上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
我が配属先のダイレクターは、50代前半の豪快なおばさん。

先日、彼女の携帯電話の電池が切れていたため、
私の携帯を貸しました。
知人に電話したいとのことで。

彼女、相手が電話を取るなり開口一番「今どこ?」。
私には相手の声は聞こえませんが、
「え、マザブカにいるの?」と聞き返しています。

相手には私の番号が出てるんだから、
名乗らないと誰だかわからないだろう…と思いつつも、
隣で聞いていました。

その後ニャンジャ語で二言三言話して電話を切った彼女。

「番号をかけ間違えた。知らない人だった。」

いきなり名乗りもせずに「今どこ?」と聞くほうも聞くほうだけど、
誰からの電話からもわからずに答えるほうも答えるほう。

ザンビアに来て8か月が経ちますが、
まだまだザンビア人には驚かされることがたくさん。
スポンサーサイト
2010.11.26 Fri l 人々 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。