上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
始まりましたね、ワールドカップ。

南アで開催されているだけあって、
日本にいるよりだいぶ身近な気がします。

街中ではvuvuzelaというホーンが結構いろんなところで聞こえます。
これがなぜか夜に近所で鳴らされてわりとうるさいです。

さて、日本戦(対カメルーン)。
日本は23時でしたよね?
各国にいる協力隊のみんなのところは何時だったのでしょうか。
みなさんご覧になりましたか?

ここザンビアでは16時。
私はテレビのある先輩隊員のお宅で見ました。
ビール片手に、お菓子を食べながら、
そして先輩お手製のカレーも食べながら、
みんなで応援してました。

流れでそのままイタリア‐パラグアイ戦も観戦。
結局22時半頃お暇しました。

隊員がザンビアでワールドカップを見る方法はいくつかあります。
まずはテレビのある人の家で見る。
私の場合、先輩隊員宅、大家さん宅、配属先くらいでしょうか。
次に、カフェやバー、レストランで見る。
この時期、おそらくテレビのあるお店ならどこでも
ワールドカップにチャンネルを合わせているはず。
ドミの隣のチャチャチャバックパッカーズなら画面はきれいで大きいし、
各国からの旅行客がいるので応援合戦が面白そうです。
コーラ1瓶3ピン(約60円)で見られます。
最後にパブリックビューイングに出かける。
ここ、首都ルサカでは、Barclays Sports Clubというところで
全試合パブリックビューイングが行われています。
行ったことはないのですが、
どんなところなのかちょっと面白そうなので、
期間中に機会があればぜひ行ってみたいところ。

ちなみに国営放送ZNBCでもMUVITVというチャンネルでも、
全試合放映しています(たぶん)。
どうやら聞いた話では、アフリカは放映権がタダだそうで。
しかも別に今回が南ア開催だからではなく、毎大会タダだそうです。
あくまで聞いた話で真偽のほどは定かではありませんが。

開幕11日の新聞には、
公式スポンサーであるMTNという南アの通信会社による
立派な対戦表が折り込まれていました。

RIMG2424.jpg   RIMG2423.jpg

こういうのもらうと、
ついつい書き込んで完成させたくなっちゃう性分です、私。
というわけで、毎日ばっちり対戦結果をチェックしようと思ってます。

各試合の開催時刻に開催場所まで書いてあって、これは便利♪
と思いきや、残念なことに、
なぜか開催時刻がちょこちょこ間違っているのです。
別に時差を計算し間違えたとかそういうわけでもなさそうな間違え方です。
どうやったらこんなふうに間違えるのか不思議。
こういうところがザンビアだなぁとついつい思ってしまうのはよくないものか。

何はともあれ、ここザンビアでは、
ワールドカップはなかなかの盛り上がりを見せています。
「南ア開催」というより「アフリカ開催」という意識が強いんですね、きっと。
アフリカ、盛り上がってます。
(と、ザンビアにいるだけでアフリカ全土を語るのは言い過ぎか。)
スポンサーサイト
2010.06.16 Wed l 祭り・行事 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。