上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ザンビアから日本にハガキを送るには、2,500クワチャ(約50円)かかります。
(ちなみに封書は倍の5,000クワチャ。)

ずっと前に買い溜めておいた切手がこちら。

DSC07804.jpg

K1000切手はオリジナル額面のK700が二重線で消されK1000に、
K1500切手は同じくK1800が消されてK1500に。

なんだか簡単に偽造できそう。
スポンサーサイト
2011.09.30 Fri l 情報・通信 l top
6月に雨が降ったときには、心底たまげました。
そしたら、7月にも雨が降りました。

昨年は4月に雨季が終わってから10月末まで、一滴も降らなかったんです。
だから、乾季ってそういうもんだと思ってました。

ところがところが・・・

今日、9月29日、ルサカで雨が降りました。

夕方、「ん、雨?!」というくらいの微かな雨。
日が暮れてから、雷らしきものがピカッと光り、
そのうちゴロゴロ鳴り出しました。
そして、ザザーッと夏の夕立のようなどしゃ降り。

久しぶりの雨の匂い。
懐かしい匂い。

聞いたところによると、北部州では先週雨が降ったそう。

いやぁ、去年とは随分違うなぁ。

2年いてよかった。
ザンビアでは乾季には6か月間一滴も雨が降らないんだよ!
と、日本に帰って言いふらすところでした。
2011.09.29 Thu l 地理・気候 l top
チテンゲには実にいろんな柄があって、
これはべじーたさんのブログの「チテンゲカテゴリ」に詳しいのですが、
たまに、「え、え、その柄でドレス作っちゃう??」という、
日本人的感覚からするとなかなか受け入れ難い柄のドレスを着ている
おばさんがいらっしゃいます。

今日はお二方をご紹介。
(写真は無断掲載、というかそもそも撮影も無許可。
遠くからズームで撮りました。ごめんね、おばちゃん。許してね。)

まずは・・・

RIMG6608.jpg

あんまり近付けなくてよくわからなかったんですが、
貝の模様の上に散りばめられているもの、これお札ですよねぇ?
「500」とか書いてあるし。
「ECONOMIQUE」という文字がかろうじて見えるけど、これフランス語?
ということはコンゴ産?

お札柄のドレス・・・着ますか??


そしてもうお一人。

RIMG6660.jpg

指チテンゲ。指チテンゲドレス。
手だけならまだしも
(いや、手だけでも十分にグロいか、しかも穴開いてるように見えるし)、
なんで指が一本一本切り離されて並んでるんですか!
実にグロい。グロすぎる。

この柄、実は超ポピュラー。
ドレスにしなくてもいたるところでこれを巻いてるおばちゃんを見かけます。

この柄のいったいどこがお買い上げポイントなんでしょう?
何を思ってみなさんこんなチテンゲ身につけるのでしょう?

ザンビア人の感覚、ほんと理解できません。。
2011.09.29 Thu l l top
今、総武線の手すりがライトセーバーになってるらしいじゃないですか。

104_20110926_14441.jpg

いいなぁ!

乗りたいなぁ!

わざわざ乗りたいと思わせるこんな広告を思いつく人、すごい。
アリサカさん、まさにこういうお仕事してたんですよね?

ライトセーバーといえば、
しばらく前に「スター・ウォーズ」をエピソード1から5までイッキ見したんですが
(6は持っていると思ったら持ってなかった・・・ショックだった・・・)、
1~3のライトセーバーに見慣れたあとに4を見たら、
その色の薄さと形状の薄っぺらさにびっくりした記憶があります。

3のあとに4を見ると、いろいろと思うところがありますね。

こんなおしゃれな交通広告、どんどん出るといいと思う。
2011.09.28 Wed l ザンビアじゃない話 l top
ある朝、ふと見ると家の中にゴキブリの死骸が。
あらあらと思いながら始末(といっても庭に放り投げるだけ)し、
ついでに部屋の掃除をしようと思い立ちました。

で、寝室を掃いていると、なんとカーテンの下から出てきたのは・・・


ジョニーJr.のホトケさま・・・!!!

(ジョニーについてはこちらをどうぞ。)

ヤモリの死体見るの、はじめて。
心からゾッとしました。

ああ、片付けるのほんと気持ち悪かった。
目をそむけながらちりとりに入れて、すぐさま庭へ。

さすがに写真も撮れませんでした。

いやー爬虫類の死骸は勘弁してくれ。
まじで気持ち悪い。

気持ち悪がってごめんね、ジョニー。
M.H.S.R.I.P.
(May His Soul Rest in Peaceの略、決まり文句です。)

シャーロットはどうか我が家で死なないでね。頼んだよ。
2011.09.28 Wed l 住居 l top
協力隊員には、3か月ごとに別れの季節がやってきます。

別れと同時に普段は新しい出会いもあるのですが、
今回、大統領選の影響で、23-2次隊としてザンビアに来る人がゼロ。
それがよりいっそう、今回の別れを強調させるような気がします。

昨日、1年半お世話になった21-2次隊のみなさんが
日本への帰国の途に着きました。

1年半もの間ルサカで一緒に生活していた隊員が帰ってしまうのは、
さみしいものです。
平日には、JICA事務所や道端でしょっちゅう顔を合わせ、
週末になれば、フットサルしてドミでご飯作って食べるのがいつものこと。
1週間会ってないと「久しぶり!」。
「また焼けた?」とお互いよく言い合ってました。
うちの配属先から徒歩15分のKabulonga Basic、
なんだかんだ5回以上行きました。
はらはらとよしくんのいないルサカなんて考えられなかったけど、
ついにそのときが来てしまったのだなぁ。
不思議でしかたない。
よしくん、今までありがとう!

