上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
アクセス解析って機能はなかなかおもしろいものです。

「ザンビア りつこ」

で検索して辿りついている方がいらっしゃいます。
私もググってみたのですが、
引っかかるのは、

「ザンビア」「サモア独立国(どくりつこく)」

の2つのキーワードが載ったページばかり。

Yahoo!でやってみると、
今度は「国立公園(こくりつこうえん)」が引っかかります。

どうやって辿り着くのでしょう。

と、

「ザンビア リツコ」

でググってみたところ、今度はトップに出ました。
Yahoo!でもトップに出ました。

たったこれだけのキーワードでトップに出るとは。
簡単に見つかるものですね。
スポンサーサイト
2010.05.31 Mon l つぶやき l top
ここザンビアは旧イギリス植民地。
イギリスといえば紅茶の国。
というわけでザンビア人は紅茶を好んで飲みます。

しかし私はコーヒー派。

ザンビア、紅茶の国ですが、
そんなコーヒー派の私にはありがたいことに、
コーヒーも売っています。

RIMG2172.jpg   RIMG2173.jpg

CrossroadsのSparにて。
ご覧のとおりズラーっと揃っています。

どうやらザンビア人、「加工品」に弱いらしく、
コーヒーというとインスタントコーヒーが一般的のようです。
Nescafeの"Ricoffy"が幅を利かせています。

しかし日本人の私には、
どう考えてもドリップコーヒーのほうがおいしい。

Ricoffyの上にある"Kasama Coffee"というのを飲んでいます。
なかなかイケます。
もうRicoffyには戻れません。
ちなみにKasamaというのは北部州にある街の名前。
500gで25,000クワチャ(500円)ほど。
安い。

それに比べて高いのはペーパーフィルター。
たったの40枚で9,900クワチャ(約200円)。
そしてたいそう丁寧な箱に入っています。
なんかもったいない。
おそらく南ア産かと。

そしてドリッパーは売っていません。
私は日本から空輸しました

ザンビア人のみなさんどうやって飲んでいるんでしょうね。
豆はとりあえず店頭に並べているだけでしょうか。
それにしては大量に置いてあります。
売れ行きが気になります。
2010.05.31 Mon l l top
ザンビア、日差しが強いです。
暑い中毎日長袖を着るなんて私にはとても無理なので、
日焼けは覚悟してきました。
日焼け止め、大量に持ってきました。

問題は、どこまで焼くか、ということ。

毎日日焼け止めを塗っているものの、
半月で腕がかなり黒くなりました。
気づいた頃には見事な半袖焼け。
これはまずいと、
できるだけ袖をまくって生活しています。

足も然り。
何かと素足のほうが都合がいいのでサンダルで過ごしていたら、
見事なサンダル焼け。

RIMG2115.jpg

これはどうにもならないので諦めていますが、
今一番の悩みは、脚をどうするかということです。

暑いし埃っぽいので、
ジーパンも毎日膝までまくり上げています。
おかげで膝よりちょっと下ですっぱり半ズボン焼け。

靴下焼けするよりはいいかなと思っていたのですが、
日本に帰って社会人になってまたスカートを履くことになったら、
相当かっこ悪い。

日によって丈の長さを変えたりすべきでしょうか。

しかし考え出したらキリがありません。
いつも同じ型のTシャツを日替わりで着ているので、
首まわりもぼんやり跡が付いています。

そもそもここまで焼けて、
日焼け止めって塗る意味あるのだろうかと思います。
でもきっと、どんなに黒くても、
塗ると塗らないとでは違いますよね。
そう信じることにしています。

日差しの強い国にいるみなさん、どこまでどうしてますか。
2010.05.26 Wed l 地理・気候 l top
以前一度書きましたが、
我が家から歩いて15~20分くらいのところで、
毎週火曜日、大きなマーケットが開かれます。
UTH(University Teaching Hospital)という大学病院の近くです。
その名もTuesday Market。

RIMG2116.jpg   RIMG2123.jpg

(左の写真のおばちゃん、「写真撮っていい?」と聞くと、
わざわざ首から下げていた携帯入れを外してポーズを取っていました。
かわいい。)

