上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
友人が開発した商品が、世に出ました。

nokkete.jpg

のっけてジュレ <ぽん酢>


商品特徴
・いろいろな料理にのせたり、からめたりしてさっぱり食べられる、ノンオイルのジュレ(ゼリー)タイプぽん酢です。
・昆布だしのまろやかさと、柚子のさわやかな風味が特徴です。
・とんかつ、から揚げ、サラダ、冷や奴、魚介のカルパッチョ、生春巻き、ローストビーフ、冷しゃぶなどにおすすめです。

(ハウス食品ウェブサイトの「商品カタログ」ページより引用)
http://housefoods.jp/products/catalog/cat_1,1032,1033,1898.html

とんかつにポン酢、冷しゃぶにポン酢。
聞いただけでよだれが出ますが、
ここザンビアでは入手できません。

日本にいるみなさん、ぜひ買って試してどんな味か教えてください。
評判がよかったら日本に帰ってから買ってみるとしよう。

200円しないくらいだそうです。たしか。
スポンサーサイト
2011.03.23 Wed l ザンビアじゃない話 l top
ザンビアに来て、まる1年が経ちました。

日本を出発したのが2010年3月23日、
ザンビアに着いたのが同3月24日。

任期は日本⇔ザンビアの移動を含めてぴったり2年。
だから、たぶん日本に帰り着くのが2012年3月22日。
ということは、ここを出るのは同3月21日のはず。

そう考えると、もう既にザンビアでの生活は、
残り1年を切っているみたいです。
はじまりました、カウントダウン。

ちょっと振り返ってみます。

【1ヵ月目】(2010年4月)
現地訓練。毎日がスローモーション。
とにかく早く終わってほしかった。

【2~3ヵ月目】(2010年5~6月)
妄想のサルの物音に怯える日々。
活動、さっぱり。毎日小屋でぽつん。
毎日が長い。ものすごく長い。
はじめてのリビングストン
ルナ・レインボーを見るも、滝の全容つかめず。

【4~6ヵ月目】(2010年7~9月)
活動、始まったかも?
電気ショックを受ける。
ダム動物園へ遊びに。
新聞一面デビューを果たす。
20-2帰国。ついこの前の気がする・・・。

【7ヵ月目】(2010年10月)
ありえない日差し&暑さに毎日ヘトヘト。毎日コカ・コーラ。
ボツワナ同期が来ザ。乾季のリビングストンを満喫する。
日帰りボツワナ旅行。ゾウをたくさん見る。
はじめての長期旅行。その前に熱を出して3日間寝込む。
サンマを食し、日本酒をいただく。ザンビアで。

【8ヵ月目】(2010年11月)
はじめてフットサルの練習に参加。
雨季が始まるも雨量が少ないことに驚く。

【9ヵ月目】(2010年12月)
活動、早めのクリスマス休みをもらい3週間の休暇。
ニャンジャ語研修。いや楽しかった。復習せねば。
キリマンジャロ登頂
。アフリカで雪を見る。
帰国間近の20-3隊員とやっと仲良くなる。

【10~12ヵ月目】(2011年1~3月)
20-3が帰国してしまう。
と思ったら、あっという間に20-4も帰国してしまう。
時が過ぎるのが早い。気づいたら1か月終わっている。

こんなところでしょうか。
年が明けてからは、時間の過ぎる感覚が日本にいたときと同じくらい早い。
最初はほーんとにゆっくりでした。
だんだん早くなっている気がする。

活動のこと、あんまり書いていませんね・・・
配属先に活動資金がなくて、毎日変わらずなのです。。
でも最近、ついにワークショップが始まって、
ちょっとうれしく思っているところ。

こっちに来てみて、自分で一番意外だったことは、
日本食が思いのほか恋しくなること。
せっかくの異国だから、異国の食べ物を存分に満喫してやろう、
日本食なんて食べるまい、という意気込みで来たのですが、
こっちの料理は脂っこいし、シマしかないし。
日本のおいしい和食が恋しくてたまらない。

