上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
漫画「のだめカンタービレ」、学生のときに流行っていました。
学生オケをやっていた私、2つ3つ下の子が入ってきたとき、
「のだめを読んで憧れて入りました!」という子がいて、
「ほえー」と思ったものでした。

たしかに漫画はおもしろい。
学生オケが人気になってうれしいなーと思ってました。

で、ドラマ。
見たことありませんでした。
ザンビアに来て、はじめて見ました。
おもしろい!
予想以上におもしろくて、ハマってます。
玉木宏、かっこええ。

でね、R☆Sオーケストラの初舞台。
みなさん見ました?

あのホール、「府中の森」!
我らのホームグランド、「府中の森」!!
最初の一瞬でわかるくらい、「府中の森」!!!

いやー、うれしかった。
勝手知ったるホールが外観から裏手から舞台から写って、
どこからどこを見てもわかって、いやー、ほんと、うれしかった。

オーケストラ、やりたい。ほんとやりたい。
大学4年で辞めてから、コンサート行くたびにどうしようもなくやりたくなっていましたが、
ザンビアなんかに来てしまってもう2年間は絶対できない環境なんかにいると、
ますますやりたくなるものですね。
帰ったら絶対アマオケ入るぞ。

というわけで、宣伝です。


オーケストラHAL 第2回演奏会

日時:2011年 8月28日(日) 開場 13:30 開演 14:00

場所:杉並公会堂 大ホール

曲目:ブラームス 交響曲第二番
    ブラームス ハイドンの主題による変奏曲
    ニールセン ヘリオス序曲


あれ?
これ、今日じゃないか?!∑(*゚д゚*)ハッ!!
今、ザンビアは27日深夜。もう28日になってしまいました。
日本は今頃28日朝8時・・・

みなさん、今日です!
杉並公会堂へ急いで!

会場は我らがホームグランド「府中の森」ではありませんが、
オーケストラHALは、私にとって、とてもゆかりのあるオケ。

杉並公会堂も、私にとってはとても身近なホール。
なんてったって私、杉並出身です。
小学校のときから、区立中学合同演奏会なんかで行っていました。
当時から響きのよさは随一と言われていましたが、
今は改装されてさらにパワーアップしています。

団員のみなさん、会の成功を祈ります。
いい演奏会になりますように。

帰国したら入れてねー!
スポンサーサイト
2011.08.27 Sat l 映画とか音楽とか l top
もう8月も下旬。
いまだに朝晩ユニクロのもこもこフリースを着ています。
去年、こんなに寒かったっけな。

道々でジャカランダが色づき始めました。
去年、こんなに早かったっけな。
ジャカランダは9月に入ってから、という気がしてました。

と思っていたら、ここ数日で一気にぐんと暑くなりました。
日差しが強い。

一日一日とジャカランダの紫色が街に増えていってどんどんきれいになっていくのですが、
まだ良い写真が撮れていません。
せっかくのジャカランダの話題なのに、写真がなくて申し訳ない。

今までチャリ片道30分乗っても汗かかなかったのに、
そろそろ、バックパックの跡そのままの汗をかく季節が、
ついにやってきました。

10月、暑いんだろうなぁ。
去年めちゃくちゃ暑かったもんなぁ。

今年の真夏の目標。

「暑いからといってすぐにコーラを飲まない。」

がんばります。
2011.08.27 Sat l 地理・気候 l top
最近、困っていたことがありました。

タスクバー

私のパソコン、Windows7。
デスクトップにはこんなタスクバーが表示されています。
上の図は、Wordのアイコンの上で右クリックしたところ。

ここを右クリックすると、
本来ここに「最近使ったもの」が表示されるはずなのです。
私、この機能を多用していました。
ほとんどのファイルはここから開いていました。

それが、
いつからか「メモ帳」に限って「最近使ったもの」が表示されなくなり、
ついには最近、Wordでも表示されなくなってしまいました。
これは困った。

こういうときは、インターネット。

会社員時代、エクセルでわからないことがあると、なんでも検索したものです。
そしてどんな答えでもネット上で見つかるものです。
わからなくって先輩に聞くと、先輩はいつでも答えを見つけ出してくれました。
いろいろ調べましたね、先輩!