野菜が豊富に売られていて、
他のマーケットより安い(おそらく)ので、
毎週買いに行っています。
ここで買い溜めすると、だいたい1週間持ちます。

売っている野菜や果物の種類は実に豊富。

トマト、玉ねぎ、じゃがいも、さつまいも、オクラ、
インプア(小ナス)、いんげん、レイプ、アボカド、
ピーマン、きゅうり、キャベツ、とうもろこし、
かぼちゃの葉、ねぎ、チンゲン菜、大根、里芋、カペンタ、
バナナ、りんご、ぶどう、みかん、レモン、キウイ、
パイナップル、それに様々なスパイス類などなど。

売っている人も中国系やアラブ系など様々。
買い物客も様々。

今週は東洋人の若い女性2人組に「ニーハオ」と盛んに声をかけられ、
"I'm Japanese."と返したら、「あら、日本の方ですか~」と。
エホバの証人でボランティアに来ているという日本の人で、
中国語の勉強をするために中国人を探しているとか。
ザンビアでは日本人にも「ニーハオ」と声をかけられます。

さて、マーケットですが、買い方は簡単。

1.値段を聞きます。「3(ピン)」などと言われます。キロあたりです。
2.「1キロちょうだい」など、ほしいだけ言います。
3.袋を渡されるので、自分で詰めます。
4.詰め終えて渡すと小型の量りで量って、数を調節してくれます。
5.「バセラ」と言います。
6.笑顔でおまけを入れてくれます。
7.お代を渡し、「ズィコモ」とお礼を言います。

「チョサニコ(値引きして)」はあまり通用しないことがわかったので、
最近はもっぱら「バセラ(おまけちょうだい)」作戦です。

キロあたりの量り売りなのですが、
量り方がかなり適当なので、
そもそも多めかなと思うくらいに詰めるのがポイント。

相場は次のとおり。

トマト…K3,000~4,000(約60~80円)/kg
玉ねぎ…K5,000~6,000(約100~120円)/kg
レイプ…K1,000~1,500(約20~30円)/束
じゃがいも…K4,000(約80円)/kg
ピーマン…K5,000(約100円)/kg
バナナ…K4,000(約80円)/kg
ぶどう…K20,000~25,000(約400~500円)/kg

今週の収穫はバナナ約1.3kg(小さめ11本)をK4,000で買ったこと。
はりきって毎朝食べちゃいます。

ちなみに"kg"の一般的な言い方は「ケージー」。
「キロ」でも通じますが。
Zambian Englishです。(ですよね?)

こんなTuesday Market、朝早くから夕方までやっています。
いつも目移りしてしまって、あっという間に時間が過ぎます。
お近くにお越しの際は喜んでご案内します。
2010.05.26 Wed l お店・マーケット l top
ザンビアでは、水道水をそのまま飲むわけにはいかないので、ろ過して飲みます。

もちろんミネラルウォーターも売っています。
だいたい750mlのペットボトル1本2,000クワチャ(約40円)前後。
破格ですね。

ちなみに、JICA事務所ではさらにお安く、ペットボトルなどを持って行けば、
750mlが600クワチャ(約12円)で買えます。
安!

というわけで買って暮らせないわけでもないのですが、
買うのも面倒だし、まあ毎日それなりに飲むものなので、
ろ過して飲んでいます。

ろ過器はこちら。

RIMG2100.jpg

これはJICAから貸与されます。

どんな順序でやるものなのかよくわからないのですが、
念のため、一度ろ過して、それを10分以上煮沸して、
それをまたろ過して飲んでいます。

煮沸すると石灰(が何かもよくわかっていませんが)が浮き上がって、
白く濁ります。
そのため、水の煮沸専用のお鍋はこんなことになっています。

RIMG2103.jpg

先輩隊員から引き継いだものですが、初めて蓋を開けたとき、
そのこびりつき具合に驚きました。
洗ってももちろん落ちません。

一人暮らしを初めて1か月、ろ過した水を毎日飲んでいますが、
お腹を壊したことはないので、この方法で大丈夫なようです。

夕飯後に煮沸して一晩冷まして朝容器に詰めるのが日課になっています。

さて、お水はそんなふうに飲んでいるのですが、
お湯はといえば、簡単。
電気ポットで沸かすだけ。

RIMG2106.jpg

中の電熱装置の部分には、やはり石灰がこびりついています。

RIMG2108.jpg

この電気ポット、コーヒーカップ1杯分なら数分で沸騰します。
沸騰したら、さっさと飲んでいます。

水に比べてこの適当さはなんなんだと、我ながら思います。
これで問題ないのなら、
水も沸かすだけで大丈夫なんじゃないかと思ったりします。
まああの白いのをそのまま飲む気にはなりませんが。