数えてみれば、これで先輩隊員を見送るのは6回目。
帰国報告会も送別会も、もう6回も参加したのか。
1月頭に7回目のお見送りをすれば、次は自分たちの番。
自分も古株になったものです。

任期残り半年。

折り返し点の1年を過ぎたときにも思ったけど、
時が経つのが段々と早くなっていく気がします。

これからも健康に気をつけて過ごしたいと思います。

みなさん、早くザンビア来ないと私日本に帰っちゃうよ!
2011.09.27 Tue l 日記 l top
投票日から3日目の朝。

今朝起きてみると、夜中の1時半にJICA調整員からSMSが来ていました。
(混乱を避けるため、結果は夜に出るらしいという話は聞いていました。)

"PF president is declared President of Zambia."

PFが勝ったようです。
政権交代じゃないですか。

平日のラッシュアワーの時間帯にも関わらず、
交通量は非常に少なく(これは昨日、おとといも同じでした)、変な気分。

それでも、
クラクションを鳴らしまくってPF勝利の喜びを表現する車が多数、
ブブゼラの音もあちこちから聞こえるし、
音楽もガンガン鳴っているし、
何やら人だかりができているのも見たし、
とにかく騒がしいです。

道行く人々は、挨拶代わりに、
PFのマークである拳を高くかかげるポーズを交わしています。

ルサカはPF支持が多数派だったようですが、
各地、どうなっているのでしょうか。
暴動など起こっていないことを願います。

昨日一斉に閉まってしまったお店、今日も閉まったままかなぁ。
まぁ、むやみに出歩かないに越したことはないですね。

今日は日本は秋分の日。
天高く馬肥ゆる秋、読書に励むか。
2011.09.23 Fri l 政治・経済・社会 l top
大統領選(&議会選)投票日から1日半が経ちました。
開票結果はまだ出ていません。

結果は投票日から48時間以内に公表することになっているそうなのですが、
既に結果発表の遅延に反発してあちこちで騒ぎが起こっているらしいです。

ただいま17時前ですが、今日のお昼に、午後に開票結果が出るという噂が流れ、
その後30分もしないうちに、
騒ぎや暴動を恐れてルサカ中のお店、銀行、会社が閉まり、
ルサカは瞬く間に家へ急ぐ車で大渋滞となりました。
びっくり。

聞くところによると、野党第一党のPFサタ党首がリードしていて、
与党MMDがそれを覆そうと頑張っているとか。
(もう投票は終わっているんですけどね。)

いったいどうなることやら。
政権交代が実現するのでしょうか。

非日常な感じがひしひしとして、ふわふわした不思議な気分です。
2011.09.22 Thu l 政治・経済・社会 l top
今日は大統領選の投票日。
一日中、自宅待機してました。

疲れた。
なんもしてないのに疲れた。

かんぬき2つとでっかい南京錠2つの鍵を開けるのがめんどくさく、
一歩も外に出ませんでした。

朝からずっと物音ひとつせず、不気味なくらい静かだったけど、
18時近くになって、やっと子どもの遊び声が聞こえてきました。

夕方になってJICAから回ってきた安全情報によれば、
ルサカではそれなりにいろいろ起こったらしい。

・投票用紙に与党への投票を示唆するマークがつけられていた?
・道路が封鎖された
・投票箱が強奪され、投票用紙が燃やされた
・野党PFサタ党首の車両が襲われ窓ガラスが破損した
・投票用紙の不正に抗議した暴動・投石が発生、警察が催涙弾で鎮圧した
・投票所で暴力沙汰が発生した

これらはほとんどコンパウンドで起こっており、
開票結果が出るまで、活動には行かないようにと連絡が来ました。
(私の配属先はコンパウンドのすぐ近く。)

しばらく選挙休暇だな。
2011.09.20 Tue l 政治・経済・社会 l top
大統領選の投票日が近づいてきました。

私たちJICAボランティアは、
投票日である20日(火)は自宅待機することとなっています。
前日の19日(月)から26日(月)までの1週間も、
地域の治安状況によっては活動をお休みし、外出を控えましょう、という指示。

私の配属先はコンパウンドの近くであるため、
19日(月)も活動に行かないようにと言われています。
コンパウンドとは貧困地区なのでそもそも治安もあんまりよくないし、
何かと小競り合いやら何やらが起こりやすいということです。

