上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前々から買おうか迷っていたものを、ついに購入しました。

RIMG3995.jpg

じゃーん。
何かわかります?

そう、土鍋です!DONABE!
ザンビアで土鍋なんて売ってるんですねぇ。

この土鍋、料理のできる同期男子隊員が2人も持っていて、
ショップラ(SHOPRITE;南ア資本のスーパー)に売っているよ、
と教えてくれていました。

米がおいしく炊けると、
A隊員は土鍋を愛用しています(いつもごちそうさまです)。

私が持っているお鍋、底のほうがはげにはげてきていて、
お米を炊くと金属のにおいがこびりついて、
いかにも体に有毒そうなんです。
だからお米を炊くときはいつも、
しかたなく鍋底に接している部分を全部捨てていました。

でも、普段そんなにお米炊かないしな~、
でも、やっぱりまともな鍋はほしいな~、
と迷っていました。

今回買おうと思った決め手はこちら。

RIMG3993.jpg

新聞折り込みのSHOPRITEのセール広告。
ほら、↓この部分。

RIMG3992.jpg

ね、ちゃんと「DONABE」って書いてあります。
みなさん、「土鍋」はもはや世界共通語ですよ。

29,900クワチャというと、約600円。
安いんですかね?
普段はいくらで売っているのか知りませんが、
セールだ、在庫のある限りだ、期間限定だと来りゃ、
よっしゃ買うぞという気になるというものです。

買ったのが先週。
実はまだ一度もお米を炊いていません。
(普段お米食べないんです。)

土鍋を使っておいしくできる料理をご存知のみなさま、
ぜひレシピをお教えください。
私が実際に作って、
写真付きでこのブログにてレポートいたします。
たくさんのレシピお待ちしています。
おいしい炊き込みご飯のレシピなんか、ぜひ。
スポンサーサイト
2011.05.31 Tue l l top
すっかり忘れていました。
2011年3月末にザンビア着任1年を迎え、
第3号報告書というものをJICAに提出しました。

興味のある方、こちらからご覧くださいませ。
相変わらずご意見ご質問などどしどしお待ちしています。

1号報告書はこちら
2号報告書はこちら
2011.05.27 Fri l 活動 l top
パソコンのキーボードはトイレの便座よりも汚い。

という実験結果があるとかないとか言いますが、
ザンビアではパソコンを基本持ち歩いています。
ネットカフェなど、屋外で使うこともしばしば。
パソコンを触る前は必ず手を洗うのですが、
場所によっては石けんがなかったりもするし、
どんなにきれいな手で触っているつもりでも、
キーのひとつひとつがなんとなく黒ずんできていました。

それに加えてキーの下に埃がどんどん溜まっていそうで、
ある日、どうしてもキーボードのお掃除がしたくなりました。

掃除の仕方をネットで検索してみたところ、
写真付きで丁寧に説明しているサイトなんかがありまして、
それを読む限りどんなキーボードでもわりと簡単にお掃除できそう。

キー引抜工具なんていうおしゃれな専用ツールもあるらしいのですが、
そんなものをわざわざ日本から取り寄せるのも面倒すぎるので、
ザンビアで手に入るもののみでお掃除にチャレンジすることに。

手順はざっとこんな感じ↓

①キーボードの配列を写真に撮る(撮らないとあとではめるのに困る)
②フォークと指を使ってキーをすべて取り外す
③取り外したキーをすべて洗濯ネットに入れて洗面器を使って台所洗剤で丸洗い
④キーを取り外したボードを綿棒で入念にお掃除
⑤丸洗いしたキーをドライヤーで乾燥
⑥キーが完全に乾いたら写真を見ながら元通りにはめておしまい

⑤までは順調に行ったのです。
台所洗剤で洗ったらキーが見事にきれいになって、それはもう感激。
黒ずんでいたのがすべて落ちました。

問題が起こったのは⑥の作業中。
②でキーを取り外すとき、コツをつかむまでうまく取り外せず、
最初のほうに取り外したいくつかのキー、
取っちゃいけない部品まで取ってしまっていた模様。
はめようとしてもはまらない。
「Z」はつぶれ、「Enter」は押し心地がいまいちになり、
そして左側の「Ctrl」は完全に取れてはまらなくなってしまいました。

