上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ゾウの生息密度が世界一(アフリカ一?)高いことで有名なボツワナのチョベ国立公園。
ここ、リビングストンからほど近く、日帰りで行けちゃいます。
ということで10月3日に日帰りボツワナ・日帰りサファリしてきました。

リビングストンのたいていのロッジやホテルでツアー予約を取り扱っていて、
私たちが予約したのはJollyboys Backpackers。
リビングストンでバックパッカーズ宿といえばここ、というところ。
日本人の間では、通称ジョリボ。

リビングストンから車で小1時間でカズングラ(Kazungula)という国境地点へ。
ここ、ザンベジ河を隔てて、
ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、ナミビアという4カ国が交差する国境地点。
Four Cornersとも呼ばれているとかいないとか。
ナミビアって変に細長く突き出てるんですね。

ザンベジ河を渡れば、そこはもうほぼカサネ(Kasane)というボツワナの町。
チョベ国立公園の入り口。

Immigrationを済ませ、ついにはじめての外国(任国外)!

DSC07589.jpg

日帰りツアーは、午前中3時間のゲームドライブ、昼食、
午後3時間のゲームクルーズという贅沢なスケジュール。

Lower Zambeziでゲームクルーズは経験済だけど、ゲームドライブははじめて。

DSC07571.jpg

乗ったのは、こんな車。
12人ほど乗れます。イメージより大きいし、かなりオープン。

国立公園に入ってわりとすぐ、川辺に向かって突進するゾウの大群に遭遇。
野生動物、しかも大きな動物を間近で見るのは、なんとも言えない不思議な感覚。
「すごい」を連発する私。「すごい」しか言えない私。
頭の中に流れるのはジュラシックパークのあの壮大なテーマ曲。

車の前を大群で駆け抜けるゾウ、悠々と横切るキリン、
美しい跳躍を見せるアンテロープたち。
とてもこの世のものとは思えず(これぞ自然なのに)、別世界にいる気分。
ほんと、ジュラシックパークでした。
野生動物の迫力って半端ない。
なんだか動物ドキュメンタリー映画「Earth」が猛烈に見たくなりました。


DSC07373.jpg

ゾウさんたちはほんとにたくさんいました。


DSC07382.jpg

お尻に3本の黒い線があるのが代表的なアンテロープ、インパラ。


DSC07386.jpg

角とたてがみが美しい大型アンテロープ、セーブルアンテロープ。


DSC07397.jpg

キリンの長い首って見れば見るほど不思議。


DSC07404.jpg

特徴的な角、銅には白い筋。グレータークードゥー(これもアンテロープ)。


DSC07410.jpg

昼寝するゾウたち(これ、ズームしてません!)


DSC07425.jpg

レアキャラ、ライオンも見たよ!(ただしメスのみ)


DSC07428.jpg

ちなみにライオン、肉眼だとこんな感じ。ガイドなしでは到底見つからない。


DSC07444.jpg

バッファローの角も見れば見るほど不思議。


DSC07501.jpg

ワニ、デカ!


DSC07526.jpg

鳥もいろいろいました。ごめんなさい、お名前何でしたっけ。


DSC07536.jpg

ややブレてはいるものの、お気に入りの一枚。

大満足のボツワナデビューでした。
スポンサーサイト
2010.10.26 Tue l 旅・観光 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。