上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
3か月前のことだけれど、
ゴールデンウィークに自転車を持って旅に出た。
ザンビアに行く半年前(2009年9月)に行って以来、
ずっと再訪したかったしまなみ海道(当時はレンタサイクル)。
はじめての輪行にドキドキしっぱなしの2日間。
すべて予定通り無事に終わって帰ってきたときには、
なんだかものすごいことをやってのけたような充実感と爽快感。
人生やっぱこういうのがなくっちゃ。(大げさ)

と、例によって行く前にいろいろとネットで調べたので、
私の旅も誰かの旅の参考になればと、記録しておきたい。

しまなみ海道ってこんなところ。
map_o.gif
(クリックでしまなみ海道観光マップのサイトへ飛びます。)

行程はざっとこんな感じ。

2014年5月5日(月・祝)

08:52 尾道駅 着
09:30 向島行きのフェリー乗船
11:30 ドルチェ着
11:45 ドルチェ発 ※この頃雨が止む
13:10 伯方 道の駅 着
14:00 伯方 道の駅 発
15:00 いきいき館 着
15:20 いきいき館 発
16:00 展望台着
16:15 サンライズ糸山着
16:45 サンライズ糸山発
17:15 今治アーバンホテル 着

では、振り返ってみたい。
写真があんまりなくて申し訳ない。
長いのでご注意。

まずは、出発前日に、はじめての自転車解体にチャレンジ。
(前日っていうこの無謀さ。でもそれまで時間がなかったのだ。
どうしても無理そうならレンタサイクルにしようと思っていた。)
私が毎日愛用しているチャリは、GIANTのEscape R3。
どこでも見かけるよくあるやつ。
ザンビアから帰国してすぐに買ったもの。
スポーツバイクを扱っている自転車屋さんにいきなり電話して、
輪行のしかた教えてもらえますかってお願いしたら、
お客さんが来なくて空いていたらいいですよと快く引き受けてくださった。
そして実際午前中いっぱい根気よく付き合ってくださって、
3回くらい解体して組み立ててを繰り返して、やり方をマスター。
しかもお代も何もいらないと。ただただ感謝。

自宅に帰って慎重に解体し、満を持して翌5月5日、4連休の3日目、
名古屋始発の博多行きののぞみに関西の自宅近くの駅から乗車。
徒歩10分の最寄駅まで歩いて行くだけでその重さにヘトヘトになって、
階段とかいろんなところにぶつけてかなり心配になり、
新幹線に乗ってようやく人心地。
始発ということもあって車内はガラガラ。
指定席はもちろん一番うしろの3人掛けを確保。
自転車は見事にすっぽり。

s-140506_092619.jpg

福山で山陽本線へ乗り換え、9時前には尾道に到着。
駅構内にある観光案内所の目の前で9時になるまで待って、
案内所が開くと同時にしまなみサイクリングクーポン購入。
このクーポンを使えば、
500円かかる橋の通行料が250円で済んでしまうのだ。

駅を出ると、さすが尾道駅、ちゃんと自転車を組み立てるスペースあり。
雨が降っていたので、屋根があるのはなんともありがたい。
心配していたがどうやら無傷で運べたようで、
組み立てるのも一発ですんなりできて、
尾道駅で自分のチャリに乗ったときのうれしさと言ったら。
雨なんてなんも気にならない。
ワクワクしながら9時半に向島(むかいしま)行きのフェリーに乗船。

向島に着いて、いよいよサイクリング開始。
雨はそれなりに降っていて、他にサイクリングしている人はほぼなし。
あっという間に向島を過ぎ、因島(いんのしま)も過ぎ、生口島(いくちじま)へ。

s-140505_105430.jpg
雨模様の生口橋。
でもこの橋を過ぎて、段々と雨が小降りに。
そして出発からほぼ2時間の11時半、生口島(いくちじま)に渡り、
前回は立ち寄れなかった念願のジェラート屋さんドルチェに到着。

