上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
遅ればせながら、「インセプション」を見ました。DVDで。

以下、ストーリーを知りたくない人は読まないでください。
それと、この記事に貼っているリンクはすべてIMDb(Internet Movie Database)です。
映画のことを調べるならまずこのサイトを参照せよ!というサイト。

「インセプション」は、私がザンビアに来てから公開された映画。
監督がクリストファー・ノーランということと、
話題の映画らしい、大ヒットらしいということだけおぼろげに知っていました。

ストーリーは公開当時に簡単にチェックしたんだろうけど、
なんにも覚えてなくて、何も見ずに(DVDの説明書きすら見ずに)見始めました。

そしたらいきなり舞台は日本、そして渡辺謙!びっくり!!!
しかも日本のシーンが結構続くし、
渡辺謙は主要人物のひとりで最初から最後まで出ずっぱりだし。
いやあ、世界のスターの仲間入りですね!
すごいなぁ。

「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続き、長く、重く、疲れる映画でした。
最初は、「ん、マトリックス?!」って思った。笑
途中、ケニアのモンバサのシーンが出てくるんですが、
(実際の撮影地はモロッコ、行ったことないけどこれ絶対ケニアじゃないだろって思った)
そこで満員のカフェだかバーみたいなとこに飛び込んだディカプリオが、
店主から「ムズング!」って言われます。
(ニャンジャ語でもスワヒリ語でも「ムズング」は「白人、外国人」の意味。)
つい、お!とか思ってしまう。
あと、「RENT」で最近覚えた"leap of faith"というフレーズが、
この映画でも何度か出てきてうれしかった。

見終わってからIMDbチェックして、いろんなことを知ってまたびっくり。
とりあえず渡辺謙、そういえば「バットマン ビギンズ」に出てたわ!
しかし今回は圧倒的に出番も多いし、セリフも多いし、
監督は渡辺謙を念頭に置いてこのサイトー役を書いたらしい。
ほんとすごいなぁ。

ディカプリオ(と渡辺謙)以外、全然知らない役者ばかりだなぁ~、
もうわかんないなぁ~と思っていたけど、
あとから調べたら知っている人ばかりでした。

まずはフィッシャー役の人、どっかで見たことあると思ったけど、
やっぱりバットマンシリーズ!
思い出せなかった自分が悔しい。
「ロバート・フィッシャー」っていう役柄で、
ボビー・フィッシャーじゃん!って思ったら、
まさに彼にちなんで名付けたってあったけど、なぜ??

そしてアリアドネ。ジュノじゃん!!!
懐かしい。あんなかわいい女の子がまあ大きくなって。。。

そしてそして、アーサー
IMDbの写真を見て、どことなくヒース・レジャーに似ているなって思った。
もっとマッチョにさせたら結構イケるんじゃないか。
今人気らしいですね(最近のSCREEN(雑誌)を入手して読んだ)。
SCREEN読んだとき、誰コレ~!って思ってたけど、
IMDbで出演作チェックしてたら・・・
なんとなんと「10 Things I Hate About You」に出てた男の子!!!
え~!まじで~!!!

「10 Things I Hate About You」ってたぶん日本未公開ですが、
私がアメリカで高校生やってた頃に流行ってて、
私、10回くらい見たんです。たぶんビデオ(DVDではなく)を持っていると思う。

シェイクスピアの「じゃじゃ馬ならし」を現代のアメリカの高校生に置き換えたお話。

日本未公開にしては日本でも知られた人たちがキャストされていて、
主役はなんといってもヒース・レジャー、そしてジュリア・スタイルズ、
さらに妹役には、かつてNHK教育18時過ぎのドラマ枠の月曜モノ、
「おまかせアレックス」で主役アレックスを演じていた女の子。
さらなるメインキャストのひとりが、このインセプションのアーサー役の彼でした!
いや~懐かしすぎる!!!
こんなとこで再会できてうれしいよ、ジョゼフくん(という名前らしい)。

調べてみたら、日本では劇場未公開だけど、
「ヒース・レジャーの恋のからさわぎ」としてDVDが出たらしい。
こんなタイトル、Much Ado about Nothingと混同しそうでよろしくないなぁ。
こっちもケネス・ブラナーによって映画化されていて、こっちの邦題は「から騒ぎ」。
わかりにくい。
ちなみに「じゃじゃ馬ならし」の原題はThe Taming of the Shrew。

この映画(10 Things~)、何がイイって、ヒース・レジャーが、
「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」を熱唱するんです!
お世辞にも高校生には見えなくて(実際には当時20歳)、
なんだか見てるこっちが恥ずかしくなってしまう名シーン!

というわけで、話がだいぶそれましたが、おもしろかったです。「インセプション」。
「インセプション」の話をするつもりが、ヒース・レジャーの話になってしまった。
まあ、私の大好きな役者のひとりなのでしょうがない。

これでよけいに私は、
クリストファー・ノーランは重くて疲れるっていうイメージがついてしまった。
「ダークナイト」見たいなぁってここ1年くらい思ってて、持ってもいるんだけど、
見るのになかなか気力がいる・・・。
スポンサーサイト
2012.02.04 Sat l 映画とか音楽とか l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。