上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
突然こんなこと言うのもナンですが、
日々生活していて、ザンビア人に対してムカつくことは山ほどあります。

ザンビアには、カウンターの奥にすべての商品が置いてあって、
「あれください」と言って取ってもらって買う形のお店がよくあります。
あとはたとえば、ファーストフード店など、
注文を先にしてからお金を払いますね。

そんなとき、私はちゃんとお札を手に準備して順番を待ちます。
混んでいても並ぶなんて概念はほとんどないので、
適当に待ったらぐいぐい前に行ったりします。

で!

自分の番になったと思ったら、お店の人、たいてい、
私がまだ何も言う前から、
私が手に握っているお札をまず取り上げようとするんです!

これが、まームカつくこと!
まだ何も言ってないでしょ!!!

ほんっっっと腹立つ。
今日もやられました。

文化の違い、価値観の違い、なのか。
私は決して慣れない。慣れたくもない。
郷に入っても断固として郷には従えないこともあります。

それからもうひとつ。

ザンビア隊員なら誰でも「チョッチョリ」(アジア人に対する蔑称)攻撃を
受けた経験はありますが。

今日、南ア系の大型スーパーの中で、
あからさまに悪意のこもった「チョッチョリー!」を、
真後ろにいたザンビア人(男・推定30代)から浴びせられました。

さすがに、カーッ!と来た。

普段なら軽やかにシカトしますが、こいつは睨みつけてやった。

しかし、我ながら怖いなと思ったのは、そのあと。
「うっせーニグロ!」と言い返すのが一番いいに違いない、
という思いが頭をよぎりました。
「目には目を、歯には歯を」ってやつでしょうか。

負の連鎖とはこうやって起きるのですね。

悲しいかな、差別を受けてとっさにわき上がる感情は、
「悲しみ」ではなく「怒り」「憎しみ」です。

差別って受けてみなければその気持ちは決してわからない。

嫌なことがあってもさらっと忘れられる人間になりたいものです。
スポンサーサイト
2012.02.22 Wed l 人々 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。