上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
実は、ザンビア隊員のみなみなさまに言いたいことがあります。

ドミがあるら辺の地名、Rhodes Park。
これ、「ローデス・パーク」じゃありません。

「ローズ・パーク」と読みます。

Rhodes Park

なぜかといえば・・・

ひとまず深く考えずにsを取って、

Rhode

とすると、この発音は「ロウドゥ」。

「子」+「母」+「子」+「e」という語の場合、
最後の「e」は「ウ」と「エ」の中間みたいなあいまいな音(あいまい母音といいます)、
子音に挟まれた母音は、母音そのままの読み方をする、というのが、
原則的な英語の発音ルール。
(のはず。間違いがあったらご指摘お願いします。)

cake, dive, tube, codeと、
ね、どれもエイ、アイ、ユー、オウと読むでしょ。
あと、Peterの愛称のPeteとか。これもイー。

なので、Rhodeも「ロウドゥ」。
この「ロウドゥ」という発音にsをつけるということは、
roadをroadsにするのと同じです。
だから、「ロウズ」。

綴りに騙されちゃいけません。
It tastes good!と言うとき、
"tastes"を「テイステス」じゃなくて「テイスツ」と読むのと同じ。

なので「ローデス・パーク」じゃないんです。
いつも、誰かがこう言うのを聞くたびに訂正したくなるけど、
その場で訂正するのもなんなので、ここでこっそり言ってみる。

*

ちなみにRhodesさんとは、Cecil Rhodesさんのこと(に違いない)。

その昔(1850年代)、
現在ザンビアのある地域は探検家リビングストン氏によって探検され、
その後、1889年に東インド会社をモデルにした南アフリカ会社というものが設立され、
今のザンビアとジンバブエの地域がこの植民地経営会社の傘下に収められます。

この会社を設立したのがイギリスの政治家、セシル・ローズ氏であり、
彼にちなんでこの地域が「ローデシア」と名付けられました。
後に、「北ローデシア」が「ザンビア」として、
「南ローデシア」が「ジンバブエ」として独立し、今に至るというわけですね。

と、いつものとおり完全にWikipediaの受け売りでした。
あしからず。

しかし「トランスヴァール共和国」だの「オレンジ自由国」だの、
ローズ氏のことを調べて初めて知りました。
(いつかどっかで習ったのかなぁ。)

アフリカの歴史、特に南部アフリカの歴史、
住んでるとこなんだからちゃんと知ってないとカッコ悪いな。
いつか勉強しよう。いつか。
スポンサーサイト
2011.10.17 Mon l 歴史 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。