上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
日曜日、フットサルのあと、ドミでお昼ご飯を作りました。

残り物の玉ねぎ、じゃがいも、キャベツ、レイプ(セイヨウアブラナ)を
適当に切って入れてぐつぐつ煮た適当なスープ。

ささっと作って、Aドウ、カズーとともに3人でいただきました。

「うま!」と言いながらぺろっと食べてしまうAドウを横目に、
私、スープの中に小さな小さな虫らしき黒いものを発見。

「えー、虫入ってるよー」と言いつつ、取りながら食べ続ける私。

「俺のとこには入っとらんよ」とすました顔のカズー。

よくよく見ると、あそこにもここにも、虫らしきものが浮かんでいる。
その虫の多さは、「コショウ入れた?」とつい聞いてしまうほど。

それでも根気よく見える虫をすくいあげながら食べる私。

「虫はタンパク質だから、大丈夫大丈夫。」とカズー。

「俺のには入ってなかったよ!ほら!」と完食したお椀をうれしげに見せるAドウ。

そのうちに、カズーも虫に気づき始め、
「うわ、ほんとにいっぱいおるやん。見えたら食べる気しなくなった。」と、
食べるのをストップ。

私もそのうちに気持ち悪くなってきて、そこまで。

小バエみたいなちっさな虫、ものすごくたくさん入ってました。
なんだろうな、レイプについてたのかな。

途上国にいると、食生活もこんな感じになります。
日本だったらスープに虫が一匹でも入ってたら、それ以上絶対食べないだろうに。
ほんと、強くなったもんだ、自分。
スポンサーサイト
2011.10.18 Tue l l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。