さて、残り1年。
ザンビアでしかできないことを悔いなくやろうと思います。
最近とみにブログの更新頻度が落ちていますが、
まだまだ様々な「ザンビアならでは」をご紹介していく所存ですので、
今後ともどうぞごひいきに。
2011.03.23 Wed l 日記 l top
家の中の毛虫に続き、ベッドの上に蟻が出ました。1匹だけど。
写真は取り損ねました。

ベッドの上に蟻って地味にダメージ大きいですね。
たとえ1匹でも。
まあ、ベッドの上にゴキブリよりはマシですが。

でもさすがにこれくらいのこと、日本でもあったっけ?

虫への抵抗力、
強くなっているような弱くなっているような、よくわかりません。
2011.03.23 Wed l 住居 l top
非常に個人的なことですが、
私、東京都立国際高校の出身です。

生徒の3分の1は帰国子女、3分の1(違うかも)は外国人という、
なかなか特色のある公立学校。

国際教育(ってあいまいな言葉ですが)に力を入れていて、
「国際関係」っていう授業科目があったり、
英語のネイティブの講師が大量にいたり、
授業がレベル別の少人数制だったり、
英語のトップクラスの授業はアメリカの国語の授業みたいだったり。
たしか、都内唯一「国際学科」を設置している高校。
(「普通科」はなく、「国際学科」のみ。)

モットーは「翔べ、世界へ」。
校歌は「友情の日も 恋の日も」なんて歌詞。
(「折々のうた」の大岡信氏の作詞です!)

国際色豊かなのは間違いありませんが、
だからといって、生徒は必ずしもみんな英語が得意というわけではなく、
大の苦手という人も結構いたり。
ただ、個性的な人は間違いなく多い。

唯一の校則は、「制服を着る」こと(少なくとも私のいた頃は)。
その制服も、夏の間はスカートもしくはズボンのみ(あ、共学です)。
ルーズソックス全盛期で、
スカートの丈が膝より下の子なんてほとんどいませんでした。

坊主にしちゃう女の子もいれば、
ズボンを履く女の子もいて、
ハロウィーンには思いっきり仮装してくる子もいたりして、
非常に自由な環境でした。

私がこの学校で学んだことは、「個」を出していいんだ、ということ。
みんな同じじゃつまらない。
人と違うほうがおもしろい。

誰かが言った意見に対して、もし違う意見を持っていたら、
正面からぶつかって議論する。
何事も全力で取り組む。
それが当たり前。
そうやって友情を育みました。

英語のネイティブ講師陣と学校との間で問題が起こったとき、
自分たちにも納得できるように説明してほしいと生徒が声を上げ、
授業を丸一日つぶして全校集会をしたり、
アメリカ同時多発テロが起こった翌日(そう、そのとき私は高校生)、
授業をつぶしてこれについて話し合ったり。

体育祭や学園祭(「桜陽祭」)などのイベントへの力の入れようは半端ない。

それまで通ってきた「学校」とのあまりの違いに驚きながら、
生まれ育った環境も考え方もバラバラのクラスメートたちから多くを学び、
立ち上がるべきときには立ち上がらねばならないと教えてくれた母校。
私のアイデンティティ形成に重要な役割を占めていることには、
間違いありません。

こんな校風なので、現役の協力隊員や隊員OBも多いはず。
私の同期生だけでも、
2011年3月現在、私を含む4人が世界各地で隊員をしています。
OB含めて今まで全部で何人いるのだろうなぁ。

協力隊の二次試験の面接の際には、
本題に入る前の雑談で、面接官の方に、
「国際高校の出身ですか。JICA職員には卒業生も多く、
いろいろと関わりも深くてお世話になっています。」
なんて言われたりしました。

