上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ミュージカル「RENT」の物語は、クリスマス・イブに始まります。

家賃が払えず、真冬のニューヨークで十分な暖を取ることもできない主人公たち。
女の子が歌う歌の中に、
日本語字幕で「クリスマスなんて」「くだらない」と出てくる部分があります。
が、歌っているのを聴くと、
何をどう聴いても、「バーハンバーッ」「バーハンバーッ」としか言っていない。

これの何がどうやって「クリスマスなんてくだらない」になるのだ?!

と、思っていました。
英語字幕で見てみて、スペルが判明。

Bah humbug!

何かといえば、ディケンズの「クリスマス・キャロル」の中で、
スクルージおじさんが「けっ、クリスマスなんて!」という意味でこう言って、
それ以来その意味が定着したとのこと。

手元の辞書(ジーニアス英和大=ジ、リーダーズ=リ)で調べてみると・・・

bah
(ジ)[しばしば Bah! Humbag!] ふん!、ばかな!(軽蔑・嫌悪の発声)
(リ)フフン、チョッ、ベーだ、ヘン、ばっかばかしい!(軽蔑・嫌悪・愛想づかしなどを表す)

humbug
(ジ)[H~!] ばかな!
(リ)ばかな、くだらない!

なるほど。
いつかBah Humbug!と吐き捨ててみたいもんだ。

それにしても、リーダーズのbahの項、「チョッ」「ベーだ」って・・・。
そしてジーニアスのほうは、せっかく使い方を載せてるものの、
「Humbag」とスペルが間違っている・・・。
辞書にも誤植ってあるんだなぁ(あってはいけない気がする)。
スポンサーサイト
2012.01.31 Tue l ザンビアじゃない話 l top
ザンビアが誇る自転車、ZAMBIKES。
隊員にはすこぶる評判の悪いZAMBIKES。
街でよく見かける黄色いフレーム、ZAMBIKES。

ザンバイク(ス)、と読みます。
ZAMBEEFでザンビーフと読むように。

このZAMBIKES社から竹フレームが出ていて、
なんと、それが日本に進出したそうです。

ZAMBIKES(日本のウェブサイト)
世界を変えるフェアトレード・バンブーバイク(竹製自転車)「ZAMBIKES(ザンバイクス)」

竹フレームの存在は、たまたま、ちょっと前に、
自転車好きの他国の同期隊員に教わって、知っていました。

日本での販売価格は、フレーム単体10万円。
フレーム単体でしか売ってないよう。

ルサカのルムンバロード沿いにあるZAMBIKESのお店に実物が置いてあるそうです。
ザンビアではいくらなんだろう。
帰る前に見に行こうかな~。
2012.01.29 Sun l アフリカ l top
※この記事を読む前に、ぜひ○×クイズを先にお試しください。

「RENT」は、失業、ドラッグ、エイズなどの問題を抱えながら、
ボヘミアンな生活を送るNYの若者たちのお話。
ときは80年代終わり~90年代初め。
HIV感染の拡大が大問題になり始めていた頃のお話。

この「RENT」に出てくる抗HIV薬の名前は「AZT」。
耳慣れないこの「AZT」とは何だろうと気になりました。

というのも、ここザンビアで抗HIV薬といったら「ARV」。

というわけで調べてみたところ・・・

ARVとは、antiretroviral drugsの略で、すなわち、「抗レトロウィルス薬」。
レトロウィルスとは、「逆転写酵素を持つRNAウィルス」だそうで、HIVはその一種。

AZTとは、アジドチミジン(azidothymidine)の略で、
「核酸系逆転写酵素阻害薬」という何やら難しい名前の薬の一種だそう。
ジドブジン (zidovudine, ZDV)の別名らしい。

つまり、ARVのうちのひとつがAZTってことか。

ザンビアでは、「ARV」のほか、「ART」とも言います。
「ART」はantiretroviral treatmentの略。
"She's on ART."「彼女は抗HIV治療を受けている」というように使います。

現在のところ、エイズを治す薬はありません。
エイズの発症を抑える薬がARV。
(HIVとはエイズを引き起こすウィルスの名前、エイズは免疫不全を発症した状態のこと。)

