上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
キリマンジャロの下山は、本当に涙が出るほど足が痛かったのです。
「グロい」「気持ち悪い」と多くのご好評を頂いた(ありがとうございます)この記事
今読み返しても、痛かったことがまざまざと思い出されます。

さて、キリマンジャロ登山から半年以上が経った今、
ついに、最後の爪がはがれました。

RIMG5188.jpg

下山直後からうっすら変色していた左の親指、
しばらく変色したままでそれ以上の変化はなかったのですが、
ここ1か月くらいで急に異変を見せ、真ん中のところで半分まで割れていました。
なんだかいろんなものに引っかかりそうだったけれど、
そのままほっといて自然にはがれるのを待つのがいい、
との他の隊員のアドバイスに従い、ほっといていました。

で、昨日。
ふと気づいたら、いつの間にか爪が半分取れているではありませんか。
私、いったいどこに爪を落としていったのだろう。
キリマンジャロ下山から実に184日後のことでした。

ちなみに右足は、人差し指と中指は完全に元通り。
でも親指はまだ8割くらいしか生えていません。
(汚いものをお見せしてすみません。洗っても汚れが落ちなくて。)
足の爪が生えるのって意外と時間がかかるものですね。
スポンサーサイト
2011.07.23 Sat l キリマンジャロ l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。