また、タウン(中心地)も人が多く何かと事件が起こりやすい場所であるため、
タウンのバスターミナルを通って通勤するボランティアなどにも、
同様の指示が出ていること。
結局ルサカ隊員は、ほとんどが19・20日とも自宅待機になるのではないでしょうか。

とあるルサカ隊員は、配属先自体が19日から1週間お休みになるとのこと。

また、情報通のカトちゃんによると、
日本に限らず在ザ各国政府が、投票日当日は自宅待機など、
同じような対応を取っているようです。

20日、街中からムズング(肌の白い人)が一斉に消えるというわけですね。

どうやら20日はパブリック・ホリデーになるそうで、
お店も銀行も全部閉まるらしいです。
学校はそもそも投票所になるところが多く、休業。

ザンビア人でもそれなりに警戒をしている人は多いようで、
隊員も同僚に「週末はタウンに近付くな」と言われていたり。

私が19・20日は出勤しない旨をダイレクターに伝えると、
ダイレクターも「そうよね。わかるわ。ノープロブレム。」と。
ただダイレクターいわく、投票日はきっと何事も起こらない、
何かあるとしたら、開票結果が出てから、とのこと。

確かにいろいろな情報を聞いている限り、開票後のほうが危なそうです。

どうなるんでしょうねぇ。
過去4回の大統領選を平和に終えているザンビア、
今回も何事もなく平和に終わりますように。

簡単に情勢をご説明しますと、今回行われるのは総選挙。
大統領、国民議会議員、地方議会議員をみんなまとめて選ぶそうです。

大統領選の有力候補は3人。
与党のMMD(複数政党制民主主義運動)から現職のルピア・バンダ氏。
PF(愛国戦線)からマイケル・サタ氏。
そしてUPND(国家開発統一党)から、ハカインデ・ヒチレンマ氏。
特にMMDとPFが二大政党で、
MMDのバンダ氏かPFのサタ氏かで接戦になりそうなんだそうです。
前回もこのお2人の接戦で、得票差率はわずか2%弱。

国民議会選挙は、候補者が政党を鞍替えして出馬した選挙区が注目らしく、
すなわちそういう選挙区は治安面からも気をつけたほうがよいとのこと。
幸い我が家の付近にはないよう。Kabwataがちょっと近いくらい。

ザンビアでの選挙活動は、見聞きする限り、とにかくばらまき作戦。
そして対立政党に対する妨害・野次飛ばし作戦(バスターミナルでの投石など)。

街中は各政党のポスターで溢れています。
木、立て看板、壁などあらゆるところに無造作に貼られています。

バンダ氏やサタ氏の顔を大きく印刷したチテンゲもお目見え。
支持者は支持政党のチテンゲを巻いて街を闊歩しています。

選挙の宣伝カーはミニバス。
窓から大きな旗を掲げてクラクション鳴らしまくって暴走。
騒がしいことこの上ない。

写真がないのが申し訳ないです。
撮ろうと思えば撮れるのですが、なかなか難しくて。

ちなみに各政党のイメージカラーは、MMDが青、PFが緑、UPNDが赤。

今流行しているフレーズは、PFの宣伝文句、"Don't kubeba!"
kubebaとはベンバ語で「話す」という意味だそうで、すなわち「何も言うな!」

どういうことかというと、
自分がPF支持だということは隠しておいてMMDがばらまいているモノは
もらうだけもらって、投票はPFに!ということなんだそうです。

このフレーズが流行っていて、歌もあるそうで、
みんないろんなところでDon't kubeba!を使っているそう。

ルサカではそんなに選挙活動が激しい印象はないのですが、
コッパーベルト州隊員のブログなどを読むと、毎日かなり激しく騒がしいよう。

各州に支持基盤がありますが、それに加えて、
MMDの支持基盤は地方労働者層、PFの支持基盤は都市部労働者層だとか。

私の行動範囲内で一番目に付くのは、MMDの青い旗やポスター、そしてバンダ氏の顔。
やはり与党だからお金もたくさんあるし強いのかなぁ、なんて思っています。

私はといえば、選挙対策として、今日活動の帰りに、
念のためスーパーで食料やビスケットなどを買い込み、
ザンビアンクワチャ及びUSドル現金もいくらか下ろしてきました。

JICAからの指示は、「最低1週間分の食糧・飲料水を備蓄しておくこと」。

あ、予備トークタイム(携帯電話にチャージするプリペイドカード)買うの忘れた。
明日どこかで買い溜めしておこう。

万一治安が著しく悪化した場合、すぐに国外退去できるように、
荷物もまとめておくこと、という指示も受けています。
パッと取り出せるように、リストでも作っておこうかな。

2日間も自宅にこもっていったい何をしようと思っていましたが、
よく考えればやることはいっぱいあるものです。
とにかくまずは、JICAに提出しなければいけない活動報告書を書いてしまおう。
着任18か月目の今月23日前後までに、第4号報告書をまとめなければならないのでした。
それからずっと前(昨年12月)に受講したニャンジャ語コースの復習。
最低この2つは終わらせるぞ。

また選挙に関して何かあればお伝えします。
どうか何事もなく終わりますように。
2011.09.16 Fri l 政治・経済・社会 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。