上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
タンザニアとの国境の街、ナコンデ(Nakonde)。
タンザニア側のザンビアとの国境の街は、トゥンドゥマ(Tunduma)。

この2つの街、地図によって位置関係が様々。

RIMG5317.jpg RIMG5325.jpg
RIMG5330.jpg RIMG5333.jpg
左上から時計回りに、
マクミラン、ITM(International Travel Maps)、ミシュラン、コリンズ。

ナコンデの街が国境からちょっと離れてるように見えるものが多いのです。
ひどいのはこれ↓

RIMG5318.jpg

Bradtのガイドブック。
トゥンドゥマがなぜかザンビアにあるうえに、
いずれの街もTAZARAをかすってもいません。

非常に不思議ですが、
正確には、ナコンデとトゥンドゥマは隣り合っていて、いずれもボーダー。
ITMの地図が一番正確なよう。

さてさて、そんなナコンデ。

10201053_3.jpg   10201057_2.jpg

TAZARAの駅から10分も歩けばタウン(街の中心地)。
タウンからすぐのところに、ちゃんと入国管理地点があります。
すなわち、ちゃんと手続きしなければ国境は越えられないようになっています。

が、そのすぐ左にマーケットが広がっていて、
そこをぐんぐん入って行くと、そこはいつの間にかタンザニア。
タンザニアの街、トゥンドゥマ。
あれれ??

「カリブー(ようこそ)」、「アサンテ(ありがとう)」と、
マーケットの人々が話すのはスワヒリ語。
「これいくら?」と聞けば返ってくるのはタンザニアシリングの値段。
通貨はタンザニアシリングもザンビアンクワチャも両方使えます。

ひととおり歩き回ったあとジュースを飲んだ休憩処のおじちゃんによれば、
そこはタンザニアだけど2ブロック先はザンビアだよ、とのこと。

10201306.jpg

ここはまだザンビア。
マーケットの入り口。

10201358.jpg   10201420_2.jpg

ここはタンザニア。
右の写真の相乗りタクシーみたいなこれ、ザンビアにはありません。
なんて言うんだっけ、これ。

10201314_2.jpg

これおいしかったぁ。
タンザニアの料理でしょうか。

10201504_2.jpg

陽気なおばちゃん。
これもザンビアでは売っていません。

10201458.jpg

狭く入り組んだマーケット。
外国人が歩くと相当目立ちます。
しかも6人も連れ立っていればなおさら。

10201332.jpg

チテンゲ屋さん。
正面の上段以外と右側がチテンゲ。
左側にあるのはカンガ、正面上段はバティックですね、たぶん。
カンガとはケニアやタンザニアの布でチテンゲよりも薄く、
ひとつひとつにスワヒリ語のメッセージ入り。
チテンゲはスワヒリ語ではキテンゲだったような。

ナコンデに来たからにはカンガを買おうと意気込んでいたのですが、
なんだか黄色や蛍光黄緑色のいまいちなカンガばっかり。
結局ひとつしか買いませんでした。

10201556.jpg   10201601.jpg

帰りはちょっとだけ線路を歩き、いい気分。

16時にナコンデ駅に戻ってきて、
あとはダル(エスサラーム)からやって来る18時発のTAZARAに乗るばかり。

だったのですが…

ここからが過酷な旅の始まりでした。
スポンサーサイト
2010.10.29 Fri l 旅・観光 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。