ARTは、複数の薬を組み合わせて飲むカクテル療法という治療法で、
決められた時間に毎日必ずきちんと薬を服用しないと効果が出ません。

よく「HIV感染率」とか「ARTを受けている人の数」といったデータがあるけど、
現場でボランティアをしている実感として、
こういったデータに信ぴょう性はほとんど感じられない。
うちの配属先だって、ドナーに出してるデータは(残念ながら)でたらめだし、
検査をしたことないけど陽性、という人が圧倒的だと思う。

そして時間に対する感覚が極めてルーズな国で、
毎日きちんと決められた時間に薬を飲むということが、
果たしてどれだけちゃんと実行されているのか、
残念ながら私にも本当のところはわかりません。

「エイズの時代は終わった。これからは生活習慣病だ。」
(=「ARTが普及しているしHIV感染拡大は収まっている」)
という言葉を聞いたことがあるけれど、とてもそんな気はしない。

ちなみに「ARV」はザンビアン発音だと、「エー・アラ・ヴィー」。
「ART」は「エー・アラ・ティー」。
「R」を「アラ」と読むのがかわいい。
2012.01.27 Fri l HIV/エイズ l top
突然ですが、○×クイズです。
紙とペンをご用意ください。
時間制限なし。ごゆっくりどうぞ。

①HIVとはウィルスである
②HIVはキスで感染する
③HIVは蚊を媒介して感染する
④HIVは母乳で感染する
⑤HIVは性交渉で感染する
⑥(HIV以外の)性感染症に罹患しているとHIVに感染しやすい
⑦HIVは一度感染してしまったら一生感染したままである
⑧HIVに感染したらすぐAIDSを発症する
⑨AIDSを治す薬はない
⑩全世界のHIV陽性者の半分以上がサハラ以南アフリカにいる

それから、自由回答式もいくつか。

A. HIVの主な感染経路を3つ挙げよ。
B. HIVとAIDSの違いを説明せよ。
C. HIV予防に大切な「ABC」とは何か。

ザンビアに来る前、自分はこれらの質問にどれだけ答えられただろう。
自分の知識がどの程度だったか、もはやまったく覚えていません。

ザンビアやその他のHIV感染率の高い南部アフリカ諸国にいたら、
これくらいの質問は答えられるのが当たり前。

それでは、答え合わせしてください。

①HIVとはウィルスである:○
 → Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウィルス)の略。

②HIVはキスで感染する:×
 → 唾液では感染しません。

③HIVは蚊を媒介して感染する:×
 → HIVは蚊の体内で死にます。

④HIVは母乳で感染する:○
 → 母乳による感染は、主な感染経路のうちのひとつ。

⑤HIVは性交渉で感染する:○
 → unprotectedな性交渉も、主な感染経路のうちのひとつ。
   unprotectedのいい日本語訳ってなんだ?「コンドーム不使用の」?

⑥(HIV以外の)性感染症に罹患しているとHIVに感染しやすい:○
 → 抵抗力が弱くなるので、感染しやすくなります。

⑦HIVは一度感染してしまったら一生感染したままである:○
 → 今のところ、ウィルスをやっつける薬はありません。

⑧HIVに感染したらすぐAIDSを発症する:×
 → 潜伏期間はだいたい数年~10年くらい。

⑨AIDSを治す薬はない:○
 → 今のところ、ありません。

⑩全世界のHIV陽性者の半分以上がサハラ以南アフリカにいる:○
 → 世界人口の10%強の範囲に世界のHIV陽性者の60%以上が集中。

A. HIVの主な感染経路を3つ挙げよ。
 → 母子感染、性交渉、血液感染。

B. HIVとAIDSの違いを説明せよ。
 → HIVはAIDSを引き起こすウィルス。
   AIDSは「後天性免疫不全症候群」といって、免疫不全を起こす。

C. HIV予防に大切な「ABC」とは何か。
 → Abstain, Be Faithful, Use Condom
   ①性交渉をしない ②一人のパートナーしか持たない ③コンドームを使う
   これ、ザンビアでは小学生でも言えます。

いかがでしたか。
とにかく、知ってください、エイズのこと。
正しい知識が感染拡大防止につながる、そう信じています。

ちなみにこれらの問題は、
私が二本松訓練所やこちらで学んだことから選びました。
ほとんどがこちらでの予防啓発ワークショップなどでよく使われる問題です。
数字は二本松で受けた講義の資料を参考にしています。
2012.01.27 Fri l HIV/エイズ l top
最近気づいたこと。
お隣の国、マラウィについて。

今までずっと「マラウィ」って書いてきたけど、
よくよくいろんなものを見ると、どれもこれも、
小さい「ィ」じゃなくて、大きい「イ」で「マラウイ」って書いてある!