で、調べてみたんですが、原因はなんだかよくわからず。
パソコンって難しいもんですな。

対処法は、いろんなサイトに載ってましたが、以下のとおり。
同じことがたくさん書いてあったので引用元は省略。
自分でやる人はちゃんとしたサイトでちゃんとお調べくださいませ。

①エクスプローラーで以下の2つの場所へ。
%AppData%\Microsoft\Windows\Recent\CustomDestinations
%AppData%\Microsoft\Windows\Recent\AutomaticDestinations

②そこにあるファイルを全部消す(または別の場所へ移動させる)。

たったこれだけ!
「システムフォルダをいじる」という響きにドキドキでしたが、
これで無事「最近使ったもの」が復活しました。

すげー。

一度全部消えてしまうのですが、そこでリセットされて、
それ以降に開いたファイルがちゃんと表示されます。

いやあ、もっと早く調べるんだった!
2011.08.24 Wed l ザンビアじゃない話 l top
airtelという通信会社のケータイには、
Rewardzポイントプログラムというものがあります。
トークタイムをチャージしたり何やらすると、
知らぬ間にポイントが貯まっていって、
それを無料通話や無料SMSと交換できるというシステム。

肝心の何をすれば何ポイント貯まるってとこを知らないのですが、
私が知っている範囲で活用法をご紹介します。

<まずは登録>
「RZ」というテキストを「4004」に送る。

<ポイント残高確認>
「P」というテキストを「4004」に送る。

<ポイント交換>
①450ポイントでオフピーク時の無料通話25分
「R MIN25」というテキストを「4004」に送る。

②75ポイント(たぶん)で無料SMS25通分
「R SMS25」というテキストを「4004」に送る。

このほか、たぶんもう1年くらい前のことですが、
何ポイントかあればZainマーク入り特製ボトルがもらえる、
なんてキャンペーンをやっていたこともありました。
(当時は買収される前でairtelでなくZainというブランドだった。)

ここまでご紹介したこと、すべて人づてに聞いて知っただけのことなので、
このプログラムの概要がいまいちわかりません。

オフピーク時っていつなのか。
今まで無料になった時間帯を考えると、23時~8時くらいか。

そして、ほかにもポイント交換の特典はあるのか。

さらに私、25通の無料SMSを登録したはずなのに、
なぜか37通の無料SMSがありますって表示されたり。

RIMG6282-83.jpg   RIMG6285-86.jpg

意味がわからない。
ま、多くもらえる分にはいいのだけど。

こういうのはザンビア人に聞くのが一番なのですが、
私の身近なザンビア人はおじちゃんおばちゃんたちばかりで、
こんなこと絶対知らない。

どなたか詳しく知ってる方、教えてください!
2011.08.24 Wed l 情報・通信 l top
突然、見知らぬ番号からケータイにSMSが届きました。

mng madam,may b u so a mat 4 heads at the tap ystde as u where working with tha children?

読めますか?
わかりやすく書きなおすと・・・

Morning madam, maybe you saw a mat for heads at the tap yesterday as you were working with the children?

となります。

「マダム、おはようございます。昨日マダムが子どもたちと(何か)しているとき、タップのところでa mat for headsを見ませんでしたか?」


はて、何のことやら。

送る相手を間違えたのか、いたずらSMSか。

送る相手を間違えたにしても、
登録もしてない知らない番号に間違えたりしますかね?
それとも相手は私の番号を登録していて、
ひとつ下だか上だか間違えて選択しちゃったのかなぁ。

いたずらだとしたら、意味がわからなすぎる。
そしてその効果もわからない。

マダムとは、ここザンビアでは年齢などに関係なく女性一般への呼びかけ。
私が女性であるということを知っているのか。
そして「working with children」ってのも気になる。
いかにもボランティアっぽいではないか。

ていうか、「タップ」ってどこ?
a mat for headsって何??