それに、例えばトマトとか、ぶどうとか、
水道水で洗ってそのままひょいと食べたりします。

意外とそのまま飲んでもイケるんじゃないかと思ったりしています。
帰る前に一度試してみるのもいいかもしれません。

シマ屋さんなどでたまに水が出てきたりしますし、
ホームステイ中や配属先でも頂いたりしています。
どんな水かわかりませんが、
なんでも試してお腹を強くするというのも、必ずしも悪くもない気がします。
2010.05.26 Wed l 保健・衛生 l top
5月21日(金)。

14時半頃、帰宅して冷蔵庫を開けると電気がついていない。
そう、停電していました。

4月半ば、先輩隊員訪問でチンゴラに行ったときに停電しましたが、
この家に暮らし始めてからは初めての停電。

JICA事務所へ行く用があったので、
帰ってきたら復旧していることを願って出発。

さて、2時間半後。17時過ぎ。
帰宅しましたが電力は戻っていませんでした。

しかたなく覚悟を決め、
暗闇でシャワーを浴びるのが嫌だったのでまずシャワー&洗濯。
ギザ(温水装置)も切れているので冷水を覚悟しましたが、
なぜか微妙にお湯が出ました。
ありがたや。

夕飯はちょうど買ってきたパンのみで済ませようと
思っていたところだったので(ちなみにこれ初めて)、
よかったものの、これではコーヒーも淹れられない。

とりあえず新聞くらいは読むかと、ろうそく4本に点火。
ろうそくつけるだけで、なんとなくわくわく。
停電も悪くないかもとやや楽しくなる自分。

「停電したら寝るに限る」という話を聞いていたので、
まあ寝るとまで行かなくとも、
パンかじったらさっさとベッドに入って、
ろうそくの明かりで本読むかなと思っていました。
寝るときは吹き消せばいいんだから楽だや、なんて。

と、18時。
あっけなく復旧しました。
なんだかいろいろ考えていただけに拍子抜け。

金曜日は停電に要注意です。
2010.05.24 Mon l 住居 l top
日本から荷物が届きました。

発送:5月16日(日)午後(日本時間)
到着:5月21日(金)(ザンビア時間)

15時に私がJICA事務所に来たときには到着していました。
たったの5日です。驚きの早さ。
クロネコヤマト、やるな。

何を送ってもらったかと言えば…

RIMG2061.jpg

うれしくてついつい並べてみる(一部)。

コーヒードリッパー、大事です。
豆もフィルタも売ってるのに、ドリッパーがなくて。
今まで使い切りの円筒型のプラスチックで代用していました。
しかしこっちに来るまでは、
ドリップコーヒーの飲める生活ができるとは思っていませんでした。
ちょっとした幸せ。

それからコンバット。
これも大事です。
でも実は、私、まだ家でゴキブリ1匹しか見ていません。
ここアフリカにおいてはかなり奇跡的なことです。
ゴキブリ、うじゃうじゃ出るものと覚悟して来ました。
前に住んでいた先輩隊員の残してくれたコンバットがまだ効いているのでしょうか。
目指せゴキブリフリーの家。

フリーズドライ系のおみそ汁や食品。
なくてもいいはいいのですが、
自炊がめんどくさくて毎日一品しか作らないので、
あると食卓が一気に華やぎます(というほどでもないか)。
豚汁があったのが地味にうれしい。

そして雑誌。
ご飯の楽しみが増えます。うれしい。

ちなみにクロネコヤマトで日本からザンビアへ送る場合、
料金体系は次のとおり。

①3辺合計60cm以内かつ2kg以内:4,100円
②3辺合計80cm以内かつ5kg以内:8,500円
③3辺合計100cm以内かつ10kg以内:14,600円
④3辺合計120cm以内かつ20kg以内:20,400円