キーがとてもきれいになったのはうれしくて、後悔はしていないのですが、
それにしても左の「Ctrl」を失ったのは痛い。

なんせ「元に戻す」に「切り取り」に「コピー」に「貼り付け」に、
「全選択」に「保存」に、そして「複数選択」に、
左の「Ctrl」ってなんともよく使うキーだったことよ、と、
失ってみて改めて気がつきました。

もう、超不便。

既に右の「Ctrl」を使うのにだいぶ慣れてきましたが、
今まで片手でできたことが両手を使わないとできなくなったというのは、
非常に不便です。

日本に帰ったら、何よりまずこれを修理したい。
こういうのって修理できますよねぇ?
左の「Ctrl」キー、それまでなくさないように大事に取っておかなくちゃ。
みなさまもキーを引き抜く際にはどうぞお気をつけくださいませ。
2011.05.27 Fri l つぶやき l top
Northmead(ノースミッド)にあるパン屋さんのパンがおいしい。

と、複数の人から聞いていました。
けれどもNorthmead、うちからあんまり近くない。
ドミからだと歩いて15分くらいだけれど、うちからだと歩いて40分以上。
チャリでもなんだかんだで20~30分。

先日、やっと行ってきました。
おいしいと噂なのは、バーガーロール。

RIMG3985.jpg

よくあるバーガーロールよりちょっと小さめ。
1袋10個入りで3,500クワチャ(約70円)。

オーブントースターで温めて食べてみると・・・

本当においしい!!!
めちゃくちゃおいしい!!!

ホテルのパンみたいにおいしい。
生地が、今まで食べた他のバーガーロールと全然違う。
ふんわり、さくっ。みたいな。
わざわざ買いに行って食べたいおいしさ。

ついでに食パンも買ってみましたが、食パンは普通でした。
むしろあんまりおいしくなかった・・・
日が経ってたのかな。
たまに、普段はおいしいパン屋さんでもハズレがあることがあって、
それだったのかもしれません。

ザンビア在住のみなさん、Northmeadのパン屋さんのバーガーロール、
ぜひお試しください。
場所は、メリッサの北東側のはす向かいにあるパン屋兼スーパー。
壁に青でミルミルのブランドの「No1」というサインが
大きく描かれているところです。
2011.05.27 Fri l お店・マーケット l top
我が家の近くにあるFood Palaceでは、
ランチが10,000クワチャ(約200円)前後で食べられます。
JICA事務所からもとても近いので、
訓練中の新隊員もよくここでランチを食べます。

私がザンビアに来てはじめてのランチを食べたのもここ。
シャワマがおいしいのもここ。
ねじりドーナツがおいしいのもここ。

RIMG3956.jpg

これがメニュー。
チキン&チップスやハンバーガー、シャワマなど、
ザンビア的ファーストフードがひととおりあります。

注目したいのがオムレツセクション。

RIMG3955.jpg

カテゴリーとしての「オムレツ」、チキン「オムレツ」、ビーフ「オムレツ」、
この3つの「オムレツ」のスペルが全部違う上に、
最終的に野菜オムレツにはかわいそうに「オムレツ」という言葉がついていない。

これはほんの一例。
ザンビア、あらゆるところでスペルミスが多い。
壁に書かれている看板や宣伝の類とか、
パンフレット類とか、新聞や地図などの出版物も。

間違えたら普通直すでしょ、とか、
ここで間違えてたらまずいでしょ、とか、
いやこれどう考えたって気づくでしょ、というようなところでも、
平気でスペルミスを見かけます。

うちの配属先のダイレクターもちょこちょこ間違えるし、
知り合いのザンビア人の人々もEメールなどでしょっちゅう間違えています。

ザンビアの言語は元々文字を持たないらしいので、その影響でしょうか。

たとえば、ニャンジャ語の「私は元気です」というフレーズは、
カタカナで書くと「ンディリ ブウィノ」ですが、
"Ndili bwino."でも"Ndiri bwino."でもOK。
前者のほうが一般的だとは思いますが。

