上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
呆れついでにもう一発。

11月28日付の定期連絡にて、JICA事務所から、
「配属先の住所を提出してください」という連絡が来ました。
様式が添付されていて、それに記入して送るだけ。
何の手間もありません。

私はこういうのは忘れないように極力その場でやるタイプなので、
翌29日の朝に提出。

そしたら昨日、12月12日付の定期連絡に書かれていたことには、
12月9日17時が締切だったにも関わらず、半数近くが未提出だと。

いや、普通に考えて、信じられない。
なんでこんなこともできないのですか、隊員のみなさん。
そんなに難しいことですか。

・ネット通信状況が悪くてつながらない

どんなに考えても思いつく理由はこれくらいですが、
半数近くがそんな状況だとは到底思えない。

出さない理由がわからない。本当にわからない。
忘れていただけ?
出したくない?
あ、そもそも定期連絡を読んでないのか?

みなさーん、我々、日本のみなさんの税金で暮らしてるんですよ!

JICAからの対応も「未提出の方は至急提出してください。」というだけ。
半数近くが未提出のこの状況、普通ですか?
慣れっこですか?
こんなもんですか?

「締切」というものが意味をなさないJICAボランティア業界。
これでよく組織として成り立っているものです。
いや、成り立っていないか。
きっと「組織」ではないのでしょう。
JICAとボランティアとの関係は。

人はなぜ締切を守れないのか。
深く考えてしまう。
スポンサーサイト
2011.12.13 Tue l つぶやき l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。