それまで、チャリ乗ってる人少ないなーと思っていたけれど、
ドルチェはお客さんで満杯。
駐車場・駐輪場もいっぱい。
おいしいジェラートでちょっとしたぜいたく気分に浸り、
ここでレインウェアを脱いで再出発。

生口島は前回来たときに泊まった島で、
レモンやその他の柑橘類の産地で(レモン生産量日本一らしい)、
平山郁夫の出身地で平山郁夫美術館があって(ここ、とってもいい!)、
耕三寺っていうカラフルなお寺があって、
島全体にいろんなアート作品があって島全体が美術館みたいになっていて、
とにかく素敵な素敵な島なのだ。

情緒あふれる商店街を通りながら、
ちょっとは降りて散策しようかと誘惑に駆られたけど、
はじめての一日でのしまなみ海道走破だから、
どんなに時間に余裕はありそうでも、
何があるかわからないから(パンクとかね)、
夕方までにちゃんと渡りきるということを最優先して、
用心して我慢してそのままチャリで通過。

多々羅大橋(たたらおおはし)で多々羅の鳴き龍にご挨拶して、
大三島(おおみしま)へ。
大三島は大きいのだけれど、しまなみ海道は海沿いにすぐに抜けてしまう。
次の伯方島(はかたじま)の道の駅でお昼にしようと決めていて、
13時過ぎに道の駅「伯方S・Cパーク マリンオアシスはかた」に到着。
SとCはそれぞれSportsとCultureの意味だそうだ。
お昼はしらす丼をチョイス。

s-140505_131235.jpg
ウマい!大満足。

実は出発前に肝心の空気を入れてくることを忘れて、結構心配だったので、
ここで空気入れを借りて空気満タンに。
もちろんフレンチバルブの空気入れもちゃんとあります。ありがたや。
ここまで順調に来たので、ちょっとのんびり休憩。
14時に再出発。
気づけばあとは大島の真ん中を突き抜けて来島海峡大橋(くるしま、と読む)を残すのみで、
あっという間に過ぎてしまって寂しいやら何やら。
大島といえば、長~い上り坂。
そしてそれを過ぎればあっという間に道の駅「いきいき館」。
ここの七輪バーベキュー、一度してみたいなぁ。
ここでも小休止して、気合いを入れて、いざ来島海峡大橋へ!

来島海峡大橋は、全長4kmに及ぶ3連の吊り橋で、
チャリで走ると、まさに海の上を走っている気分になって、
それはもう、言葉では言い表せないくらい爽快なのだ。

s-IMG_0020.jpg

のんびり30分以上かけて空中散歩(散走)を楽しみながらゆっくり渡り、
渡りきったあとにそのまま今治側の展望台へ。

s-IMG_0030(1280).jpg
いやぁ、絶景かな。

s-IMG_0039 - コピー
愛車も入れて記念写真。

あっという間に終わってしまったなぁ、というのがまず思ったこと。
全然疲れもせず、とにかくあっという間だった。
なんだか物足りないくらい。
次は、いろんな島に泊まりながら、いろんな寄り道をしたい。

この後、サンライズ糸山になんとなく寄って、今治市内のホテルへ。
アーバンホテルというところに泊まったのだけれど、
まさかのエレベーターが狭くてチャリ入れるのに一苦労。
室内持ち込み可でも、その仕様にはなっていなかった。。
でも駅に近いのは良し。

ホテルでチャリを解体し、翌日は帰るだけ。
6:50発のしおかぜ6号に乗って岡山へ。
しおかぜも一番うしろの席を取っておいたのだけれど、
うまく座席のうしろに自転車を滑り込ませることができず、
デッキでくくりつけておくことに。

s-140506_070548.jpg

新幹線は、連休最終日がどれだけ混むのか予想がつかず、
岡山駅始発のひかりの指定席を取っておいてみたら、
発車したときにはこんな状態。

s-140506_095704.jpg
車両まるごとひとり占め!
その後だんだんとお客さんは増えてはきたけれど。

というわけで、お昼前には無事に自宅に帰着。
早速自転車を組み立て、外していたスタンドも取りつけて、
異常のないことを確認。
そのまま出発前にお世話になった自転車屋さんに、
お礼を言いに行って、無事にはじめての輪行が終わったのでした。