ザンビア人、スペルをあんまり気にしないのかなぁ。
英語ではそれなりに大事だと思うのですが。

ちなみにオムレツの正しいスペルは"omelette"です。
2011.05.20 Fri l 教育 l top
大統領選挙が近づいています。

今のところ9月頃とのことですが、
与党が自分たちに有利になるように日程を決めるらしく、
いつ決まるのかよくわかりません。

これまでも、キャンペーンやら集会やらが
いろいろと行われてきたらしいのですが、
最近、各地でのちょっとした暴動が増えてきている気がします。
(JICAからの情報を読む限りでは。)

そして、インターシティというルサカの長距離バス発着所では、
与党の青年団がたむろしています。
何かあればバスの発着やお客さんの乗降を妨害するそうで、
運が悪いと投石の現場に巻き込まれてしまう可能性も。

たしかにちょっと前に私がインターシティに行ったときも、
大統領の顔を大きく印刷した青いチテンゲ(布)を巻いた人々が
うじゃうじゃいて、なんとなく近寄りたくない雰囲気がありました。

しかし地方隊員の大多数はここを通らなければルサカに来られません。
大変ですね。。
JICAから、不要不急の移動は控えるように、とのお達しが来ています。

それから、緑色が反政府運動を示す色だそうで、
大統領選が終わるまで緑色の服を着ないように、とのお達しも来ています。

同期シニア隊員の配属先である国立ザンビア大学は、
選挙が終わるまでずっと休講になるかもしれないとか、
いろんなところに選挙の影響が出ています。

どうか選挙が早く平和裏に終わりますように。
2011.05.19 Thu l 政治・経済・社会 l top
オリジナル記事はこちら

車のナンバープレートについて、
早速、WFP配属の統計隊員、滝さん(仮称)が有力な情報をくれました。

大使館関係車両について。

CD・・・Corps Diplomatique(外交団)
AT・・・Attaché(大使館職員、随行員といった意)

ATは推測とのことですが、きっとそうですね!
こんな単語、全然知らなかった。
勉強になりました。

それから黄色に黒字のナンバープレートはジンバブエナンバーとのこと。
たしかに黄色地のプレートは、フォントからして違う感じがしたので、納得。

と思ったら、ザンビアの黄色地プレートも先日見かけました。

滝さんに心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

引き続きまだまだ情報お待ちしております。
2011.05.19 Thu l 道路・交通 l top
二本松(または駒ヶ根)での65日間の派遣前訓練期間中、
毎朝日替わりで、派遣される国の国旗が掲揚されるおかげか、
または、たいていの派遣国が陸続きで他国と隣り合っているせいか、
協力隊員は、近隣諸国の国旗のデザインはだいたい覚えるものです。

私、ケニア、タンザニア、ボツワナ、マラウィ、モザンビーク、
ナミビア、南アあたりの国旗のデザインは、ぱっと思い浮かびます。
(ジンバブエやコンゴやアンゴラは思い浮かばないのがおもしろい。)

みなさん、いかがでしょうか。
この中でも今思い浮かべていただきたいのは、マラウィの国旗。

知ってますか?

色は、黒と赤と緑・・・
そして太陽・・・


そう、



Flag_of_Malawi_1964-2010.jpg


これ。


とお思いでしょう、みなさん!(得意気)

実は、マラウィの国旗、変わったらしいんです。
新しいデザインは・・・


Flag_of_Malawi.jpg

じゃーん。
こんなのだそうです。

どうやら、マラウィは日が昇る発展途上の国ではなく、
十分に発展したということで、お日さま、昇り切りました。
よく見ると微妙に赤と黒も入れ替わっていたり。

変わったのは2010年7月らしいです。
もう1年近く前。

3月にマラウィの同期隊員がザンビアに来た際に教えてもらいました。
それまでこんなこと露知りませんでした。

というか、こういうのってもしかして、
日本にいたほうが新聞とかテレビとかでちゃんと情報が入ったり?
もしかして日本のみなさんは、
マラウィの国旗デザインが変わったこと、知っていたり?
知らないのはむしろ、ザンビア隊員とか近隣諸国の隊員のみ?

