上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2010年12月13日(水)

10:20 ルサカ発
13:30 ダルエスサラーム着
18:00 ダルエスサラーム発
19:00 キリマンジャロ空港着
20:00 ホテル着、ブリーフィング

待ちに待った出発の日。
朝から興奮抑えられず。

ダルの空港でかなりの待ち時間があるも、

12131535.jpg

ビールなど飲んでいたら意外に早く過ぎました。

ダルからモシへ行く機内、迫る夕暮れ。
キリマンジャロ見えるかな~先に日が落ちちゃうかなと、
そわそわしながら窓の外ばかり見ていたら…

12131855.jpg

目に飛び込んできました。
どうやっても見紛うことなき雄大な峰。
左がKibo峰、右がMawenzi峰。

いやー高い。
どう見ても雲の上。
あんなところにほんとにこの足で行くのだろうか。

すっかり日が暮れてから空港に到着。

12131910.jpg

なんとキリマンジャロ空港、アムステルダムからの直行便が。
オランダ人そんなにキリマンに登っているのか。
画面下にある KARIBU SANA は、スワヒリ語で「ようこそ!」の意。

空港の名はキリマンジャロ国際空港、
ふもとの町の名はモシ(Moshi)。

モシに着き、ホテル内のレストランにて、
代理店オーナーのGladysさんとメインガイドのAugustと顔合わせ。
そこでAugustに言われたこと。

・水は1日3リットル飲むべし
・食欲があるうちはお腹いっぱい食べるべし
・高山病対策の薬(ダイアモックスなど)は服用すべからず

そして…

・Kilimanjaro is a piece of cake!

必ず全員登頂するよ。100%保証する。
とのこと。

高山病対策の薬はネットやなんかを見ると賛否両論ありますが、
Augustは「絶対飲むな」といった感じでした。

水を飲んだりよく食べたりというのは、
それまでに聞いていた話と同じ。

Piece of cakeという言葉を信じて、翌日に備えてストンと就寝。
スポンサーサイト
2011.01.11 Tue l キリマンジャロ l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。