輪行にあたって一番心配だったのは、パンク。
私が用意していったのは、
予備のチューブ、携帯空気入れ、そして工具。
それからバイクメンテナンスの本。
実際にチューブを取り換えたことはないのだけれど、
まぁ、しまなみ海道だからきっと人がいっぱいいて、
誰か助けてくれるだろうという甘い算段。
幸い誰にもお世話にならずに済みました。

はじめての輪行の反省点は、荷物が重かったこと。
私の輪行袋、結構大きくて重いということに、持ち運んでみて気がついた。
そして、一泊にしては大きめの30リットルのデイパックで行ったものだから、
入ってしまうばっかりに必要のないものまでいろいろ持っていってしまい、
無駄に疲れるはめに。
やっぱり旅の荷物は軽いのが一番。
特に自転車でずっと持ち運ぶのならなおさら。
次回に活かさねば。

何度でも行きたいしまなみ海道。
次は島に泊まる!
せっかく覚えた輪行、どんどんやっていかないとな。





スポンサーサイト
2014.08.03 Sun l ザンビアじゃない話 l top
We busted out of class
Had to get away from those fools
We learned more from a three-minute record
Than we ever learned in school

Tonight I hear the neighborhood drummer sound
I can feel my heart begin to pound
You say you're tired and you just want to close your eyes
And follow your dreams down

We made a promise we swore we'd always remember
No retreat no surrender
Like soldiers on the winter's night
With a vow to defend
No retreat no surrender

Now young faces grow sad and old
And hearts of fire grow cold
We swore blood brothers against the wind
And I'm ready to grow young again

And I hear your sister's voice calling us home
Across the open yards
Well even we can cut someplace of our own
With these drums and these guitars

'Cause we made a promise we swore we'd always remember
No retreat no surrender

Blood brothers on a summer's night
With a vow to defend
No retreat no surrender

Now out on the streets tonight the lights are growing dim
And the walls of my room are closing in
But it's good to see your smiling face
And to hear your voice again

Now we can sleep in the twilight
By the river bed
With a wide open country in our hearts
And these romantic dreams in our hands

'Cause we made a promise we swore we'd always remember
No retreat no surrender

Blood brothers on a summer's night
With a vow to defend
No retreat no surrender
No retreat no surrender


パックがフィンに歌った歌。
後戻りも降伏もしない。
May his soul rest in peace.





2014.06.09 Mon l ザンビアじゃない話 l top
前回の記事の続き。

さて、二次試験。面接である。
内容は、与えられた5つのトピックの中からひとつ選んで、
1分間の準備時間を経て、2分間のスピーチをするというものである。
それに質疑応答がくっついてくる。

評価の観点は4つ。

Short speech(スピーチ) 30点
Interaction(やりとり) 30点
Grammar and Vocabulary(文法・語彙) 20点
Pronunciation(発音・アクセント) 20点
計 100点

※合格ラインは60点

とりあえず過去問を見てみると、
こんなの日本語でも答えられません!!
ってなのばかり。

例えば…
1. Is democracy the best form of government?
(民主主義は最良の政治形態か)
2. Does fashion play an important role in shaping cultural identity?
(ファッションは文化的アイデンティティーの形成において重要な役割を果たすか)
3. Can Japan's rural communities be revitalized?
(日本の村落地域は活性化され得るか)
4. Agree or disagree: Zoos do more harm than good.
(賛成か反対か:動物園は利点より弊害のほうが大きい)
5. Will religion have a bigger influence on global politics in the future?
( 今後、宗教が国際政治に与える影響はより大きくなるか)

