上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ザンビアの偉大なる主食、シマ(nshima)。
以前、現地訓練中に、一度ご紹介しました

原料はメイズ(maize)と呼ばれるトウモロコシ。
このメイズを粉状にしたものをミルミル(mealie meal)と言います。
シマはミルミルをお湯で溶かして練って作ります。

どの家庭でもみんなこれを食べます。
日本人が米を食べるように。

私、ミルミルとシマをこねるための棒は買ったものの、
まだ一度も作ってみたことがありません。
お米やらスパゲッティやらじゃがいもやらを主食にしています。

私の配属先は一応NGOですが、
家族というか女性一人がやっているだけで、
今のところお金がなくて実質NGO自体ないに等しく、
就業時間も何もあったものではありません。
で、ランチタイムなるものも何もなく超適当で、
なんだかんだお昼過ぎにはいつも帰っているのですが、
お昼ご飯が困りものです。
近隣に食べられるような場所はなく、
というかそもそもそんなところに行ける雰囲気はなく、
何か持って行くしかありません。

ということでだいたいいつも作って持って行きます。
(早く終わると踏んで持って行かないこともあるけれど。)
前の晩に炊き込みご飯を多めに炊いておくか、
朝カペンタやらじゃがいもやらを調理するか、
サンドイッチぽいものを作るか、そんなところです。

そんなわけでシマとは縁遠い日々が続いていましたが、
ふと思い立って、久々にシマ屋さんに行きました。

配属先を出たのが13時過ぎで自転車で家に戻ったのが14時近く、
それから歩いて近所のシマ屋さんに行ったので、
そのころにはお腹ペコペコ。

ちなみにシマ屋さんって言っても、かなり質素です。
悪く言えば「ボロい」というか、非常に庶民的というか。
「写真撮らせて」って言ったら、
「次ね」(要はダメ)と言われてびっくりしました。
こっちの人、写真撮ってもらうの好きだとばかり思ってました。

しかたなくお店を撮ることは諦め、
このシマ屋さんのあるマーケットの入口で無理やり撮ったのがこれ。

RIMG2285.jpg

右側の青いたらいのあるところはたぶんシマ屋さんです。
私が行ったところではないけれど。
こんな感じでいくつもあります。
ちなみに、勝手に写真を撮ったら、
真ん中を歩いているお兄さんにこのすぐ後怒られました。
勝手に撮るなと。
勝手に撮った挙句にブログにまで載せてお兄さんごめんなさい。

さて、シマ屋。

普段あまり食べない肉を欲して、
nshima with chickenを狙っていたのですが、
お目当てのシマ屋さんにはなかったので、
nshima with beefにしました。
レイプという青菜の炒め物つき。

RIMG2284.jpg

シマをひとつかみずつ利き手に取り、十分にこねてから、
おかずをうまく包むようにして一緒に食べます。

懐かしい味というかなんというか。
ホームステイで毎日食べていたのと変わらぬ味でした。

現地訓練の頃はこの2山のシマが多くて、
なんとか頑張って食べていた記憶がありますが、
この日はペロリ。
体が順調に現地化しています(まずい)。

今あるスパゲティを食べきって、
インスタントラーメンもじゃがいもも食べきって、
もう主食にするものが何もない、という状態になったら、
家でも作ってみようと思います。
(その前にまたじゃがいも買っちゃいそうだけど。)
スポンサーサイト
2010.06.04 Fri l l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。