とまれ、国旗のデザインが変わるって、結構大ごとですよね。

これを聞いて以来、マラウィの国旗に目が行きますが、
ザンビアの街中で(たまーに)見かけるマラウィの国旗、
古いままのことがほとんど。

でも、マラウィ国内だと、これがやや政治的な問題になるようで、
無闇に古いデザインのTシャツなんか着ないほうがよいそうで。
(ザンビアでは、国旗デザインのTシャツやらマフラーやらニット帽やら、
そんなものがよく売っているので、きっとマラウィにもあるだろうと推測。)

巷では、古い国旗のほうがかっこよかったとか言われているそうですが、
私も同感。
新しい国旗、当分見慣れなそうです。

ザンビアもいつかデザイン変わったりするのかなぁ。
フィッシュイーグルが羽ばたいて飛んでいったりして。
2011.05.11 Wed l アフリカ l top
ナンバリングシステム【携帯電話番号編】はこちら

RIMG5273.jpg

こちら、ザンビアのどこぞの車のナンバープレート。
(そのまま載せるとまずいこともありそうなので、
一部加工してみました。)

左上のマークはザンビアの国章。
タンザニアのナンバープレートには国旗が描かれていますが、
ザンビアは国章です。
ローマ字と数字が一列に書かれている細長いパターンもありますが、
だいたいこれが基本の形。

さて、ここに書かれているナンバー、日本より種類が豊富です。
地道に道行く車を観察した結果が以下のとおり。

※「X」は任意のローマ字1字、「9」は任意の数字1字を表します。


【一般車両】
「AAX」or「ABX」or「ACX」+「(9)999」(白地に黒字)

【政府車両】
「GRZ」+「999」+「BX」or「CX」(白地に黒字)

「GRZ」はGovernment of the Republic of Zambia。
「BV」か「CB」が多い気がする。

【大使館(領事館)関係車両】
「(9)9」+「CD」+「99」+「Z」(白地に黒字)
「(9)9」+「AT」+「999」(白地に緑字)

はじめの「(9)9」が国番号。
「1」がイギリス、「7」がフランス、「11」が中国、
「18」がボツワナ、「19」がスウェーデン、「23」が日本、
「31」がキューバ、「38」がアイルランド、「40」がモザンビーク。
アメリカがわかりそうでわからない。
「2」かなぁ、と思っているところ。
数字の順番は、ザンビアに大使館または領事館ができた順らしい。

「AT」パターンがなぜ白地に緑字なのか謎。
そもそも「AT」が大使館関係だとも知らなかったのですが、
日本大使館の方の車がこれだったので、ここに分類。

「CD」も「AT」も何の略でしょう。
「CD」はもしかして「大使館」に限らず、
「外交官」とかそんな意味のような気も。
DはDiplomatとかDelegateとか?
CはConsulとか?
ATにいたってはさっぱり不明。
今度大使館の人に聞いてみようかな。
ていうかこの記事ご覧でしょうか。
ご存知でしたらぜひ教えてください!

【国連車両】
「UN」+「999」(+「CD」)(白地に黒字)

【空軍車両】
「ZAF」+「999」(+「B」)(白地に黒字)

ZAFはZambia Air Forceの略。

【陸軍車両】
「ZNS」+「999」(+「B」)(白地に黒字)

ZNSはZambia National Serviceらしい。

【警察車両】
「ZP」+「999」(+「B」)(白地に黒字)

こうくればZPは言わずもがな、Zambia Policeですね。

【その他】
「IT」+「999」

これ、それなりによく見かけますが、まず間違いなく手書きです。
手書きのナンバープレートなんて、ちょっと日本では想像できませんが。
いったい何なんだろう、「IT」。

「XXX」+「999」+「CD」

きっとこれもお偉いさん関係。
たまに「XXX」が「WFP」など明らかに団体名の略だったりするので、
たぶんほんとにそうなのでしょう。

「BXX」+「999」

一般車両は「A」始まりのはずだけど、「B」始まりも見たことあります。

「XXX」+「9」(「9」には「1」が来ることが多い)

