上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2日目。

・昨日読んだケーススタディについてのディスカッションの続き
・ディスカッションのしかた(Sorry to interuput...とかExcuse me but...とか)
・スピーチのしかた

授業内容はかなり実践的です。
ケーススタディのまとめの中ででてきたのはこんな話。
もし誰かにこう問われたら、何と答えればいいか。

I know you're from JICA. Could you get me scholarship to go to Japan?

難しい。
答えるべきは…

I'm only a JICA volunteer. I can't decide. I'll talk to JICA people but that's all I can do.

真摯に、そして正直に、相手の目をしっかりと見て答えることが大切です。
事が大きくなる前に、きっぱり話を終わらせる必要があります。

こんな質問もあるかもしれません。

How much salary do you get? How can you get so much salary?

これも同様。

それから、せっかくなので習った言葉。

His heart was in the right place.

try to make a good idea but results in a bad situationという状態のことだそうです。
「やろうとしたことはよかったんだけどね」とでも言ったところでしょうか。

nip it in the bud before it snowballs into a bigger problem

こちらはfix the problem before it becomes too bigという意味。
snowballsって英語でも同じ表現ですね。
まさに「雪だるま式に膨れ上がる」。

また、スピーチについては、
これから何度も練習して、果ては講堂でもやるとのこと。
講堂は200人入る大きな会場です。

日々授業を受けるごとに、「こんなに恵まれた環境はない」と思います。
スポンサーサイト
2010.01.12 Tue l 派遣前訓練(語学) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。