上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ジョニーとかシャーロットとか言えばなんとなく親しみがわくかと思って、
我が家に現れる虫や爬虫類には名前をつけていますが、
コイツだけは名前をつける気にならないってヤツがいます。

RIMG6697.jpg

ででん。
どこにいるかわかりますか?


今まで玄関や壁の四つ角を縄張りにしていたのに、
最近洗面所やトイレに進出してきたんです。

もう一度見てみましょう、同じ写真。

RIMG6697_2.jpg

そう、ここですね。赤丸のついてるところ。
なかなかのサイズでしょ。

RIMG6704.jpg

はい、どアップ。

ああ、気持ち悪い。
アップで見るとほんと気持ち悪い。

シャーロットより胴体は小さいけれど、
細長ーい脚でうにょうにょと動きます。

コイツら、巣を作るのがものすごーく好きみたいで、
おかげで我が家は蜘蛛の巣だらけ。

蜘蛛の巣がこの世で一番嫌いな私、
彼らのおかげで他の虫が出ないということはわかっているのですが、
感謝する気になれず、親しみなんて決してわかず、
名前なんてつけてやんねーよ、ってわけでして。
呼ぶなら「脚長グモ」ですかね。

彼らとの共生もあと半年の我慢。

・・・と思っていたところ(ここまで書いて長いこと保存していました)、
なんとベッドの上にこの脚長グモ野郎が出現しました!

ベッドの上でパソコンいじってたら、突如目の前に!!

まじありえない。
ほんとありえない。
勘弁してほしい。
まじで勘弁してほしい。

思わず一人で「勘弁して!」と叫んでしまいました。
夜、しんとした我が家で一人。

百歩譲って洗面所は我慢するから、
お願いだからベッドにはもう二度と現れないでください。
一生のお願い。

あーもう蚊帳が四六時中外せない。

この顛末を早速翌日隊員仲間のT氏に報告したら、
T氏、「そりゃ蚊帳じゃなくて蜘蛛帳だね」と温かいお言葉をくださいました。

RIMG6969.jpg
一時も外せなくなった私の蜘蛛帳(水色)。
スポンサーサイト
2011.10.04 Tue l 住居 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。