こういうのは気にしないのが一番ですね。
きっとただの間違いだろう。

しかしながら、ひそかにうれしかった発見は、
この送り主、wereと打つところをwhereと打っているということ。

アメリカ英語だったらこの2つの単語、発音がきっぱり違います。
故に打ち間違えることもないはず。

ザンビア英語では、この2つ、同じ発音なのです。
(つい先日、この記事で書いたように。)
発音が同じだから、ついついミススペリングしちゃうんですね。
日本人が「行った」と「言った」を打ち間違えるようなものですね。
まあこの場合は変換ミスではなく、
わざわざいらないところにhを入れてしまうという能動的(?)なミスですが。

いやあ、なんか、やっぱりそうなんだと思って、うれしかった。
誰だかわからんが、SMSどうもありがとう。
2011.08.24 Wed l 言葉 l top
ザンビアではソーセージのことを「Hangarian」と呼ぶ、と書いたら、
ボツワナのNobukoさんから耳より情報をいただきました。

なんと、ボツワナではソーセージのことを・・・

「Russian」


と言うそうです。
まじかい。

ところ変われば呼び名も変わる。
すぐお隣の国なのに。
なんとも興味深い。

やはりボツワナ侮れません。
ザンビアとは全然違う国みたいだ。
(ボツワナへの憧れについてはこちら。)

Russianは辛いソーセージのことだそう。
ザンビアのHangarianはニンニクたっぷり、油ギトギトです。
辛いっちゃ辛いかな。

世界各地にいるみなさん、
あなたの国でのソーセージの呼び名、教えてください!


ボツつながりの話題をひとつ。

ボツワナの首都はGaboroneといいます。
この綴りで「ハボロネ」と読みます。

なんでだろう?と疑問に思いつつ、調べようともしなかったのですが、
よくよく考えてみれば答えは簡単。
アフリカーンスの影響でした。

アフリカーンスとは南アフリカで話されている言葉。
オランダ語から派生した言語。

オランダ語もアフリカーンスも、gと書いて発音記号[x]の音で発音します。
[x]とは、専門的にいえば軟口蓋摩擦音、ドイツ語だとchの綴りで表される音。
道端のおっちゃんが喉の奥から「がががーぺっ」と唾を吐くときの、
「が」とか「は」に似た音ですね。(これよく言うたとえ。)

そういえばベルギーの友人が住む町も、Gent(ヘント)でした。

さすが南アと隣り合っているだけあるな、ボツワナ。
ザンビアも南アの影響は色濃いのですが、
それはあくまで発展した経済の影響ばかり。
地理的に近いボツワナや、長らく南アの支配下だったナミビアは、
文化的にももっともっと近いのでしょう。

この前ナミビア隊員の方と話す機会があり、
また、実はちょっと前にボツワナにも旅行に行ってきたので、
ボツワナとナミビアって似てるとこあるんだな、と思っていたのでした。

まったくなんでもついつい英語基準で考えてしまうのはよくないことだ。
反省反省。

ボツ旅行の話も、いずれ書きます。いずれ。
期待せずにお待ちください。
2011.08.23 Tue l 言葉 l top
ジョン・レノンが最初に結成したバンド、QUARRYMEN。
みなさん、このバンド名、なんと読みますか?

日本では一般的に「クオリーメン」と表記されます。

でもこれ、個人的にはどう見ても「クオーリメン」じゃないかと思うんです。

バンド名の由来は、
ジョンがQuarry Bankという高校に通っていたからだそう。

Quarryを単独で読めば、「クオーリー」。
だからせめて「クオーリーメン」とか。

「クオリーメン」とカタカナで言うと、
どうしてもアクセントは「リー」のところに来て、
なんか全然違う言葉のよう。

「クオーリメン」にすればいいのになぁ。

こんな感じで、「ー」を入れるところが明らかに違うでしょう、
っていう言葉がほかにもあった気がするんですが、思い出せません。

なんで突然こんなことを言い出したかというと、
答えは滝さん(仮称)のみぞ知る、ってとこですかね。
ありがとう、滝さん(仮称)。見終わってないけど。

*

ビートルズといえば、
アクロス・ザ・ユニバース」という映画をみなさんご存知でしょうか。

ブロードウェイミュージカル「ライオン・キング」の演出家ジュリー・テイモアが監督した、
全編ビートルズの曲で彩られたミュージカル映画。

60年代、ベトナム戦争そして反戦運動の時代のアメリカに、
イギリス(もちろんリバプール)出身の青年が一人降り立ち、
アメリカ人の素敵な仲間たちと出会ってニューヨークで共に暮らしていたけれど、
戦争の影が忍び寄って仲間たちがバラバラになり・・・

って感じのお話。違うかなぁ。

主人公たちが歌う曲はすべてビートルズ、
それだけでなく、
登場人物の名前も、Jude, Maxwell, Lucy, Sadie, Jo-Jo, Prudenceと、
みんなビートルズの曲にちなんでいるし、
曲名や歌詞にちなんだセリフもちらほら。

