上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
友人が送ってくれた誕生日プレゼントの中に入っていた、
ブロードウェイミュージカル「RENT」の「ライブ・オン・ブロードウェイ」DVD。

いやぁ、こんなかっこいいミュージカルだったのか・・・

もうのっけからめちゃくちゃかっこいい。
最初から最後までかっこいい。

大ヒットしたミュージカルだったのは知っていて、
見たいなぁと思っていたらいい具合に映画化されて、
それがDVDになるのを楽しみにしてて、
どれどれと見てみたことはあるのです。
私、ミュージカルっていうのが結構好きで。

でも、そのときは、ピンと来なかった。
「ふーん、こんなミュージカルだったのかぁ」くらいの感想しかなかった。
"Seasons of Love"はいい曲だなぁと思ったけれど、
逆にいえば、それくらいの印象しかなかった。

それがそれが。
映画と舞台とでは大違いだった。私の場合は。
それに見るタイミングやなんかもあるのだろうけど。

何も知らずにDVDを見始めたら、
それが12年間というロングランの最終公演を録画したもので、
カーテンコールでオリジナルキャストとか出てきて、
それをちゃんと知ってから見直したら、余計に感動。

ブロードウェイの公演は2008年に終わってしまったんですが、
私、上演中にブロードウェイを訪れていました。
ああ、見ておけばよかった・・・。
上演中にあの場にいて、見なかったなんて、悔しすぎる。
タイムマシーンがほしい。

このミュージカルを書き上げたジョナサン・ラーソンという人、
なんと、1996年の初演前のプレビュー公演前夜に急逝してしまったそう。
そんななんやかやも、今回調べて初めて知りました。

ああ、タイムマシーンがほしい!!!

というわけで、今、私「RENT」にものすごくハマっています。
毎晩見てます。
終わったらまたすぐに最初から再生して見てます。

初演時のオリジナルキャストやほかのキャストでの舞台も見たかった・・・。
(映画版にはオリジナルキャストが出演しているので、映画でなら見られます。)

何回見ても、というか見れば見るほど、よい。

あー、知るのが遅かった。
もう舞台では見られないのかと思うと本当に悔しい。
けれど、それでも、このミュージカルに出会えたことに感謝。
友人よ、ありがとう。

いつか、ツアー公演とか見られるかな。

「これを知っているのと知らないのとでは人生が違う。」
そう思えるような本や映画や音楽ってあるけれど、
私にとって、「RENT」は間違いなくそのひとつ。

今までどおりの普段の生活を送っていても、
何かが違う、そんな気がする。

「RENT」は、プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」
(がどんなものかまったく知らないけど)をベースにしていて、
現代のニューヨークに舞台を移して、
ボヘミアンな若者たちの生き方を描いた作品。

ストレートなメッセージがびしんと伝わってきます。
そう、NO DAY BUT TODAY!


【追記】
調べてみたら、2011年からオフブロードウェイで
メンバーを一新して上演中らしい。
いつか見に行こう。
でもやっぱり、オリジナルの「RENT」見てみたかったなぁ。
スポンサーサイト
2012.01.18 Wed l 映画とか音楽とか l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。