上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
※この記事を読む前に、ぜひ○×クイズを先にお試しください。

「RENT」は、失業、ドラッグ、エイズなどの問題を抱えながら、
ボヘミアンな生活を送るNYの若者たちのお話。
ときは80年代終わり~90年代初め。
HIV感染の拡大が大問題になり始めていた頃のお話。

この「RENT」に出てくる抗HIV薬の名前は「AZT」。
耳慣れないこの「AZT」とは何だろうと気になりました。

というのも、ここザンビアで抗HIV薬といったら「ARV」。

というわけで調べてみたところ・・・

ARVとは、antiretroviral drugsの略で、すなわち、「抗レトロウィルス薬」。
レトロウィルスとは、「逆転写酵素を持つRNAウィルス」だそうで、HIVはその一種。

AZTとは、アジドチミジン(azidothymidine)の略で、
「核酸系逆転写酵素阻害薬」という何やら難しい名前の薬の一種だそう。
ジドブジン (zidovudine, ZDV)の別名らしい。

つまり、ARVのうちのひとつがAZTってことか。

ザンビアでは、「ARV」のほか、「ART」とも言います。
「ART」はantiretroviral treatmentの略。
"She's on ART."「彼女は抗HIV治療を受けている」というように使います。

現在のところ、エイズを治す薬はありません。
エイズの発症を抑える薬がARV。
(HIVとはエイズを引き起こすウィルスの名前、エイズは免疫不全を発症した状態のこと。)

ARTは、複数の薬を組み合わせて飲むカクテル療法という治療法で、
決められた時間に毎日必ずきちんと薬を服用しないと効果が出ません。

よく「HIV感染率」とか「ARTを受けている人の数」といったデータがあるけど、
現場でボランティアをしている実感として、
こういったデータに信ぴょう性はほとんど感じられない。
うちの配属先だって、ドナーに出してるデータは(残念ながら)でたらめだし、
検査をしたことないけど陽性、という人が圧倒的だと思う。

そして時間に対する感覚が極めてルーズな国で、
毎日きちんと決められた時間に薬を飲むということが、
果たしてどれだけちゃんと実行されているのか、
残念ながら私にも本当のところはわかりません。

「エイズの時代は終わった。これからは生活習慣病だ。」
(=「ARTが普及しているしHIV感染拡大は収まっている」)
という言葉を聞いたことがあるけれど、とてもそんな気はしない。

ちなみに「ARV」はザンビアン発音だと、「エー・アラ・ヴィー」。
「ART」は「エー・アラ・ティー」。
「R」を「アラ」と読むのがかわいい。
スポンサーサイト
2012.01.27 Fri l HIV/エイズ l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。