上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ここザンビアは旧イギリス植民地。
イギリスといえば紅茶の国。
というわけでザンビア人は紅茶を好んで飲みます。

しかし私はコーヒー派。

ザンビア、紅茶の国ですが、
そんなコーヒー派の私にはありがたいことに、
コーヒーも売っています。

RIMG2172.jpg   RIMG2173.jpg

CrossroadsのSparにて。
ご覧のとおりズラーっと揃っています。

どうやらザンビア人、「加工品」に弱いらしく、
コーヒーというとインスタントコーヒーが一般的のようです。
Nescafeの"Ricoffy"が幅を利かせています。

しかし日本人の私には、
どう考えてもドリップコーヒーのほうがおいしい。

Ricoffyの上にある"Kasama Coffee"というのを飲んでいます。
なかなかイケます。
もうRicoffyには戻れません。
ちなみにKasamaというのは北部州にある街の名前。
500gで25,000クワチャ(500円)ほど。
安い。

それに比べて高いのはペーパーフィルター。
たったの40枚で9,900クワチャ(約200円)。
そしてたいそう丁寧な箱に入っています。
なんかもったいない。
おそらく南ア産かと。

そしてドリッパーは売っていません。
私は日本から空輸しました

ザンビア人のみなさんどうやって飲んでいるんでしょうね。
豆はとりあえず店頭に並べているだけでしょうか。
それにしては大量に置いてあります。
売れ行きが気になります。
スポンサーサイト
2010.05.31 Mon l l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。