上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
チテンゲには実にいろんな柄があって、
これはべじーたさんのブログの「チテンゲカテゴリ」に詳しいのですが、
たまに、「え、え、その柄でドレス作っちゃう??」という、
日本人的感覚からするとなかなか受け入れ難い柄のドレスを着ている
おばさんがいらっしゃいます。

今日はお二方をご紹介。
(写真は無断掲載、というかそもそも撮影も無許可。
遠くからズームで撮りました。ごめんね、おばちゃん。許してね。)

まずは・・・

RIMG6608.jpg

あんまり近付けなくてよくわからなかったんですが、
貝の模様の上に散りばめられているもの、これお札ですよねぇ?
「500」とか書いてあるし。
「ECONOMIQUE」という文字がかろうじて見えるけど、これフランス語?
ということはコンゴ産?

お札柄のドレス・・・着ますか??


そしてもうお一人。

RIMG6660.jpg

指チテンゲ。指チテンゲドレス。
手だけならまだしも
(いや、手だけでも十分にグロいか、しかも穴開いてるように見えるし)、
なんで指が一本一本切り離されて並んでるんですか!
実にグロい。グロすぎる。

この柄、実は超ポピュラー。
ドレスにしなくてもいたるところでこれを巻いてるおばちゃんを見かけます。

この柄のいったいどこがお買い上げポイントなんでしょう?
何を思ってみなさんこんなチテンゲ身につけるのでしょう?

ザンビア人の感覚、ほんと理解できません。。
スポンサーサイト
2011.09.29 Thu l l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。