※日本語訳は私の適当訳です。あしからず。


こんなん無理だろーと思いつつ、
まず一度、身近にいるネイティブスピーカーをつかまえて、
模擬面接をお願いしてやってみた。
と、全然2分も話が続かないし詰まって何も言えなくなって、
「ゴメン、できないわ」と、自ら打ち切り。
これやるまで、ま、なんとかなるだろうと思っていたのだけれど、
一気に焦り始め、本格的に対策することにしたのが本番1週間前。

過去12回分に出題されたトピックをすべて集めて一覧にして、
やったこととは、ひたすら、
実際に時間を測って1分間で準備して2分間(頭の中で)しゃべり続ける。

これを繰り返していくうちに気づいたことは、
(当たり前だけど)得意なトピックと苦手なトピックがあるということ。
私の場合は…
言える→「教育」「途上国・国際協力」「ジェンダー」「企業」「芸術」「都市化、過疎化」「高齢化」
言えない→「政治」、「科学」、「生命倫理」

というわけで、
まったく意見が思いつかなかったり、自分の経験から語れないものは、
ばっさりと捨てることに。
5つあればひとつくらいは語れるトピックがあるはずで、
大事なのは、一般論に終始せずに、
自分の体験から語って持論に説得力を持たせること。

あとは、とりあえず2分間しゃべり続けること。
言い返せば、それ以上を求めないこと。
即興スピーチでそんなに美しく型通りのスピーチができるわけないので、
具体例が最低2つ挙げられて2分続けばOKということに(勝手に)した。

果たして二次面接当日。
見た目の印象も大事でないはずがないので、
スーツこそ着なかったけれど、仕事着程度のかっちりしたものに。
早めに行かないとものすごく待つことになるということは調べてあったので、
集合時間の50分前に会場に到着(1級受験者の中で3番目)。
集合時間から10分後くらいに控室から面接室廊下に案内されたが、
そこから待つこと30分以上。
前に3人(そもそもの集合時間が早かった人)いて、
面接官の10分の休憩もあって、
結局自分の番が回ってきたのは集合時間から45分後くらい。

面接室に入ったらまずは自己紹介をするのだけど、
「ザンビアで2年間ボランティアしてました」って言ったら、
ネイティブスピーカーの初老のおじいちゃん、JICA volunteer?と。
具体的に何してたのかまで聞いてくれて、いい雰囲気で面接開始。

渡されたトピックざっと見て、10秒くらいで「これだ!」と決めたのが、
Are female empolyees discriminated against in Japan's major corporations?
(日本の大企業では女性差別が存在するか)

※ちゃんと覚えているわけではないので、正確には違う可能性大。


日本企業で働いていた女性として、話せることあるぜ!と思い、
残りの50秒間で一生懸命スピーチを構築。

実際に話したことは、あんまり詳しくは書けないけれど、
まだまだ男性優位の社会であるという話を、
会社員時代と今の仕事と両方の話を踏まえて、力説。
詰まったり沈黙したりすることなく、ちょうど2分。
というか実際には、2分を越えたのでやめようとしたら、
私の実体験の話がネイティブのおじいちゃんには相当びっくりだったらしく、
「続けて」と言われたり。
それでもそのあとすぐに終えて、約2分。

そのあとの質疑応答はなかなか難しく、
政府と民間とどっちが女性の社会進出をリード(ヘルプだったかな)すべきか、
(いや、どっちが効果的か、だったかも)
とか聞かれ、なんとか答えても理由が理由になってなかったり、
かなりしどろもどろに。

でも、まぁ自然なコミュニケーションは取れたし、落ちてはないかな~という感触。

で、結果がこちら。
eiken_interviw.png

Short speech(スピーチ) 24/30点
Interaction(やりとり) 18/30点
Grammar and Vocabulary(文法・語彙) 16/20点
Pronunciation(発音・アクセント) 16/20点
計 74/100点

