト
2012.02.28 Tue l 地理・気候 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。