たしかに、パソコンで「まらうぃ」で変換しようとすると、
「マラ」と「ウィ」に分かれて変換されるけど、
「まらうい」で変換すると、「マラウイ」と一語となる上に、
「英語に変換」までできる!

なんと・・・
知らなかった・・・

あれですね、Canonが「キャノン」じゃなくて「キヤノン」なのと同じ。
あ、でもCanonの場合、「きゃのん」でも「きやのん」でも英語に変換できる!
さすが世界のキヤノン。

・・・と思ったら、「きゃのん」の英語変換は「cannon」だった!
「Canon」ではなかった!

いやー、IMEって変なところで正確にできてるんだな・・・

でも、発音の近さで言ったら、絶対「マラウィ」ですよね?
2012.01.27 Fri l つぶやき l top
2012年1月23日、ザンビア政府がデノミネーションを行うと発表しました。
3桁減らすらしい。準備期間が6か月、7月施行とか。

1,000クワチャが1クワチャに!
50,000クワチャが50クワチャに!
そして、かつて使われていたコインが復活!
Ngwee(ングウェー、クワチャの下の単位)復活!

こりゃ大ごとですな。
紙幣の交換とか、ものすごい混乱しそう。
どうなるんだろう。ちょっと見てみたかった気もする。

英語では"drop three zeros"とか"rebase"とか言うんですね。
わかりやすい。

私、ピン札を結構溜めてるんですが、
使わないといずれただの紙切れになっちゃいますね。
あ、でも逆に価値が上がったりするのか?
とりあえず最低1枚ずつは取っておくことにしよう。

この機会に、今まで説明しようしようと思ってしてこなかった、
ザンビアの通貨についてご説明いたします。

現行のザンビア貨幣の単位は、クワチャ。意味は「夜明け」。
(ちなみにマラウィの貨幣単位もクワチャ。さすがお隣さん。)
ISOコードは「ZMK」、普段は単に「K」と表記されます。

昔はコインが使われていて、クワチャの下のングウェーという単位もあったのですが、
どんどん進むインフレによりいずれもなくなってしまいました。
(ングウェーの意味も「夜明け」に似ていたような・・・。)
コインなしってのは、財布が重くならなくて便利なものです。

現在の最小額面紙幣は50クワチャ。
いや、20クワチャもまだ出回ってると聞いたことがあるけど、
私はお目にかかったことがありません。
あ、ときどきおみやげマーケット屋さんで売っているような気も。

私がザンビアに来た当時、2010年3月の時点では、
1ドル=4700クワチャくらい、そして、1円=ちょうど50クワチャでした。
円への換算が非常に楽で、「0を2つ取って2をかける(=50で割る)」と教わりました。
10,000クワチャなら200円、50,000クワチャなら1000円。
なんともわかりやすかったものです。

ところが今、2012年1月時点では、
1ドル=約5100クワチャ、1円=約65クワチャに。
円換算が面倒になった代わりに、ドル換算が楽になりました。
10,000クワチャが約2ドル、50,000クワチャが約10ドル。

最大額面は50,000クワチャ。
でもそれでも約10ドルなわけで、
100ドルだと50万クワチャ、200ドルだと100万クワチャになります。
こんな桁の大きい計算にも慣れまして、スイスイと換算できます。

あまりに桁が大きいので、ザンビア人は1000のことを「pin」と呼びます。
3000クワチャなら「3ピン」、1万クワチャなら「10ピン」。

ザンビア在住日本人は、「500ピン」にも「50万クワチャ」にも慣れています。
が、100万クワチャ以上の場合、「1000ピン」とはまず言わず、「1ミリ」と呼びます。
「ミリ」は「ミリオン」の略ですね。
誰がいつ言い出したんだろうな。

さて、では、お札を1種類ずつご紹介していきましょう。

今回お札を初めてまじまじと見て、いろいろなことに気がつきました。
すべてのお札の表面に国鳥フィッシュ・イーグルが描かれているのは知っていたけど、
すべてのお札の裏面にフリーダム・スタチュー(ザンビアの自由の象徴、
実際の像はルサカにある)が描かれているとは知らなかった。
そして裏面のいろんな動物、気にとめたこともありませんでした。

