上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ザンビアには映画館がおそらく全国で1つだけあります。
(ほかにあったら誰かどこにあるのか教えてください)
場所は、ルサカの2大ショッピングモールのうちのひとつ、Arcades。
名前は知りませんが(あるのかな?)いわゆるシネコン。
スクリーンは5つ。

先日、ザンビアで初めての映画館体験をしてきました。

2010年8月2日時点の上映作品は次のとおり。
ここで確認できるようです!)

-Inception
-Knight and Day
-Our Family Wedding
-Shrek Forever After
-The Twilight Saga: Eclipse

行ってみたらなんと行列。
こんなに並んでるの見たことないよってくらいの行列。

よくよく見ればチケットカウンターの奥にあるポスター、
ほとんどSold Outのシールが貼られています。

シュレックが見たかったのに見られなくて泣いている女の子も。

長いわりに意外と早く列が進んでカウンターで判明したのは、
その日は平日プライスだったということ。

この映画館、週末は平日の倍の値段だそうで、
その日は祝日だったのでてっきり高いほうかと思っていました。
どおりで行列ができているわけです。

で、その平日プライス、いくらかというと、
なんと14,000クワチャ(約280円)。

…安い!

なんでこんなに安いんでしょう?!
元取れてるんでしょうか??

チケットは1人1枚ではなく、ただのレシートみたいなペラ紙。
鑑賞作品と人数が特に目立たない感じで書いてありました。
写真撮ればよかったな。

入り口にはスナック&ドリンク売り場。
ポップコーン&ドリンクなどのコンボ売りしてましたが、
入場料に比べて値段の高いこと。
よく見てませんが16,000クワチャ(約320円)とかそれくらいのものばかり。
ポップコーン、道端だったら500クワチャ(約10円)で売っているというのに。
ぼったくりもいいところ。

スナック&ドリンク売り場の先にモギリのお兄さんが立っていて、
数歩行けばすぐそれぞれのスクリーンの入り口。

スクリーンは日本のシネコンと変わりません。
至って快適。
スナック売り場も変わりません。
トイレもキレイ。
ザンビアにいることを忘れます。

席は自由席。
早い者勝ちです。

上映開始15分前くらいに行ったらガラガラ。
あんなに並んでたのにと思ったのですが、
5分前とか直前になったら見事に満員になりました。
ザンビア人、ぎりぎりまで座らないよう。

上映開始。

と、その前にこれから上映する作品の宣伝。
15分くらいでしょうか。

さて、上映開始。
そういえばスクリーンは宣伝のときからフルスクリーンでした。

見たのはOur Family Weddingというファミリーコメディ的な映画だったのですが、
ザンビア人のよく笑うこと。
言い方悪いですがものすごく単純というか、
私からすれば別にそこまでおもしろくなくない?ってとこでも、
もれなくすべて大笑い。
これには驚きました。

笑うのはいいのですが、頂けないのはマナーの悪さ。
上映中に何度携帯電話の画面が光ったことか。
着メロも鳴り放題。
(そもそも携帯のマナーモード機能なんてないに等しい。)
さらには同じ列に座ってた人、なんとかかってきた電話に出ました。
映画上映中に。
信じがたい。
さすがに周りの人に"SHHHH"って言われてました。

もうひとつ、私にとって残念だったことは、
エンドクレジットが始まった瞬間に大半の人が立ち上がり、
1分後にはほぼ全員出て行ったこと。
そしてなんとクレジットが途中でぶちっと切られて、
上映が終了したこと。

クレジットロールが終わって静かに真っ暗になって、
そのあとふっと明かりがつく、
それで初めて映画が終わる、
その余韻がいいのに、ぶちっなんて切れちゃってもう台無し。
なんとも残念でした。

ついでに言うと、ゴミも驚くほどに散らかってました。
ポップコーンが床にばらまかれていたり。

それから、日本の映画館でもそうですが、非常に寒かったです。
行くときには上着を持って行くのをお忘れずに。

入り口にナルニア国物語の大きな宣伝があって、
3Dって書いてありましたが、ザンビアはきっと2Dだけだろうなぁ。
ただ、今大々的に改装しているもうひとつのほうのショッピングモール
Manda Hillにも新しく映画館ができるっぽいので、
ザンビアで3D映画が見られるという微かな期待、
残しておきたいと思います。
スポンサーサイト
2010.08.05 Thu l 娯楽 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。