さて、なぜいきなりこんな話をしたかというと、
1月頭、来たばかりの22-3の新隊員のみなさんたちの歓迎会で、
ある新隊員の人と話をしていたら、彼いわく、
「今まで会った人の中でこの人おもしろいと思う人は、
聞いてみるとみんな国際高校出身なんです。」

いや、うれしいですね。
世界に羽ばたけ国際生。
これからも国際高校がずっとユニークであり続けますように。

ついでながら、大地震のニュースを受けて、
いち早くザンビア隊員として何かしようと動き出したのは、その新隊員の彼。
そんな彼こそ、思いっきり国際生っぽいなぁと思うのです。
2011.03.23 Wed l ザンビアじゃない話 l top
今日、配属先の用事でとあるホテルへ。
小さなロビーにテレビがあって、CNNがついていました。
しばらくの間見ていましたが、
流れていたのはずっと日本の地震のニュース。
地震と津波による被害、それに原発のニュースの繰り返し。

うちにある毛布も乾電池も懐中電灯も、全部日本に届けたい。

日本を心配してメールをくれた外国の友人たちに返事をしたら、
またすぐに返事をくれました。
彼女たちの心遣いが身にしみます。

私がザンビアに来る前に働いていたのは、東京の鉄道会社。
地震発生当日は終夜運転を実施したとのこと。
どんなにか忙しかったことでしょう。

被災地の方々が一刻も早く救援されることを願うとともに、
その他の地域で、非常時の体制で働いている多くの方々も、
体調など崩されませんよう、お祈りしています。

何もできない、とわかっていながら、
それでも、
何ができるだろうと考えずにはいられません。

前々から、今月末のチャーチ・マーケットに、
隊員有志で出店しようということになっていました。
何を売ろうかと考えてもあまりいいものが思いつかず、
まあ自分は作らなくてもいいかなと思いかけていましたが、
売上を震災の義援金に寄付しようという話が出ているので、
クッキーを量産する気になりました。

隊員及びザンビア国内在住の日本人のみなさま、
お時間あれば一緒にクッキー焼きませんか。
クッキーに限らず、お菓子・おやつなど食べ物ならなんでもOK。
同期A隊員は芋けんぴを作る予定。
チャーチ・マーケットの開催日は26日(土)。
準備を25日(金)にドミで行う予定です。
活動に支障のない方、ぜひおいでください。
売り子のみの参加も大歓迎。
ぜひ私までご連絡くださいませ。
お客さんとして買っていただくのももちろん大歓迎。
ルサカ及び近郊にお住まいのみなさま、26日はチャーチへ!
2011.03.17 Thu l つぶやき l top
東北太平洋沖地震発生の第一報を聞いてから、5日が経ちました。

この大地震が発生したとき、
ザンビアは同日金曜日の午前8時頃でした。
ルサカでは情報が隊員の間ですぐに広まり、
午後にはJICAから携帯電話にSMSにて連絡が入りました。

東北沖でM8.4らしい、
東京で震度6らしい、
東北の地震で西日本まで揺れたらしい、
仙台空港が水没したらしい、、、

などと聞きましたが、情報はすべて断片的。
東京の実家は大丈夫かなと思いつつSMSをしたところ、
夕方には親から無事だとのメールがありました。
テレビもネットも何も見ておらず、
その日は、何か遠い国のできごとのように感じられました。

翌日、出かけようとした私を認めた大家さんが家から飛び出してきて、
「本当にお気の毒に。ご家族は大丈夫?」
私、一瞬何のことかわからず、「何の話?」と聞き返したほどに、
まだ実感伴わず。

その日の夜、ドミトリー近くのバーに行ったとき、
初めてそこでテレビのニュースを見ました。
本当に水没する仙台空港や東北沿岸の町々の映像を見て、唖然。

あとから知ったことには、
もうその時点ではどのチャンネルでも
トップニュースで日本の地震のことを延々と流していたそう。
今もまだ、ザンビアでも大きく報じられています。
BBCでもCNNでも、ずっと地震のニュースだとか。

