上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今さらながら、ザンビアから国外へ物を送るときの郵便料金を、
はじめてちゃんと確認してきました。

今まで、手紙やキーホルダー等の小物を日本宛てに送ったことは
ちょこちょこあったんですが、その都度結構値段が違っていて、
なんでだろう?!と思っていました。
やっとちゃんとしくみを理解しました。

まずは、エアログラムとポストカードは全世界共通の料金(単位はクワチャ)。
aerogramme 2,700
post cards 2,475

それ以外は、送り先の地域によって4つのゾーンに分かれています。

Zone A: SADC Countries
Zone B: The rest of Africa apart from SADC
Zone C: Europe, Middle East & India
Zone D: America, West Indies and oceanic Australia & East Asia

ゾーンAのSADCとは、Southern African Development Communityの略で、
南部アフリカ諸国のこと。「南部アフリカ開発共同体」というらしい。
外務省のサイトに概要ページがありました。

郵便料金は内容物によって変わります。
①letter、②small packets、③printed matter、④parcelの4種類。

以下、①~③のゾーンDへの料金(単位はクワチャ)。

①letters
up to 20g 4,950
over 20g-100g 11,250
over 100g-250g 22,500
over 250g-500g 42,750
over 500g-1000g 76,500
over 1000g-2000g 97,200

②small packets
up to 20g 14,000
over 20g-100g 27,750
over 100g-250g 45,450
over 250g-500g 93,000
over 500g-1000g 129,750
over 1000g-2000g 186,000

③printed matter
up to 20g 3,375
over 20g-100g 6,975
over 100g-250g 10,350
over 250g-500g 17,550
over 500g-1000g 29,700
over 1000g-2000g 40,050
over 2000g-3000g 59,825
over 3000g-4000g 80,550

④はPost Netで見てきた表には載っておらず、人から聞いたことなので、
全世界共通なのか、ゾーンで料金が変わるのかわかりません。

④parcel
K78,500/kg x weight(kg) + K60,300(基本手数料)

1kg K138,800
2kg K217,300
3kg K295,800
5kg K452,800
10kg K845,300

推測ですが、おそらく②と④の違いは、段ボールなどの箱かどうかということかと。

日本へ大きな荷物を送るときは、たいてい箱(parcel)になると思いますが、
チテンゲなどは壊れるわけではないので、small packetsが使えます。
同じ2kgの荷物でも、parcelはK217,300(約43ドル)、
small packetsはK186,000(約37ドル)。
たくさん送るとなると結構違ってきます。

さて、これからおみやげのチテンゲをがしがし送らないと。
日本へは3週間~1か月程度で届くはずだそう。
手紙はたいてい2週間くらいで届きますね。
私の今までの経験だと。

リビングストンのチテンゲ狂べじーたさんによると、
所定の紙に記入してそれが切手代わりになったということですが、
小額切手を何十枚とひたすら荷物に貼ったという話も聞いたことがあります。
私も、ちょっと前にちょっとしたサイズの荷物を送ろうとしたら、
②small packetsの100~250gのK45,450となって、10枚も切手を貼りました。

s-RIMG7094.jpg

ザンビアの切手の額面は、この写真にある4,950、3,500、2,500のほか、
あといくつかあるのですが、
これを組み合わせて目標の金額に近づけるのは、至難の業。

私が上の荷物を送ったときも、全然計算できていなくて、
ものすごーく時間がかかっていたので、
「何やってるの?額面は何があるの?どれどれ、貸して。」
と強引に私が計算して、
K45,600というかなり近い数字の組み合わせを作ることができましたが、
ザンビア人に任せていたらいったいどういう結果になっただろう。

それと、プリンテッドマターも、聞いた話によると、
角を切って見えるようにしたりしなくても、問題なく受け付けられたとか。

行く郵便局によって結構対応が違いそうです。
荷物の郵送、一気に済ませてしまいたいけど、いったいどこの郵便局に行こうかなぁ。
スポンサーサイト
2012.02.23 Thu l 情報・通信 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。