<50クワチャ札>
s-DSC08523.jpg   s-DSC08525.jpg
裏はシマウマに何かの工場。
K50で買えるもの:小さなガム1つ。それ以外に知らない。

<100クワチャ札>
s-DSC08527.jpg   s-DSC08528.jpg
裏はバッファローにビクトリアの滝。
K100で買えるもの:やっぱりガムくらいか。
コンドームが1つK300くらいだったような。
(激安だけど、こっちでは結構無料で配っている。)

<500クワチャ札>
s-DSC08529.jpg   s-DSC08530.jpg
ポリマー紙幣。くしゃくしゃにならなくて便利。
裏はゾウさん。そして畑の風景。
K500で買えるもの:フリッター1つ。超ちょっとした自転車修理。

<1000クワチャ札>
s-DSC08531.jpg   s-DSC08532.jpg
これもポリマー紙幣。最もよく使うお札。
裏はツチブタ。アドヴァーク。
K1000で買えるもの:バナナ3本。ちょっとした自転車修理。
バス代はたいていK2000~K3000。トイレットペーパー1つK2000くらい。

<5000クワチャ札>
s-DSC08533.jpg   s-DSC08534.jpg
これはポリマー紙幣じゃないのだけど、意外とよく使うので、
最もくちゃくちゃ・びろびろになっている紙幣。
裏はライオン。これだけ知っていた。そしてキャッサバだ。
K5000で買えるもの:食パン1斤(やや高め)。卵6個。
コーラ300m缶。玉ねぎ1kg。じゃがいも1kg。ビール1本。

<10,000クワチャ札>
s-DSC08543b.jpg   s-DSC08544b.jpg
裏はポーキュパイン。ヤマアラシ。
K10,000で買えるもの:お昼のシマ(with small pieceチキン)。
果汁100%ジュース1リットル。ルサカから1時間先のカフエまでのバス代。
シャワマ1本。私が一度にチャージする携帯通話代。
道端で売ってる中国の海賊版DVD1枚(映画が20作くらい入ってる)。

<20,000クワチャ札>
s-DSC08535b.jpg   s-DSC08536b.jpg
裏はリチュウェ。アンテロープの1種。
K20,000で買えるもの:おしゃれカフェのおしゃれデザート。
数キロ先までのタクシー代。上等チテンゲ2m分。

<50,000クワチャ札>
s-DSC08537b.jpg   s-DSC08539b.jpg
裏は、ザンビアではお目にかかるのが難しいレパード。ヒョウ。
そしてルサカのタウンにあるバンク・オブ・ザンビア。中央銀行。
表は、カブウェにあるザンビアで一番大きな木
K50,000で買えるもの:パンテーンのシャンプー1本。
中華レストランでの外食1回。おしゃれカフェのハンバーガープレート1皿。

以上、ザンビア紙幣のご紹介でした。
個人的には人物像がないところが気に入っているのですが、
果たして新紙幣はどんなデザインになるのやら。

最後に、ハイパーインフレの国、お隣ジンバブエのジンバブエドルもご紹介。
s-DSC08542b.jpg
100,000,000,000,000ドル札。
one hundred trillion dollars.
100兆ドル。
おみやげものとして、ザンビア国内で買えます。
これは、たしか、1枚でK40,000くらいだったような。

それと、チテンゲ狂べじーたさんのブログ「ザンビア的 野菜生活」より、
ザンビアのお金」という記事(2010/07/10付)もどうぞご参照くださいませ。
2012.01.26 Thu l 政治・経済・社会 l top
先日、大みそかにザンビアが誇るアトラクション、
高さ111mの国境バンジージャンプのロープが切れたニュースをお伝えしました(コレ)。

どうやら、事件発生から1週間後の1月8日(日)に、
観光大臣が飛んだようです。

BBC News - Africaのページを見ていてこんな記事(2つ)を見つけました。

Zambian minister offers to bungee-jump with Langworthy
Is it a bird? Plane? No it's Zambia's tourism minister


飛んだ日付は具体的には書かれていませんが、
この1月11日付の記事に「日曜に飛んだ」と書いてあるので、8日かと。

せっかくの映像、私のモデムでは読み込めません。
大臣、飛んでますか?