週末の間に、
ザンビアに来てすぐにお世話になったホストファミリーのお母さんや、
配属先のダイレクター&旦那さんが、
「家族は大丈夫か?他のボランティアは大丈夫か?」と、
電話をくれました。

ほかの隊員も、同僚やその他知り合いのザンビア人から、
励ましやお悔やみの言葉をたくさんもらっています。

週が明けて出勤。
新聞売りのお兄ちゃんにも「大丈夫か?」と聞かれ、
配属先に着くと、
ニュースを知っている多くの方に温かい言葉をいただきました。

やっとネットのつながるところに行き、ニュースを見てみると、
ページを開いても開いても震災に関する記事がとめどなく出てきて、
悲しみがこみ上げてきました。

私のアメリカ留学時代の親友であるベルギーやスイスの友人からも
「家族は大丈夫?」とメールをもらいました。
ベルギーの彼女がアメリカでホームステイしていた先のお母さんも、
私のことを心配して彼女にメールをくれたそうです。

I wish you lots of strength in these difficult times.
とは、スイスの彼女からのメッセージ。

もちろん、ザンビアの人々の中には、
地震のことなど露知らない人も多くいると思います。
それでも、こんなに遠く離れた地から、
心配してくださっている人々も大勢います。

世界中の人々の祈りが届いて、
大地の怒りが早く鎮まりますように。
一人でも多くの人が助かりますように。
2011.03.16 Wed l つぶやき l top
近頃ブログの更新が滞り気味ですね。
申し訳ないです。
書こうと思っていることはたーくさんあるのですが。

ひとまず、今後の更新予定をご紹介。

・「マイ・チテンゲ・コレクション」
・ダルエスサラーム&バガモヨ旅行記
・初級ニャンジャ語講座
・ルサカ隊員職場訪問記
・第3号報告書(やばい、書かなきゃ…)
・ザンビアの残念シリーズ

その他もろもろ、日常の些細なできごと。

週に一度は更新しようと思っていますが、
ここに挙げたものを全部書き終えるのはいつになることやら。。
気長にお待ちくださいますようお願い申し上げます。

しかし自転車の調子がいいと、道を走るのが気持ちいいこと。
晴れた日に広い空の下をしゃーっと飛ばすの、最高です。
登り坂も座ったままスイスイ行ける。
自転車のメンテナンスって大事だなぁと思う今日この頃。

以上、お詫びでした。
2011.03.09 Wed l お詫び・お知らせ・更新予定 l top
ザンビア(というか途上国というか)では、
それなりにお金のある家庭や企業では、
警備員(ウォッチマン)やお手伝いさん、庭師などを雇うことが一般的。

そして、こうした人々とトラブルがあるのも残念ながら一般的。

お手伝いさんに家のものを盗まれてしまったり、
庭師や警備員が悪い人たちと組んで、強盗に入られてしまったり。

だから、こういった人々を雇うときには十分に注意しなければなりません。

ザンビアの隊員専用ドミトリーも、
JICAが警備員、庭師、掃除夫を雇っています。

警備員はすっかりなじみの顔で、
隊員が外から「ただいま~」と言うと、
「オカエリ!」と言いながらゲートを開けてくれます。
よくドミに顔を出す隊員は名前も覚えられています。

この警備員たち、警備会社から派遣されているのですが、
私がザンビアに来てから、ほぼずっと同じ人たちでした。

Pre-SecureとArmcorという2社と契約していて、
それぞれ昼シフトと夜シフトと1人ずつ。
全部で4人。2人ずつ交替交替。

それがちょっと前、1か月くらい前だったか、
突然Pre-Secureの人が変わりました。

顔なじみのケビーとスティーヴンが突然いなくなったとともに、
すぐに隊員の間で噂が流れ始めました。
どうやらケビーは飲酒して飛ばされたらしい、と。

ケビーはなかなかいいやつだったので、残念。
私も自転車を直してもらったりとお世話になりました。

すると、しばらくしてJICAの定期連絡で警備員交代のお知らせが流れました。
なんでも、昼シフトのPre-Secureの警備員が、
「勤務中に長時間持ち場を離れ、連絡所の備品を勝手に持ち出し、
マーケットで売却しようとし」たとのこと。

おお。
飲酒ではなくてそんな話だったのか?

