上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今となってはわざわざ言うのがおかしいくらい当たり前にやっていますが、
考えてみれば日本ではもちろんやったことありませんでした。

そう、お米は鍋で炊いています。

炊飯器も売ってないことはないし、
日本から送ったり持ってきたりしてる人も結構いて、
隊員の中には炊飯器ユーザーもそれなりにいます。

我が家はキッチンが狭くてもう炊飯器を置くスペースがなく、
特に不自由していないので、私は鍋を使ってます。

ちなみにお米はたくさん売っていて、それなりにポピュラー。
ただ主食であるメイズの粉に比べるとかなり割高なので、
買うのは裕福な家庭に限られていますが。

お米の炊き方

1.透明の蓋の鍋を用意。
2.お米をとぐ。水はお米と同量もしくは1.1倍くらい(もちろん目分量)。
3.火にかける。沸騰してブクブクいうまで強火。
4.ブクブクと泡が立ち始めたらすぐに弱火へ。一番弱くする。
5.そのまま30分放置してできあがり。

はじめの頃は結構焦げついたんですが、最近そんなに焦げなくなりました。
沸騰してすぐ弱火に持っていくのがポイント。
ちょっとでも遅いと焦げます。

日本でも鍋でお米を炊いたことのある人って結構いますかね?
紹介するほどのことでもない気もしますが、
ま、こんな私でもできますと、そういうことです。

包丁をお皿やコップの裏で砥ぐのも覚えました。
ただザンビア人のようにまな板を使わず野菜を切るのはできません。
スポンサーサイト
2010.09.23 Thu l l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。