上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ふとしたきっかけでこれまでの人生における予防接種歴を調べることに。
このブログ上でも、ココでいろいろ打ったと書いてるし、
ココでは予防接種の記録を整理しようかなとも書いています。
ついに年月日まできちんとすべて整理して記録しました。
というわけでせっかくなので(?)ちょっとご紹介。

・水疱瘡 (Chickenpox)(罹患)
・はしか (Measles) 2回
・おたふく (Mumps)(罹患)1回
・風疹 (Rubella) 2回
・ジフテリア (Diphtheria) 4回
・百日咳 (Pertussis) 3回
・破傷風 (Tetanus) 5回
・ポリオ (Polio) 3回
・BCG 1回
・日本脳炎 (Japanese Encephalitis) 2回
・A型肝炎 (Hepatitis A) 3回
・B型肝炎 (Hepatitis B) 3回
・狂犬病 (Rabies) 3回
・黄熱病 (Yellow Fever) 1回
・髄膜炎 (Meningitis) 1回
・腸チフス (Typhoid Fever) 1回

ずいぶんと打ってますねぇ。計15種類のべ35回。
私の注射時期は3段階に分けられまして、
まずは幼少期~義務教育期間まで(長いけど)。
次が高2でアメリカ行く前。
そして成人してからザンビアに行く前~ザンビア派遣中。
リストの下のほうは途上国に行かない限りまず打たないかと。
この中では黄熱病の予防接種がメジャーか。
なぜなら、この黄熱病の予防接種証明書(イエローカード)がないと
そもそも入国できない国がアフリカにはたくさんあるのです。

病気の名前って-itisで終わるのよくあるよな~と思っていましたが、
「~炎」という意味で語源はギリシャ語のよう(このサイトによると)。

この語尾、ティスと読まずにタスとかテスに近い発音で読むのがミソ。
「肝炎」Hepatitisなら「ヘパタイタス」。むしろ「ヘパタイダス」「ヘパタイデス」。
なぜならアクセントが先のiに落ちて後ろのiはあいまい母音になるから。
先に紹介したサイトだと「アイティス」となっていますが、
いやいや、「アイタス」「アイテス」のほうが近い!と言いたい。

と、ついつい英語の話をしてしまってすいません。

まだこれからも予防接種受けることあるのだろうか。
あ、たとえばマラリアのワクチンができて、
またアフリカに行くことになったら受けるかも?
スポンサーサイト
2013.05.26 Sun l 帰国後(つぶやき) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。