歌はほとんどその場で歌いながら撮ったものだそう。
曲は全部映画用にアレンジされていて、
このアレンジはいい!とか、これは原曲のほうがいいなぁ、とか、
そういうのが楽しい。

何を隠そう、私、この映画が大好きで、
ザンビアに来てからだけで5回、日本では何回見ただろう・・・
全部で10回を下りません。

歌も踊りもセリフも全部素敵です。

ボウリングのシーンが最高。
Lucyのことが気になる主役Judeが歌う"I've Just Seen A Face"に乗って、
みんながボウリング場を見事なステップで駆け巡ります。
見てるこっちまで走り出したくなります。

序盤、JudeがMaxに出会って夜な夜な遊びに連れ回される、
"With A Little Help From My Friends"の出だしの、
やたらガチャガチャした感じも好き。

U2のボノも出てます。
彼の"I Am The Walrus"、
出だしの"I am he as you are he as you are me and we are all together"、
しびれます。

とにかくいいシーン、いい音楽がいっぱい。
とてもここではその良さを語りきれない。

おススメです。
ぜひ見てみてください。
2011.08.22 Mon l 映画とか音楽とか l top
それは先週木曜に始まりました。

【木曜】
朝:喉が痛い。
昼:異常に喉が渇く。
夜:鼻がずるずる。

【金曜】
朝:平熱。でも起きられない。
昼:喉が激痛。頭ガンガン。37℃ちょっと。
夜:昼に同じく。鼻水激しくなる。

【土曜】
朝:平熱。頭ガンガン。
昼:鼻水止まらず。頭ガンガン。
夜:昼に同じく。

【日曜】
朝:平熱。喉の痛みが引く。
昼:頭痛も軽くなるがまだ痛いことは痛い。
夜:いろいろと治まってくる。

【月曜】
朝:鼻声が残るも、元気に。3日ぶりに屋外へ。

と、そうして今日に至ります。
はい、元気になりました。

この間、ルサカをはじめとした素敵な仲間たちに本当にお世話になりました。

木曜日、「風邪だ、風邪だ、私絶対風邪引くわ」と、
言い回っていたものだから、金曜の朝一番に心配して電話をくれたり、
いろいろお願いするままに買い物をしてきてくれたり、
おじやを作って持ってきてくれたり、りんごすりおろしてくれたり、
アジのハーブ焼きや炊きたてコシヒカリを持ってきてくれたり、
私がやるはずだった送別会のとりまとめや
旅行に来た同期隊員のお世話を快く引き受けてくれたり、
お見舞いSMSや電話をくれたり、それも何度もくれたり、

みんな、本当に本当にありがとう。

おかげさまで元気になりました。

風邪で弱っていると、
たったひとつの短いSMSがほんとに心にしみてうれしいものですね。

今度もし誰かが体調を崩したら、すっ飛んでいくので、
ほしいものなんでも言いつけてください。
いつだってなんだって駆けつけるぜ!

ルサカの仲間(それにほかにも心配してくれたみんな)、いいもんだなぁ。

そういうわけでメールのお返事がやや溜まってしまいました。
ごめんなさい。
順次お返事していきますので、もう少々お待ちくださいませ。

とりあえず、前に書きためておいた記事をひとつ載せますので、
これでも読んでお待ちくだされば幸いです。
2011.08.22 Mon l 日記 l top
日々メモしていることが溜まってきたので、気になるザンビア英語第3弾。

序章はこちら(「Proudly Zambian」)。
第1弾はこちら(「Zambian English」)。
第2弾はこちら(「気になるZambian English 2」)。
それから、「語末の"i"」と「硬い語がお好き」もどうぞ。

【発音】
・erが「エア」になる
(例)refer リフェア、were ウェア、transfer トランスフェア

・tで終わるところがtsっぽくなる(人による)
(例)not ノッツ、but バッツ、want ワンツ、negotiate ネゴシエイツ

・ouが「アウ」になる
(例)southern サウザン

・eiが「エイ」になる
(例)either エイザー

・fを発音しない
(例)fifth フィス

・aが「エイ」ではなく「ア」
(例)cater カター、cadre カダー

・前の母音につられて、ないところに母音を挟む
(例)always オロウェイズ、stigma スティギマ、sixty スィキスィティ

・oが「ア」になる
(例)worry ワリー

・oが「オ」になる
(例)freedom フリードム

・aが「ア」になる
(例)want ワント(ワンツ)、quality クワリティ

・er, ir, ur, ear(あいまい母音(シュワ)+r)が「エー」になる
(例)nurse ネース、 burn ベーン、learn レーン、 heard へード、
(例)person ペーソン、purpose ペーポス、purple ペーポー