これはおそらく一般人がお金を出して買うナンバー。
違うかなぁ。
配属先のテディさんに、あの変わったナンバーは何?って聞いたときに、
お金持ちがお金を出して好きなナンバーをつけるんだよと教わりました。

面白かったのは、BMWの車に「BMW 1」っていうプレート。
そのままじゃん。
そんなに自慢したいか、BMW。
ひねりがなさすぎる。

あと長距離バス会社Juldanのバスで、
「JD 5」っていうプレートを見たことも。

こんなところでしょうか。
もっと体系的にまとめたいものですが、
道行く車を観察しているだけではこれが限界。
誰か知っている人ぜひとも教えてください。

ちなみに色については、白地に黒字が一般車両、白地に赤字が営業車両。
ザンビアの正規タクシーは水色の車体をしていますが、
たまに正規タクシーに見せかけた白タクもあります。

RIMG2428.jpg

こんなのとかね(これも一部加工してます)。
この車体、一見すると明らかに正規タクシー。

あとは黄色地に黒字ってのも見たことがありますが、
いったい何でしょうね。

車のナンバーでどんな人の車かわかってしまうザンビア。
配属先のテディさんいわく、
ナンバーにCDがついている車は、
スピードを出し過ぎていても警察は何も言わない、とのこと。
政府にしろ軍にしろ警察にしろ、車を見ただけでわかるしくみは、
いかにも権威を重んじるザンビアらしいなぁ、と思うのです。

・・・この記事につづく。
2011.05.11 Wed l 道路・交通 l top
ご無沙汰しております。
気づけばもう5月、ということでブログを再開したいと思います。
ゴールデンウィークも明け、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
私は相変わらず元気に過ごしております。

1年前、1か月の現地訓練を終えて活動を開始したのが5月。
あれから1年(最近の決まり文句)。

なんだか去年より寒い気がします。
朝晩、とくに晩、半袖ではひんやりと寒い。
日中外に出ると相変わらず汗はかくけど、
家の中でじっとしていると、寒い。
夜はフリース毛布をすっぽりかぶって寝ています。

電流ビリビリ事件以来、
かれこれ9か月も放置していた温かくならないギザ(温水装置)、
電気屋さんを呼んでやっと直しました。
それがね、直したっていうか、電気屋さん、
ギザの蓋をひょいと開けて、温度調節のつまみをくいっと回しただけ。
いやー、こんなこと、いつだって私ひとりでできた。。。
ちょっとは自分でどうにかしてみるべきでした。
反省。

まあ、ともあれ、
おかげでやっと熱いシャワーを浴びられるようになりました。
しかしお風呂上がりが寒い。
私、シャワーを浴びた後にその勢いでその場で洗濯をしていますが、
洗濯をしている間にどんどん体が冷えてきます。
これからは先に洗濯をしたものか・・・
でもそうするとつけおきできない・・・

と、どうでもいいことを考えています。

ちなみに、温かいシャワーが浴びられる隊員はかなりの少数派。
だいたいシャワーはないのが普通。
お湯が出ない(ギザがない)のも普通。

最近聞いた話だと、寒い時期の水風呂は、
運動したあとに叫びながら入るとか、
ウォッカをくいっと飲んだあとに気合いで入るとか、
みなさんそんな工夫をしているそうです。
すごい。

ウォーターヒーターっていう、電気で水を温める装置もありますが、
いつ停電になるとも限りません。
そもそも停電したら水も出なくなるしくみの家も多いとか。

水でお風呂、みんな、ほんとすごい。

ザンビアで一番寒い時期は6~7月。
これからどんどん寒くなります。

寒いのは好きじゃないけれど、でも虫が減るのはうれしい限り。
最近、家の中にバッタは出るわ、特大シャーロットは出るわ、
ものすごい蜘蛛の巣はできるわで、ちょっとがっかりしていたところ。
まあこれもザンビアの家ではいたって普通なんですが。

日もどんどん短くなって、18時前に真っ暗になります。
ザンビアでの2度目の冬。
早く来てほしいけれど、早く終わってほしい。
2011.05.09 Mon l つぶやき l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。