やっぱり質疑応答(やりとり)が低かった。

ちなみに、ネットでいろんな人が書いているけれど、
文法・語彙と発音・アクセントの評価は、スピーチ内容ややりとりに引きずられる可能性大。
印象さえよければすべてが上がると思われる。
私だって文法は結構ひどかったはず。

以上、英検体験記でした。
英検1級を取ったからには、次に目指すはあの国家資格。。。



2014.03.15 Sat l ザンビアじゃない話 l top
もう3~4か月前の話だが、英検1級に合格した。
2013年度第2回である。

高校3年のとき、留学から帰ってきてすぐに受けて、
ひどい点で落ちたきり、英検はご無沙汰だった。
今年度新たに就職して、仕事柄、受験料が安くなることを知り、
せっかくだから受けてみようと思い立ったのである。

とりあえず対策として、
旺文社から出ている過去問6回分の問題集を買い、
さらにその6回前の分の問題集と、
リスニングCD過去12回分を図書館で借りた。

過去問を3回分くらい解いてわかったのは、
リーディングの問題は9割以上できて、
リスニングも8~9割できて、
語彙問題は悲惨なほどできなかったので(半分くらい勘で正解率5割)、
過去問ばかり解いていても意味がないということ。
語彙問題に集中的に取り組むことに。

知っている人は知っているが、
英検1級の語彙問題は、
専門用語と言いたくなるような語のオンパレードである。
4択問題なのだけれど、
選択肢4つとも見たことも聞いたこともないぜ!
って感じなのである。少なくとも私には。

おそらくTIMEのような雑誌には普通に出てくる語彙なのだろうが、
いかんせん私はTIMEなんて日常的に読まないので、
私の今の生活では決して出会わない語彙である。
すなわち、覚えられないというか、
一度覚えたところで以後出会わなかったらすぐ忘れるだけだから、
覚える意味あるのだろうかと思ってしまったのである。

結局、試験に合格するためだけという、
無意味な勉強をすることになり、
よっぽど辞めようかとも思ったが、
英語の語彙を覚えるという作業自体が楽しかったので、
とりあえずこんな感じで、
過去12回分の問題で解けなかったものをすべてノートに書き写した。
それで何度も(と言いたいところだが、実際には何度か)読み返した。
(読むだけで語彙の意味を推測できるタイプの問題である。)

s-140215_222607 - コピー

それから、試験直前になって、
単語集を買えばいいんだ、と気づき、
「パス単」という英検1級用の単語集を購入。
試験前日はこれを1時間くらい眺めて無理やり頭に詰め込んだ。

ま、これくらいでは語彙が身に付くはずもなく、
結局あんまりやった意味がなかったが、
果たして結果はご覧のとおり。

英検1級結果

語い・熟語 16/25 (64%)
読解 24/26 (92%)
リスニング 31/34 (91%)
作文 22/28 (78%)

何にも対策しなくても同じようなスコアを取った気がしないでもない。
作文はそれなりに書けたと思ったのに思ったより点が低くて、
恥ずかしいというかどうすれば満点解答が書けるのかわからない。

ともあれ、めでたく一次試験に合格。
長くなったので、二次試験についてはまた来月。


2014.02.15 Sat l ザンビアじゃない話 l top
ザンビアとは少しも関係のない話ですが、
こういうときには赤の他人のブログ記事が心強いもので、
私もだいぶいろんな人のを読ませてもらったので、
自分も少しでも誰かの参考になればと。
じんましんのお話。

それは今から8か月前、今年(2013年)の3月のこと。
東京での前の仕事の契約が3月31日まで(土日だったので事実上29日まで)で、
関西での新しい仕事(今の仕事)が4月1日から始まるという鬼スケジュールで、
テクニカルな諸事情で休暇もほとんど取れず、
残務と引越し準備と新生活準備でパニクっていた私。

