上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
午前
・今週のreview
・来週のpreview
・impromptu speech

午後
・technical project

単語
on the spur of the moment
hepatitis 肝炎
rabies 狂犬病
tetanus 破傷風
luekemia 白血病

今日は村落開発普及員の隊員がテクニカルプロジェクトとして、
HIV/AIDSについてのpeer educationを行いました。
peer educationとは、
同じコミュニティにいる者同士で知識を共有して理解を深める活動のことです。

まず、HIVに感染する3つのパターンを学び、
それから正しいコンドームの使い方の実習をしました。
一人ひとりにコンドームセットが配られました。
ハートでかわいく飾ったり飴を入れたりと、
女の子が親しみやすいように工夫されています。

DSC06107.jpg

初めて見る女性用コンドーム。
実習したのは男性用コンドームです。
バナナを使って実際にみんなで装着してみました。

専門用語(?)もいろいろ習い、
発音もしっかり教えてもらいました。
大事なことです。

バナナは最後においしく頂きました。
スポンサーサイト
2010.01.30 Sat l 派遣前訓練(語学) l top
「協力活動手法」

職種別にわかれて、協力隊の「技術顧問」と呼ばれる方々から活動手法を学ぶ講座です。
私の職種である「青少年活動」隊員は全部で19人。
どんな活動をすべきかを隊員報告書からの抜粋をまとめた資料をもとに説明を受けました。

隊員報告書とは、隊員が任期中に5回書かなければいけないもので、
広尾のJICAの「地球ひろば」資料室などで誰でも閲覧することができます。

参考になりました。


「参加型開発手法」

参加するかどうか選択できる選択講座のひとつで、
希望者が多かったため予備時間の19時から21時まで開かれました。
遅い時間はなかなか辛い。

「住民参加型のまちづくり」などに用いられる手法だそうで、
要は問題点を整理するための話し合いのしかたを学びました。
問題点を列挙して、ひとつずつ「総あたり」に比較していって、
何が最も重要な問題かを導き出すというものです。

この話し合いがうまくいくかどうかは、
ファシリテーターと呼ばれる進行役の腕にかかると思いました。
2010.01.29 Fri l 派遣前訓練(講座) l top
昨日は一日所外活動だったので、今日は金曜日だけど4日目。

chrysanthemum 菊
secular 非宗教的であること、宗教に対して中立的な立場であること

今日のリスニング&ディスカッションのテーマ。

1. If a person knowingly exposes another person to the virus that causes AIDS, he or she should be punished by law.

「HIVに感染している人が故意に他人にウィルスを移す行為をしたら、罰するべきである。」

2. Insurance companies should be required to sell insurance to all clients at the same cost, regardless of whether they have AIDS or the virus that causes the disease.

「保険会社はエイズにかかっていてもいなくても同額の保険を売るべきである。」

3. Discrimination against AIDS victims is as serious as discrimination against people of different races.

「エイズに対する差別は、人種差別と同じくらい深刻なものである。」

repugnant とても不快な
GP general practitioner(専門医に対して)一般医

リスニングの内容は、HIVに感染している医師が事実を公表すべきか悩むストーリーでした。
その医師に対してどういうアドバイスをすべきか?と問われました。
公表すべきだ、公表しても問題ないサポート体制のある社会を作るべきだ、
ではなぜ現状そうなっていないのか?というような話になりました。

衝撃的だったのは、ストーリーの中に出てきたKimberly Bergalisという人の話です。
歯医者で治療を受けた際にHIVに感染したとされ、これが発端となり、
全米でhealth care workerに対するHIVテスト義務付け論争が巻き起こったそうです。
1991年頃の話です。
感染元が本当にその歯科医だったかどうかは、
ウィキペディアを読む限り決着がついていないようですが、
そんな話自体まったく知りませんでした。

私の配属先はエイズ支援NGOなので、
これからPLWHA(people living with HIV/AIDS)と呼ばれる人々と
日々を過ごすことになります。

このディスカッションを通して、
いかにこのエイズの問題が自分にとって遠い話であったか、
よくわかりました。

午後はテクニカルプロジェクト。
折り紙第2回目も無事終了。

hydrangea あじさい

菊といいあじさいといい、花の名前って難しい。
(ちなみにどちらもたまたま出てきただけ。)
2010.01.29 Fri l 派遣前訓練(語学) l top

DSC06090.jpg

所外活動から帰ってきたとき、16時半頃の空。
なんとも不思議な雲でした。
お月さまも大きく見えました。

ところで、今日は雨でした。
ちょっと前に異様に暖かったとき、
訓練所の周りの雪がかなり解けてしまい、
あれ以来、積もりません。

つまらないな。
2010.01.28 Thu l 派遣前訓練(生活) l top
「普段と違う環境でどのように人々と関わり合い、
相手の役に立てるかについて実践を通じて考える。」

こんな「ねらい」のもと、協力隊員は「所外活動」というものをこなします。
訓練所近隣の保育園、障害児施設、高齢者施設、農家などを
5人程度の小グループで訪問し、日常業務を体験するというものです。
この所外活動の日は2日間設けられていて、
今日が1日目でした。

