上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
乾季に入って3か月。
すっかり乾いたザンビアの大地には、
毎日砂埃が元気よく舞っていて、
スニーカーを履くだけで靴下の裏が真っ茶色。
自転車に乗っていると目にも口にも容赦なく砂埃が入ってくるし、
砂埃の中に突入していかなきゃいけないこともあって、
髪の毛も毎日ごわごわ。

ちょうど1か月前、乾季なのにどしゃ降りの雨が降って、
心底驚いたことがありました。

それが今朝、また雨が降りました。
今日はどしゃ降りというわけではなく、パラパラザーッという程度。
すぐに止み、止んだと思って外に出てみると、
その後もしばらく霧雨が舞っていました。

いやはや、この寒い時期に雨は勘弁してほしい。
今、ザンビアは一年で最も寒い季節。
暖房器具のない屋内にいると、手足も体もしんしんと冷えてきます。
ついついお湯で溶かすココア買っちゃったり、
湯たんぽ出そうかなと思ってみたり。

去年は、自転車乗っていれば暑くなるだろうと、
毎朝元気よく半袖Tシャツ1枚で通勤してたのですが、
ザンビアの暑い気候に慣れたせいか、今年は無理。
といっても冬服らしい冬服も持っていないので、
ジャージばっかり着ています。

去年の今頃の記事を見てみると、
7月15日付で、ルサカがぐんと暖かくなったと書いていました。
ということは、去年と同じであれば、そろそろ寒い時期も終わり。

この寒さ、早く終わってほしいような、もう少し味わってもいいような。
とりあえず雨だけはもう降らないでほしい。
スポンサーサイト
2011.07.11 Mon l 地理・気候 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。