上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ザンビア人にとって、テレビを見ないというのは信じられないことのよう。

うちの配属先のダイレクター(50代のおばちゃん)とその旦那さん、
私が住んでいる家の契約者なので(ただし家賃の支払いはJICA)、
家の中に入ったことがあります。
で、我が家にはテレビがないことを知っています。

ザンビア人の最大にして唯一かもしれない娯楽はテレビ視聴。
たいていの家庭には居間にテレビ台がどーんと鎮座していて、
お金のある家なら両脇にスピーカーやら何やら、
そうでなくてもテレビを囲んでいろんな小物が乗っていて、
夜は家族みんなでテレビ。
ホームステイのときもひたすらテレビを見続けたものです。

そんなわけで、ダイレクターや旦那さんに
「テレビがない家で夜、いったい何をやっているの?」と聞かれたこと、
一度ならず。

先日も何度目かのこの会話をダイレクターとしました。

私、こう聞かれたら答えは決まって「本読んでるよ」。
実際にはパソコンでメールしたりブログ書いたり映画見たりしているのですが、
あんまりそういうことは言いたくないので、いつも読書。

で、この日もいつも通り「本読んでるよ」。

すると・・・

ダ「ラジオはあるの?」
私「ないよ」

そしてその次にダイレクターから出てきた言葉は・・・


"Is it healthy?"


・・・え?

・・・は?

ヘ、ヘルシー?


口をぽかんと開けて彼女の顔をまじまじと見てしまいました。
二の句が継げない、ってこういうことを言うんですね。

結局なんて答えたかは覚えていません。
話は適当に終わったような。

ザンビアでは、家にテレビもラジオもないのは不健康みたいです。
みなさん、お気をつけくださいませ。
スポンサーサイト
2011.08.12 Fri l 人々 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。