ビクトリアの滝はザンビア最大の観光収入源。
イメージ回復に観光大臣も必死です。

この記事によると、17年前にバンジーが始まって以来、
ロープが切れたのは15万回目にして初めてだったとか。

Mr Lubinda, who has bungee-jumped once before, said he was very confident that the rope would not snap.

He also pointed out that, as far as the records show, Ms Langworthy's accident is the only one out of the estimated 150,000 jumps since the sport was introduced to Zambia 17 years ago.


いやいやいや。
この大臣さん、いかにも「リスクは低い!」と言いたげだけど、
「オンリーワン」とかじゃなくて、1度でも切れてはダメでしょうが!

その間、いったいどれだけのロープが交換され、
どれだけの点検が行われたのやら。

ま、観光大臣も飛んだことですし、
みなさん、ぜひ引き続きビクトリアの滝にはおいでください。
飛ぶかどうかは自己責任で。
2012.01.25 Wed l 旅・観光 l top
あきよしさんが年明けすぐにキリマンジャロ登頂を果たしてきました。
(あきよしさんのブログ記事はこちら。)

201201_21_05_a0017705_822650.jpg

おや?

と思ったあなた、そう、頂上の看板が変わったらしいのです。
私が登ったときのはこちら。

s-RIMG0577.jpg

ほぼ同じアングル。
いつ変わったんですかね。
2012.01.25 Wed l キリマンジャロ l top
こっちのプリペイド式携帯電話にお金をチャージするためのカード、
「talktime(トークタイム)」には有効期限があります。

s-RIMG7086.jpg

たまーに有効期限の切れているものが売られていることがあるので、
買うときにはいつもこの有効期限を確認します。

私、実はこの期限が自分の帰国日を越えたとき、
密かにうれしかったのです。

それが今日買ったら、ご覧のとおり、期限は2013年。

早いもんだな。

ちなみにトークタイムと一緒に写っているのは、インターネット用のモデム。
これをパソコンに差してインターネットしています。
2012.01.25 Wed l つぶやき l top
普段サッカーにそこまで関心のない私は、大きな試合のときだけのにわかファン。
2010年のW杯南ア大会は、
パブリックビューイングなんかに行って、楽しく盛り上がりました。

ザンビア人は、みんなサッカー大好き。
なでしこジャパンが女子W杯で優勝したときには、
なんと多くのザンビア人に「おめでとう!」と言われたことか。

そんなサッカー大好きな国の多いアフリカで、
1月21日、アフリカのチャンピオンを決める、
アフリカネイションズカップ2012(ガボン/赤道ギニア大会)が開幕しました。

ザンビアが出場することはかろうじて知っていたものの、
いつ始まるか、対戦相手はどこかなどまったく知らなかったのですが、
ザンビアが出場する開幕戦があった昨夜、
たまたまドミの2軒隣のバーで飲んでいて、
たまたまバーのテレビスクリーンで観戦しました。

相手はセネガル。
セネガルといったら、あの2002年の日韓共催W杯の開幕戦で、
フランスを破ったという強豪(昨日知った話)。
そんなセネガルを・・・
ザンビア代表チポロポロ(愛称)、なんとなんと2-1で破りました!
いやー、おめでとうチポロポロ。
うれしいですね。

Yahoo!ニュース(日本版)にも載っています。
ザンビア監督、セネガル撃破のチームを称える

次戦は25日(水)、対戦相手はリビア。
その次が29日(日)、赤道ギニア。

どこまで行くかなチポロポロ。

チポロポロ(Chipolopolo)ってかわいい名前で気に入っているのですが、
ウィキペディアによると、「銅の弾丸」という意味らしい。
そんな意味の単語があるなんて、おもしろい。
何語だろう。ベンバかな?
銅はザンビアの最大の産出物です。

しかし「サッカーザンビア代表」なんて項目まであるんですね、ウィキペディアには。
このページにも書いてありますが、
ザンビアのサッカー代表といえば、飛行機の墜落事故で、
メンバーのほとんどが亡くなってしまったという悲話が有名。
1993年の出来事だそうです。
聞いた話だと、それまでは結構強かったとか。

でも、ネイションズカップ代表別通算成績(2010年大会終了時点)で、
チポロポロ、6位じゃないですか!
結構強いんだ。

29日の試合はまたバーに観に行こうかな~。
がんばれ、チポロポロ!
2012.01.22 Sun l 祭り・行事 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。