ちょっと興味をもち、聞き取り調査をしてみることに。

【証言①:Armcor夜シフトのフレッド】
詳しいことは知らない。正しいことはわからない。
と前置きしたうえで教えてくれたのが…
・勤務中に飲酒しているところを見つかった
・長時間持ち場を離れて、タウンで見つかった

【証言②:Pre-Secure夜シフトのスティーブン】
・無線機を誰かに売ろうとして、Armcor警備員とけんかになった
・そのけんかをスーパーバイザーに報告されて飛ばされた
・売ろうとした無線機がドミのものか誰のものかはわからない

まあ、結局のところ何が真実かはわかりませんが、
ケビーは顔なじみでいいやつそうだったので、
突然いなくなってしまって残念。
そして彼が何らかのトラブルを起こしたというのも残念。

こういった人たちと上手に人間関係を築くのって難しいですね。

ちなみに新しいPre-Secureの昼シフトは、
「ホテル・ルワンダ」主演のドン・チードル似。
今度、名前を聞いてみよう。
2011.03.09 Wed l 人々 l top
RIMG1917.jpg

ザンビア・マラウィ間を走る長距離バスのチラシ。
長距離バス発着所のチケット窓口でもらいました。

運行日、マラウィ(リロングウェ)までの各停留所ごとの値段、
乗車時刻など、それなりに情報あり。
出発時刻もほしいところだけど、
まあ乗車時刻が4:30なら出発は5:00だろうと推測可能。
(マラウィ行きバスの出発は朝早いのです)

チケット10枚集めたら1回乗車無料ですよ、ってのもちゃんと書いてある。
(このサービス、ザンビアでは各バス会社が行っています)

チラシを配るなんて、やるなと思ったのですが…

よくよく見ると、肝心のバス会社名が書いていない。
残念。
実に残念。

KOBSという会社でした。
2011.03.09 Wed l 道路・交通 l top
この前、週末の遠出用のお菓子を買おうと、
マンダ・ヒルのSHOPRITE(南ア系スーパー)のお菓子コーナーに行きました。

そこで見つけたもの。

RIMG1843_2.jpg

ターキッシュ・デライト。
「ナルニア国ものがたり」の最初のお話「ライオンと魔女」で、
次男のエドマンド(だっけ?)くんが冬の女王にねだるお菓子。
このお菓子、岩波少年文庫の訳だと「プリン」になっています。
「ターキッシュ・デライト」と書かれていても日本人にはわからないので、
こうやって読者の文化背景に合わせて言葉を選ぶことこそが「翻訳」だ、
って話を読んだことがあって、
「ターキッシュ・デライト」というお菓子の名は記憶に残っていたので、
おお、これがターキッシュ・デライトかと、ちょっと感激。
今思えば買えばよかったな。
今度買おう。

RIMG1844_2.jpg

それからこれ。
チューペットですよね?!
なんと、ショップラにあったとは。
以前、チューズデイで見つけて即買いしたことがあるけれど、
ショップラにあったなんて。
そこまでレアなものでもなかった。
どこ産か見なかったけれど、パッケージは思いきり西洋な感じ。
チューペットっててっきり日本のお菓子かと思っていたけれど、
もしかして違うのか?
それとも日本から世界に広まったのか?

お菓子売り場ってたまに行くと楽しいですね。
2011.03.09 Wed l l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。