上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今から遡ること9か月ほど前、
それは、森の中のかわいいロッジのような、
この「コテージ」(と契約書には書いてありました)に住み始めてすぐのこと。

朝早く、おそらく5時頃に、
すぐ隣のガレージから聞こえたガサガサっという不審な音に怯え、
大家さんのお雇い庭師アンダーソンに話してみたところ、
帰ってきたのはこんな答え。

"There are monkeys around."

「は?!猿?!」

と、内心思ったわけです。
結構驚いたので、この記事にも「猿が出るらしい」と書いています。

しかし今まで実際には見たことのなかった猿。
私の妄想の中だけで生き生きと庭を飛び回っていた猿。

それがついに現実のものとなりました。

この前の日曜の朝、
隊員を中心とした有志で毎週やっているフットサルの練習に出ようと、
9時ちょっと前に我がコテージを出て、大家さんの家の横を通り過ぎたとき。

RIMG1556.jpg

ここ。
こんな感じで我が住居、だいぶ森っぽい。

木の上で何かが動いた気配を感じたと思ったら…

RIMG1545.jpg

あれ、まあ。

しかも気配が1匹ではない。
ふと反対側を見ると、あれ、あそこにも。

RIMG1549.jpg

というか、、、

RIMG1551.jpg   RIMG1560.jpg

あ、あそこにもここにも。
え、ここは動物園?

華やかな追いかけっこがあちこちで繰り広げられていました。

いったい何匹いたのだか。
10匹は見た気がする。

ていうか、こんなにいたのに私今まで見たことなかったなんて、
不思議でなりません。
なんでだろう。

そんなこんなで猿の出る我が家、ぜひ遊びにおいでください。

ちなみに野良動物といえば、
印象的なのはなんといってもリビングストンK隊員の話。
もう任期を終えて日本に帰国してしまった彼ですが、
彼の家にはよく野良ゾウが出たそうです。
畑のものを食べにやってくるとかなんとか。
そのたびに彼はお玉とフライパンをもって
カンカン叩いて追い返していたと。
野良ゾウ、そしてそれを追い返すK隊員。
想像しただけでかなり笑える話でしたが、
ぜひとも一度見てみたかった。
スポンサーサイト
2011.02.14 Mon l 自然・環境 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。