上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ザンビア隊員は、2年間の任期を終えて帰国する際、
「帰国報告」というものをしなければなりません。
(こういうのがあるかどうかは任国によっていろいろ。)

場所はJICA事務所の大会議室、
発表の持ち時間は1人20分、そのあとに質疑の時間が10分。
たいていみんなパワーポイントで発表。
たまに写真だけとかしゃべりだけという人もいますが。

行われるのは毎回平日の16時頃からで、1日2~3人。
発表者は同じ日の早い時間帯に所長面談があります。

この帰国報告会、毎回お知らせが流れて、隊員は誰でも参加OK。
調整員という隊員のお世話係のJICA職員は基本的に全員来て、
あと、たま~に他のJICA職員も来ます。

私は、
・活動がたいてい16時までに終わる
・JICA事務所が家のすぐ近くかつ配属先からの帰り道
なので、赴任したての20-1次隊の帰国報告会から、
ずっと聞きに行っています。
20-3次隊からは、ほぼ全員聞いています。

が、同期隊員以外で聞きに来る人の、ほんとに少ないこと。
同期隊員以外の隊員は私だけ、なんてことも珍しくありません。

まあ、そもそも来られるのはルサカ隊員だけだし、
ルサカ隊員も、まだ活動しているか、事務所が遠いという人が
ほとんどだというのはわかっているんですが、
それでもたまたまルサカに来ている人とか、
それなりにいつもいるんですけどねー。

発表する帰国隊員も、
「帰国報告会に出たことがない、自分のがはじめて」という人ばかり。

で、先週の金曜から今度の木曜まで、
今まさに21-3次隊の帰国報告会が行われているのですが、
今回は特にほんとに少ない。聴衆が。
同期隊員のみなさんですら、誰も来ていません。

金曜の1人目なんて、開始予定時刻の16:00に会議室にいたのは、
発表者の隊員と、その担当調整員と、私の3人だけ。

みんなあんまり他の隊員の活動には関心ないんですかね?
自分とまったく違う職種の隊員の話って、私にはとってもおもしろいのですが。

聴衆が3人とか4人って、こんなのやる意味あるのか?

今日は調整員ですら3人しかいなかったし、
健康管理員の人も、今までの人は来てたけど、
新しく着任した人は、すぐ横のオフィスにいるのに来ないし、
隊員は例のごとく私ともう1人くらいしかいないし、
なんだかなぁ~~~。

私はいつもとても楽しみだし、行けないとすごく悔しい。
どうもみんな考えることってだいたい同じはずとつい思ってしまうから、
みんなの関心の薄さにいつもびっくりします。

こんだけ人が少なくて、ほんと、やる意味あるのだろうか。
これって誰向けの会ですか?
主に、自分の担当調整員以外に自分の活動を報告する場でしょうか?
今までもずっとこうだったのか。
何のために、誰のためにやってるんですかね?帰国報告会って。
スポンサーサイト
2011.12.12 Mon l JICA l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。