上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
青年海外協力隊の応募は、年に2回、春と秋にあります。
私が今回応募したのは「平成21年度春募集」、
応募期間は2009年4月1日~5月18日。
(JICAは和暦と西暦とをなぜ統一しないのでしょう。)

一次選考(書類選考) 応募書類に基づく技術審査及び健康診断審査
一次合否通知 2009年6月26日
二次選考 2009年7月7日~7月16日のうち1日 ①面接 ②語学試験 ③健康診断(問診)
二次合否通知 2009年8月7日

応募に際して提出する書類は次の5つ。
①応募者調書
②応募用紙
③職種別試験解答用紙
④語学試験免除申請
⑤健康診断書

まず決めなければいけないのは、「職種」です。
協力隊には様々な職種があり、各国の各地域の様々な団体から、
その職種に沿った活動要請が来ます。
JICAでは、その要請に見合う人材を選考し派遣します。
職種は大別して次の8つ。
(もっとあるかもしれませんが、H21春募集はこれだけ。)

<農林水産部門> <加工部門> <保守操作部門> <土木建築部門>
<保健衛生部門> <教育文化部門> <スポーツ部門> <計画・行政部門>

職種によって、要請件数も応募倍率も大きく異なります。
要請1件の職種が多数ある一方で、50件、また100件近い要請のある職種もあります。

応募の概要はこんなところ。
次回、職種について詳しく書きます。
スポンサーサイト
2009.05.18 Mon l 応募から合格まで l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。