「ペーソナリツィ」とか聞くと、ついついかわいくて笑ってしまう(失礼ですが)。
ほんとに「ペーポス」とか言うんですよ。
「オロウェイズ」もほんとに言うんですよ。

fifthの2つ目の「f」は発音しない、
と、国立ザンビア大学の言語学の先生が断言していたときには(現地訓練中の話ですが)、
正直結構驚きました。
うちのダイレクターもほんとに発音しません。
不思議。


【語彙・文法】
・やっぱり硬い表現
①dirtify 「汚す」
(例)She dirtified her jeans.
Faithが私のジーパンを靴で踏みながら私の上に乗ったときのおじいちゃんの一言。

②publicise「公表する」
(例) I'm not going to publicise the results.
「みなさんのテスト結果は公表しませんから」

・not so?
It isで始まらない文でも、…, isn't it?と言うことは以前書きましたが、
同じ意味で、文の最後に…, not so?と言うことも多い。

・pregnant 「妊娠させる」(動詞として使う)
(例)She was pregnanted/impregnanted.

・be there「存在する」
「~がそこにある」と場所を明示するわけでなく、
ただ「~がある、存在する」という意味で頻繁に使う。
「そういう人たちは確かにいる」They are there.とか。
あくまでも、「そこに」と言っているわけではない。

・what what「何と何と・・・」
so soと同じような意味。
ザンビアの現地語は繰り返し表現が多いので、その影響(きっと)。
ちなみにニャンジャ語だと、cianiが「何」で、
「チャン・チャーニ」、「チャン・チャン」、「シャン・シャン・シャン・シャン」
などと言います。

・Who is the owner of this? 「これ誰の?」
Whose is this?って言わない。
これ誰のペン?とかでも、Who's the owner of this?
堅苦しい。

・Have you seen? 「わかる?」
会話の途中で、「ほら、言ってることわかる?」とか。
完了形なのが特徴的(だと思う)。

・I'm looking at...
ディスカッションの最中に何か発言するときとか、
「これはどうですか」というような意味合いで。
I'm looking at the situation, whereby...とか、実に多い。


とりあえずこんなところ。

発音は、あいまい母音+rを「エー」で言うのは、かなりマスターしてきた。
でもほかはまだまだうまく話せない。
1年以上経っても、「ほほー」と思うことがいっぱいです。
2011.08.17 Wed l 言葉 l top
月曜にシャワーが漏電し、
土曜の午前、修理に来てくれるはずの電気屋ロバートが来なくて、がっかり。

その後日談です。

土曜日、お昼の12時19分。
ロバートからSMS(ケータイのメール)が来ました(!)

Let me pass thru on monday even if u wont be there am able 2 sort out the problem from outside i hav sum school comitments 2day

(月曜に家に立ち寄るよ。家に入れなくても外から直せるから。今日は学校があって。)

ほう。

それを言うにはちょっと遅いのではないか?
しかも学校があったのになぜ土曜に約束した?
ていうか外から直せるんだったら、火曜にさっさと来てくれていたら!

と思いつつも、連絡をくれたので、急下落したロバート株が再上昇。
ちゃんと覚えていてくれたのでした。
(にしても連絡が遅すぎるのには変わりはないけど。そこは大目に見よう。)

これで私の気分もだいぶよくなり、まいっかと、週末はまたバケツで湯浴み。

で、月曜。
お昼、配属先にて、再びロバートからSMSを受信。

I'v put an extra earthing at yo place u observe if the electric shocks wil still be there

(アース装置を付け足しといたよ。まだショックを感じるか確かめてみて。)

おお、やるじゃないかロバート!
そんな裏技(いや、正攻法か)があったのか。
なんで去年ケネディはそれをしてくれなかったんだ。。。

そのエクストラのアース装置のおかげで、
ついにビリビリが消え去りました。
恐怖症、克服。
もうシャワーのタップ、普通に触れる!

いやー帰るまで残り7か月、もう二度とビリビリしませんように!
2011.08.17 Wed l 住居 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。