上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
パソコンのキーボードはトイレの便座よりも汚い。

という実験結果があるとかないとか言いますが、
ザンビアではパソコンを基本持ち歩いています。
ネットカフェなど、屋外で使うこともしばしば。
パソコンを触る前は必ず手を洗うのですが、
場所によっては石けんがなかったりもするし、
どんなにきれいな手で触っているつもりでも、
キーのひとつひとつがなんとなく黒ずんできていました。

それに加えてキーの下に埃がどんどん溜まっていそうで、
ある日、どうしてもキーボードのお掃除がしたくなりました。

掃除の仕方をネットで検索してみたところ、
写真付きで丁寧に説明しているサイトなんかがありまして、
それを読む限りどんなキーボードでもわりと簡単にお掃除できそう。

キー引抜工具なんていうおしゃれな専用ツールもあるらしいのですが、
そんなものをわざわざ日本から取り寄せるのも面倒すぎるので、
ザンビアで手に入るもののみでお掃除にチャレンジすることに。

手順はざっとこんな感じ↓

①キーボードの配列を写真に撮る(撮らないとあとではめるのに困る)
②フォークと指を使ってキーをすべて取り外す
③取り外したキーをすべて洗濯ネットに入れて洗面器を使って台所洗剤で丸洗い
④キーを取り外したボードを綿棒で入念にお掃除
⑤丸洗いしたキーをドライヤーで乾燥
⑥キーが完全に乾いたら写真を見ながら元通りにはめておしまい

⑤までは順調に行ったのです。
台所洗剤で洗ったらキーが見事にきれいになって、それはもう感激。
黒ずんでいたのがすべて落ちました。

問題が起こったのは⑥の作業中。
②でキーを取り外すとき、コツをつかむまでうまく取り外せず、
最初のほうに取り外したいくつかのキー、
取っちゃいけない部品まで取ってしまっていた模様。
はめようとしてもはまらない。
「Z」はつぶれ、「Enter」は押し心地がいまいちになり、
そして左側の「Ctrl」は完全に取れてはまらなくなってしまいました。

キーがとてもきれいになったのはうれしくて、後悔はしていないのですが、
それにしても左の「Ctrl」を失ったのは痛い。

なんせ「元に戻す」に「切り取り」に「コピー」に「貼り付け」に、
「全選択」に「保存」に、そして「複数選択」に、
左の「Ctrl」ってなんともよく使うキーだったことよ、と、
失ってみて改めて気がつきました。

もう、超不便。

既に右の「Ctrl」を使うのにだいぶ慣れてきましたが、
今まで片手でできたことが両手を使わないとできなくなったというのは、
非常に不便です。

日本に帰ったら、何よりまずこれを修理したい。
こういうのって修理できますよねぇ?
左の「Ctrl」キー、それまでなくさないように大事に取っておかなくちゃ。
みなさまもキーを引き抜く際にはどうぞお気をつけくださいませ。
スポンサーサイト
2011.05.27 Fri l つぶやき l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。