行きたいところは自分で選びます。
私はキュウリ農家を選びました。

8:30 訓練所出発
9:00 農家到着、お話
10:00 作業
12:00 お昼・休憩
13:30 作業
15:40 片づけ
16:00 農家出発
16:30 訓練所帰所

ビニールハウスでひからびたキュウリをすべて片づける作業をしました。

DSC06067.jpg  →  DSC06064.jpg  →  DSC06077.jpg

これをビニールハウス4つ分こなしました。

考えてみればおそらく今まで農家の人と直接お話ししたことはなく、
正直半分くらいお父さんの言っていることが訛りが強くてわからなかったり、
いろいろとカルチャーショックを受けました。

でも、あっという間に時間が過ぎて、とても楽しかったです。
お父さん、お母さん、お世話になりました。
また3週間後によろしくお願いします。
2010.01.28 Thu l 派遣前訓練(その他) l top
口内炎ができました。
どういうことでしょう。
ストレスでしょうか。

でもそんなみかんもついになくなりつつあります。
今まで食べていたのはほとんどいただきものなので、
今度こそ自分で箱買いしたいと思います。

語学教室には有田みかんの魅力的な通販チラシが置いてあります。
いろんな色のいろんな種類のおいしそうな柑橘類の写真が並んでいて、
何度も眺めています(やばい)。

こんな山奥にいると、通販の素晴らしさが身にしみます。
Amazon.comにはもう3回もお世話になりました。
1,600円の洋書がとても安く感じました。
お金をあまり使わないのと、あまりに人里離れているのとで、
お金の感覚が狂ってきました。

任国での生活を想像するのにちょうどいい場所だと思います。
2010.01.27 Wed l 派遣前訓練(生活) l top
協力隊員が赴任するような国は、交通事情が悪いです。
道路が舗装されていないのは当たり前、
車優先は当たり前、
信号ないのも当たり前、
そもそも交通ルールがないに等しいも当たり前、
そんな世界です。

犯罪よりも何よりも、交通事故が一番危ないとそんな話も聞きます。

ザンビアでも首都ルサカのグレート・イースト・ロードという幹線道路は、
制限速度120㌔だとか。
横断するのも命がけです。

十分気をつけたいと思います。
2010.01.27 Wed l 派遣前訓練(講座) l top
今日はテキストをやりました。
でもテキストを教室に置いてきました。

とりあえず手元にある資料から、今日の単語。

compost
complacent
huckster

あとは、テキストで覚えてる限りでは…

sleet
acronym
a clap of thunder / thunder claps
a bolt of lightning / lightning bolts

thunderboltって言い方をするような気がして先生に聞いてみたら、
それは言わない(thunderは音、boltは光だから)、
でもディズニー映画とかでは使うかもって言われました。
結構出てくるような気もします。
ハリーポッターにもありそう。

acronymは私の好きなやつです。頭字語。
こんなぴったりの単語があったなんて。
好きっていうか、何の略なのかとても気になるんです。
ちなみに、Blvd.みたいのはacronymではなくabbreviationです。

午後は2回目のテクニカルプロジェクト。
日本では「ノコギリガザミ(鋸蝤蛑)」と呼ばれるらしい、
マングローブに生息するカニを取り上げた仲間がいて、
zoea(甲殻類の幼生), megalops(zoeaの次の段階)という、
超専門的な単語を習いました。
数ヵ月後には忘れているだろうな・・・

それから、任国での危険について。

リスニング練習をしているときに、
題材はGreen Consumerismだったのに、なぜかそんな話になりました。
万一誰かに襲われるとか危険な目に遭ったら、なんと叫べばよいか。

Help! でも、Police! でもなく、
Fire! と叫びなさいと言われました。
なるほど。

協力隊員の中には、活動中に交通事故や病気で亡くなった人や、
エイズに感染して帰国した人がいます。
殺人に巻き込まれた話は個人的には聞いたことがありませんが、
もしかしたらいるのかもしれません。
強盗やすりなどの犯罪被害に遭っている人は、
軽犯罪を含めれば相当数いると思います。

どうやって自分の身を守るか。
ちょっとですが、そんな話にもなりました。
2010.01.27 Wed l 派遣前訓練(語学) l top
今日の注射はB型肝炎。
私は高校でアメリカ留学したときに受けていたので、必要なし。
接種不要の人も一度講堂に集わなければなりません。

予防接種と併せて、OV dayオリエンテーションなるものがありました。
2月12日(金)に各国の帰国隊員が来て任国事情を話してくださるイベントがあるそうで、
そのための打ち合わせというか企画書を作りなさいとのことでした。
OVとはOB・OGの総称のようなもので、old volunteerの略です。
とりあえず質問をたくさん並べ、予防接種を待つ間にほぼ完成。

「自主的に○○しなさい」という指示を受けるという、
パラドキシカルなことの多い訓練です。
2010.01.26 Tue l 派遣前訓練(予防接種) l top
今日のお絵かき。

DSC06050.jpg  DSC06049.jpg

今日のお菓子机(勝てない誘惑)。

DSC06045.jpg

勝手に私有地化した教室の一角(ほかにこんなにモノを置いてる人はいない)。

DSC06046.jpg

朝から晩まで研修棟で過ごすことが多くなってきました。
2010.01.26 Tue l 派遣前訓練(語学) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。