上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大統領選の投票日が近づいてきました。

私たちJICAボランティアは、
投票日である20日(火)は自宅待機することとなっています。
前日の19日(月)から26日(月)までの1週間も、
地域の治安状況によっては活動をお休みし、外出を控えましょう、という指示。

私の配属先はコンパウンドの近くであるため、
19日(月)も活動に行かないようにと言われています。
コンパウンドとは貧困地区なのでそもそも治安もあんまりよくないし、
何かと小競り合いやら何やらが起こりやすいということです。

また、タウン(中心地)も人が多く何かと事件が起こりやすい場所であるため、
タウンのバスターミナルを通って通勤するボランティアなどにも、
同様の指示が出ていること。
結局ルサカ隊員は、ほとんどが19・20日とも自宅待機になるのではないでしょうか。

とあるルサカ隊員は、配属先自体が19日から1週間お休みになるとのこと。

また、情報通のカトちゃんによると、
日本に限らず在ザ各国政府が、投票日当日は自宅待機など、
同じような対応を取っているようです。

20日、街中からムズング(肌の白い人)が一斉に消えるというわけですね。

どうやら20日はパブリック・ホリデーになるそうで、
お店も銀行も全部閉まるらしいです。
学校はそもそも投票所になるところが多く、休業。

ザンビア人でもそれなりに警戒をしている人は多いようで、
隊員も同僚に「週末はタウンに近付くな」と言われていたり。

私が19・20日は出勤しない旨をダイレクターに伝えると、
ダイレクターも「そうよね。わかるわ。ノープロブレム。」と。
ただダイレクターいわく、投票日はきっと何事も起こらない、
何かあるとしたら、開票結果が出てから、とのこと。

確かにいろいろな情報を聞いている限り、開票後のほうが危なそうです。

どうなるんでしょうねぇ。
過去4回の大統領選を平和に終えているザンビア、
今回も何事もなく平和に終わりますように。

簡単に情勢をご説明しますと、今回行われるのは総選挙。
大統領、国民議会議員、地方議会議員をみんなまとめて選ぶそうです。

大統領選の有力候補は3人。
与党のMMD(複数政党制民主主義運動)から現職のルピア・バンダ氏。
PF(愛国戦線)からマイケル・サタ氏。
そしてUPND(国家開発統一党)から、ハカインデ・ヒチレンマ氏。
特にMMDとPFが二大政党で、
MMDのバンダ氏かPFのサタ氏かで接戦になりそうなんだそうです。
前回もこのお2人の接戦で、得票差率はわずか2%弱。

国民議会選挙は、候補者が政党を鞍替えして出馬した選挙区が注目らしく、
すなわちそういう選挙区は治安面からも気をつけたほうがよいとのこと。
幸い我が家の付近にはないよう。Kabwataがちょっと近いくらい。

ザンビアでの選挙活動は、見聞きする限り、とにかくばらまき作戦。
そして対立政党に対する妨害・野次飛ばし作戦(バスターミナルでの投石など)。

街中は各政党のポスターで溢れています。
木、立て看板、壁などあらゆるところに無造作に貼られています。

バンダ氏やサタ氏の顔を大きく印刷したチテンゲもお目見え。
支持者は支持政党のチテンゲを巻いて街を闊歩しています。

選挙の宣伝カーはミニバス。
窓から大きな旗を掲げてクラクション鳴らしまくって暴走。
騒がしいことこの上ない。

写真がないのが申し訳ないです。
撮ろうと思えば撮れるのですが、なかなか難しくて。

ちなみに各政党のイメージカラーは、MMDが青、PFが緑、UPNDが赤。

今流行しているフレーズは、PFの宣伝文句、"Don't kubeba!"
kubebaとはベンバ語で「話す」という意味だそうで、すなわち「何も言うな!」

どういうことかというと、
自分がPF支持だということは隠しておいてMMDがばらまいているモノは
もらうだけもらって、投票はPFに!ということなんだそうです。

このフレーズが流行っていて、歌もあるそうで、
みんないろんなところでDon't kubeba!を使っているそう。

ルサカではそんなに選挙活動が激しい印象はないのですが、
コッパーベルト州隊員のブログなどを読むと、毎日かなり激しく騒がしいよう。

各州に支持基盤がありますが、それに加えて、
MMDの支持基盤は地方労働者層、PFの支持基盤は都市部労働者層だとか。

私の行動範囲内で一番目に付くのは、MMDの青い旗やポスター、そしてバンダ氏の顔。
やはり与党だからお金もたくさんあるし強いのかなぁ、なんて思っています。

私はといえば、選挙対策として、今日活動の帰りに、
念のためスーパーで食料やビスケットなどを買い込み、
ザンビアンクワチャ及びUSドル現金もいくらか下ろしてきました。

JICAからの指示は、「最低1週間分の食糧・飲料水を備蓄しておくこと」。

あ、予備トークタイム(携帯電話にチャージするプリペイドカード)買うの忘れた。
明日どこかで買い溜めしておこう。

万一治安が著しく悪化した場合、すぐに国外退去できるように、
荷物もまとめておくこと、という指示も受けています。
パッと取り出せるように、リストでも作っておこうかな。

2日間も自宅にこもっていったい何をしようと思っていましたが、
よく考えればやることはいっぱいあるものです。
とにかくまずは、JICAに提出しなければいけない活動報告書を書いてしまおう。
着任18か月目の今月23日前後までに、第4号報告書をまとめなければならないのでした。
それからずっと前(昨年12月)に受講したニャンジャ語コースの復習。
最低この2つは終わらせるぞ。

また選挙に関して何かあればお伝えします。
どうか何事もなく終わりますように。
スポンサーサイト
2011.09.16 Fri l 政治・経済・社会 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。