上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ミュージカル「RENT」の物語は、クリスマス・イブに始まります。

家賃が払えず、真冬のニューヨークで十分な暖を取ることもできない主人公たち。
女の子が歌う歌の中に、
日本語字幕で「クリスマスなんて」「くだらない」と出てくる部分があります。
が、歌っているのを聴くと、
何をどう聴いても、「バーハンバーッ」「バーハンバーッ」としか言っていない。

これの何がどうやって「クリスマスなんてくだらない」になるのだ?!

と、思っていました。
英語字幕で見てみて、スペルが判明。

Bah humbug!

何かといえば、ディケンズの「クリスマス・キャロル」の中で、
スクルージおじさんが「けっ、クリスマスなんて!」という意味でこう言って、
それ以来その意味が定着したとのこと。

手元の辞書(ジーニアス英和大=ジ、リーダーズ=リ)で調べてみると・・・

bah
(ジ)[しばしば Bah! Humbag!] ふん!、ばかな!(軽蔑・嫌悪の発声)
(リ)フフン、チョッ、ベーだ、ヘン、ばっかばかしい!(軽蔑・嫌悪・愛想づかしなどを表す)

humbug
(ジ)[H~!] ばかな!
(リ)ばかな、くだらない!

なるほど。
いつかBah Humbug!と吐き捨ててみたいもんだ。

それにしても、リーダーズのbahの項、「チョッ」「ベーだ」って・・・。
そしてジーニアスのほうは、せっかく使い方を載せてるものの、
「Humbag」とスペルが間違っている・・・。
辞書にも誤植ってあるんだなぁ(あってはいけない気がする)。
スポンサーサイト
2012.01.31 Tue l ザンビアじゃない話 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。