料金としてはおそらく郵便局とそんなに変わりませんが、
いろいろと郵便局より使い勝手がいいです。
ザンビア、EMSの取扱いはありません。

そうそう、
郵便局だとザンビアで局留めになってしまい、
自分で取りに行くまで延々と保管料が取られるらしいです。

宅配便でも引き取り手数料というものもあり、
今回は②1箱でK6,500(約130円)でした。
JICAが代わりに払っておいてくれて、
あとからJICAに請求されます。

ザンビアから日本に送る場合はいくらかかって何日で届くのでしょうか。
試しにやってみたい気もします。
2010.05.24 Mon l 流通 l top
ルサカ(というかザンビア)の二大ショッピングモールのひとつ、
Arcadesにある本屋さんに偵察に行きました。

その名はPlanet Books。

これ以外に見かけた本屋さんは、
もうひとつのショッピングモール、Manda Hillの中にある、
Bookworldともう1店舗(店名見てこなかった)のみ。
(あとCrossroadsにもBookworldがありましたが。)
Bookworldは教育関係が多く、
もう1店舗のほうは旅行や写真が充実していました。
ただ、いずれも小ぢんまりしています。

で、Planet Books。

広い。
驚きました。

なんでもあり、とは行かないまでも、かなりの品揃え。
(ほとんどが輸入物ですが。)
フィクション、ビジネス、趣味、教育、旅行などなど、
様々なジャンルがありました。

うれしかったのは、アフリカ中心の世界地図があったこと。
しかし90,000クワチャ(約1,800円)だったため、
今回は購入を見合わせ。
そのうち買います。

代わりに、お目当ての現地語関係本がいくらかあったので購入。

RIMG2047.jpg

ニャンジャ語、ベンバ語、トンガ語、ロジ語の文法本。
(ただしニャンジャ語のものは日本にいるときにAmazonで買ったもの。)

ついつい買ってしまうんですが、
買っただけで満足しないように気をつけます。
ちゃんと読みます。そのうち。

チェックすべき本屋で残るはBookworldザンビア大学支店。
言語関係がいろいろあるのではないかと、楽しみです。
2010.05.21 Fri l お店・マーケット l top
私の家の近所に中華レストランがあります。
その名は「東方飯店 (Dong Fang Restaurant)」。

RIMG2030.jpg   RIMG2034.jpg

立派な建物ですね。
最近リニューアルしたらしいです。

JICA事務所方面から家に帰るときの帰り道にあるので、
よく通ります。

現地訓練中にお昼に一度、
先輩隊員と共に夜に一度、行きました。

餃子、春巻き、シュウマイなど、一通りあります。
ただ、チャーハンの味が、
味付け忘れてるよってくらい薄いです。

他にも何軒か中華に行きましたが、
ものすごくおいしいと思ったことはないです。
なんか違う、という味です。

先日購入したBradtのガイドブックの地図に載っていたのですが、、、

dingfong.jpg

赤い囲みにご注目。
"Ding Fong"になっています。
残念。
2010.05.21 Fri l お店・マーケット l top
ザンビアには季節が3つある、と言います。

4月~7月 寒い乾季
8月~10月 暑い乾季
11月~3月 雨季

(うろ覚えなので間違っているかもしれません。)

最近、日に日に寒くなってきていて、
朝晩は半袖だと寒く、
昨夜からユニクロのフリースを着て寝ています。

ありがたいことに私は暑さにも寒さにも強いタチなので、
それはいいのですが、
問題は、乾燥がひどくなってきたこと。

足先や指先が局部的に乾燥肌で、冬にはよくあかぎれします。
こちらに来る直前も、両手の人差し指の第一関節があかぎれし、
えらいことになっていました。

さて、ザンビア。
日に日に乾燥しています。
毎日ビーサンで過ごしているのですが、
自転車通勤でものすごい埃をかぶったり、
何時間も散歩したりしていたら、
見事に両足のかかとがぱっくりあかぎれしました。

いやはや、見てしまうと急に痛くなるものです。
カリッカリに乾燥しきっているので、治る気がしません。
絆創膏を貼っても、くっつかずにはがれてしまうし、
どうしたものか。
2010.05.19 Wed l 地理・気候 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。