上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
発熱したのが火曜日。
何をする気力もなく、一日中寝るだけ寝て、
夜は夜でぐっすり寝て、
翌水曜の朝。
体温を測ってみるとまた37.7℃。

この日、健康管理員というJICAスタッフが職場訪問に来る予定だったので、
「熱が下がらないので今度にしてください」とSMSで連絡。

すると折り返し電話。
「一応、マラリア検査やっといて。」

というわけで、はじめてやりました、マラリア検査。

RIMG4891.jpg

はじめて開封する検査キット。

これ、隊員はみな常備しています。
JICAから配られます。

RIMG4892.jpg

何やらいろいろ入っている。
説明書きも面倒くさそう。

現地訓練中にデモンストレーションまでひととおりやったんですが、
すっかり忘れていました。

使い方を3回くらい読み返して、やっと理解しました。

①垂らす液のふたを開ける
②指に刺す針の装置をセット
③アルコールで刺すところを消毒
④装置を使って針でチクっとやって血を出す
⑤スポイトで血を吸い取って検査キットに垂らす
⑥その上から①で開けた液を3滴垂らす
⑦15分待つ

針の刺し方が足りなかったのかあんまり血が出なくて心配でしたが、
こんなふうにちゃんと結果が出ました。

RIMG4893.jpg   RIMG4895.jpg

ネガティブでした。
やれやれ。
スポンサーサイト
2010.10.15 Fri l 保健・衛生 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。