上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
協力隊員には、3か月ごとに別れの季節がやってきます。

別れと同時に普段は新しい出会いもあるのですが、
今回、大統領選の影響で、23-2次隊としてザンビアに来る人がゼロ。
それがよりいっそう、今回の別れを強調させるような気がします。

昨日、1年半お世話になった21-2次隊のみなさんが
日本への帰国の途に着きました。

1年半もの間ルサカで一緒に生活していた隊員が帰ってしまうのは、
さみしいものです。
平日には、JICA事務所や道端でしょっちゅう顔を合わせ、
週末になれば、フットサルしてドミでご飯作って食べるのがいつものこと。
1週間会ってないと「久しぶり!」。
「また焼けた?」とお互いよく言い合ってました。
うちの配属先から徒歩15分のKabulonga Basic、
なんだかんだ5回以上行きました。
はらはらとよしくんのいないルサカなんて考えられなかったけど、
ついにそのときが来てしまったのだなぁ。
不思議でしかたない。
よしくん、今までありがとう!

数えてみれば、これで先輩隊員を見送るのは6回目。
帰国報告会も送別会も、もう6回も参加したのか。
1月頭に7回目のお見送りをすれば、次は自分たちの番。
自分も古株になったものです。

任期残り半年。

折り返し点の1年を過ぎたときにも思ったけど、
時が経つのが段々と早くなっていく気がします。

これからも健康に気をつけて過ごしたいと思います。

みなさん、早くザンビア来ないと私日本に帰っちゃうよ!
スポンサーサイト
2011.09.27 Tue l 日記 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。