上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
s-DSC08345.jpg

新年あけましておめでとうございます。
2012年がついにやってきました。

スカイツリーが開業する年。
副都心線と東横線が直通する年。

・・・ではなく(いや、ではあるんですが)、

そう、帰国の年です!
残り2か月半となりました。
今日でぴったり残り10%!
全730日のうち、残り73日!
もう90%に達したなんて!
ひょえ~!

1月3日に21-3次隊が帰国して、
遂に最古参の現役隊次の隊員となりました。
こんな日が本当に来てしまったなんて、なんとも信じがたい。

さて、私はと言えば、年明け早々、
タンザニアで本場のサファリを味わい尽くしてきました。
(冒頭の写真が、そのときの一枚。)
サファリの話はまたいずれするとして、
とりあえず愚痴りたい昨日のできごと。

まず、サファリの拠点、アルーシャという町から、キリマンジャロ空港へ。
そこからナイロビのジョモ・ケニャッタ空港へ。
乗り継ぎ時間5時間を経て、ルサカのケネス・カウンダ空港へ。
という、丸一日移動の日だったのです。

その①
キリマンジャロ→ナイロビの機内で隣に座った男が、
1時間のフライト中にビールを5缶飲んだ。
周囲の人とスワヒリ語で会話していたその男、おそらくタンザニア人かケニア人。
とにかく次から次へとビールを頼むこと頼むこと。
着陸体勢になってテーブルをしまいなさいというアナウンスが入っても、
両手にコップと缶とを持って飲み続け、
しまいには飛行機を降りる寸前にもフライトアテンダント(男)に頼んで、
もう1缶くすねる始末。
アル中ですか?
タダで飲めるのがよっぽどうれしかったのか。
フライトアテンダントの人、そんなにビールを渡すのやめてくれませんか。
ありえん。無性に腹が立った。

その②
私が使っているケータイのSIMカードはインドのairtel社のもの。
Airtelはアフリカで15カ国くらいに展開していて、
ワン・ネットワークというサービスを提供している。
つまり、ザンビアのSIMがそのままタンザニアやケニアで使える!
というわけで、チャージしていたお金を使いきってしまったので、
タンザニアでトークタイムを買ってチャージしようとするも、なぜかできない。
諦めていたが、ナイロビの空港にairtelのカウンターがあったため、聞いてみる。
しかし聞けども聞けどもお姉ちゃんは要領を得ない答えを繰り返すばかり。
正しい番号を何度入力しても、
"invalid card number(無効な番号)"という表示が出るのに対して、
ネットワークの問題だから待っていれば直る、と言うばかり。
アル中のクソおやじに続き、ついてない。
食い下がってもどうにもならず。
無駄にエネルギー使った。

その③
ナイロビでのトランジットは5時間。
なぜかキリマンジャロ空港でルサカ行きのチケットを発券してもらえなかったため、
ナイロビに着いたらすぐに乗り継ぎカウンターへ。
と、そこで言われたことには・・・
「この便はもう満席ですので、キャンセル待ちに入れときます。」
「は?予約してますけど・・・???」
なんでもダブルブッキングだか前のキャンセル便の乗客が増えただかで、
とにかく私の席は確保できず。
その時点でビジネスクラスに7席の空きがあり、
エコノミー席の乗客の中になんかのメンバーシップのゴールド会員がいれば、
その人たちは自動的にビジネス席に繰り上げられ、
そうすると私の乗る余裕ができると。
で、私はスタンバイの4番目だと。
もし乗れなかったら、今夜はホテルに泊まってもらって、
明日のなるべく早い便を手配するから心配するなと。
それが確定するのは3時間後の20時。だから20時にまた来いと。
いや、心配とかそういう問題じゃなくて。
はぁ、ついてない。

と、さんざんな一日でした。
結局予定通りの便に乗ることができ、きのうのうちに帰ってきました。
もともと待ち時間が長かったこともあり、ぐったり疲れました。

唯一うれしかったのは、ナイロビの空港にケニアのスタバなるカフェがあって、
おいしいフラペチーノ(という商品名ではなかったけど)が飲めたこと。
(6ドルしたけど!!!)

s-DSC08495.jpg

さて、今朝になったら、
ザンビアとジンバブエの国境にあるバンジージャンプのロープが切れたという、
衝撃的なニュースが飛び込んできました。
なんでもロープが切れたのは12月31日。
私、12月27日にまさにこのバンジージャンプをやったんです。

s-DSC07258.jpg

なんとロープの切れる4日前!
おそろしや。
しかし知り合いの中には、当日やったという人も・・・!

いやー、よかった。
無事でよかった。

ロープの切れた女性も足を縛られたまま自力で岸に泳ぎ着いて生還。
ミラクルですね。
この方も無事でほんとよかった。

この事故のあとだったら私、100%やってないですね。
やっといてよかったというか、不思議な心境。。。

自宅を留守にしている間に多くの方からメールをいただきました。
グリーティングカードも2通届いていました。
首を長くして待っていた、母親と友人からの荷物もついに届きました。
ありがとうございます。
とってもうれしいです。

そんなこんなで本ブログ、本日より通常に戻ります。
本年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
2012.01.09 Mon l つぶやき l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。