気づいたら、夕方になると体がかゆくなっていました。
それでも私、元々埃アレルギー体質だったので、
引越のために部屋を片付けているからだと思い、5日くらい放置。

が、ある日ふと思い立って背中を鏡に映してみると、
自分が引っ掻いた跡がそこかしこに見事に赤く残っているではありませんか。
ぎょえっと思い、その足で皮膚科へ。

言われたことには、元々アレルギー体質だったのが、
引越や新生活へのストレスで激しくなっているのでしょう、とのこと。
「アレロック」という抗ヒスタミン剤を処方してもらい、
とりあえず1週間1日2回飲んでみることに。
で、症状が治まればそれでよし、
まだ続くようだったら引っ越してからまた皮膚科に行ってください、
とのことでした。

このアレロックという薬を飲み始めたら見事にかゆみも発疹も治まって、
数日後に無事引越完了。

と、休む間もなく住居も職場も何もかも新しい環境での生活が始まり、
目の回るような忙しさが続き、薬が切れた4月の第2週目から、
じんましん再発。
以前よりも激しさを増し、
朝や夕方、そして入浴時には、サイボーグにでもなったかのように、
肩から背中にかけて全身みみず腫れに。

s-130410_005247.jpg
これ、かなり小さくしてますが、背中の写真(ひぇー)。

s-s-130401_222734.jpg
おでこも一面真っ赤に(生で見ると写真以上に迫力があります)。

かゆくてかゆくて仕方なくて、
でも平日は仕事で精いっぱいで皮膚科に行く余裕がまったくなくて、
地獄の1週間でした。

そうしてやっとのことで皮膚科に行ったのが4月2週目が終わった土曜日。
ドクター曰く、
「なんでもっと早く来なかったんですか。
これじゃ慢性じんましんになりますよ。
慢性じんましんになると治るのに何か月もかかるんですよ。
東京の皮膚科で言われたことちゃんと聞いてなかったでしょ。
来るのが遅いですよ。」
あまりに辛くてどうにか助けてほしいという思いで行った皮膚科で
強い口調で言われた、このグサッと来る言葉。
不覚にもその場で涙がボロボロ。
あぁ、今思い返しても悔しいぜ!

ともあれ、前に処方されたアレロックが効いたのなら、
また同じものを2週間分出すから、また2週間後(以内)に来なさい、と。

その日からアレロック服用を再開。
すると、また見事にみみず腫れはなくなりました。
なんと救われたと思ったことか!
というか、それまでなんと辛かったことか!

が、今度は、腫れなくても赤くなるという症状に。
例えば買い物袋を腕に下げるとそこだけぴーっと跡がつくような。
おでこやほっぺたにも何もしなくてもぴーっとかまるっとか赤い筋。

s-130531_201008.jpg

引っ掻いたら確実に跡が残って、
引っ掻いてないところにもいきなり出て、
数時間後には消えるんです。
でも数時間は残る。
腕でも顔でも首でも脚でも体じゅうどこでも。

こんなのがずっと続き、2週間後に再受診。
薬が効いてはいるけれど、
もう慢性的になってしまったので治るのには時間がかかる、
しばらく薬を服用し続けなければならないと言われました。
(また怒られるんじゃないかと行くのがかなり憂鬱だったけど、
私が前回泣いたからか、今度はドクター優しい口調でした。)

それからは30日分もらうようになり、
赤い跡が目立たない程度にはなったものの、
消えることのないまま3か月が過ぎました。

7月に受診に行ったときに言われたのが、
「薬はちゃんと12時間置きに飲んでいますか?」ということ。
朝食後と夕食後の2回という指示だったので、
朝はたいてい一定の時間に飲んでいたものの、夕食の時間はバラバラ。
しかも仕事を終えて帰って夕食を食べるのが21時以降のことが多く、
12時間間隔にはなっていませんでした。
食前でもいいからきっかり12時間ごとに飲むことが大切と言われ、
それ以来、携帯のアラーム機能を使って毎日7時と19時に飲むように。

自分でやってみて初めてわかるものですが、
毎日必ず同じ時刻に薬を飲むのってなかなか難しい。
時間にわりと縛られている日本の生活でもこうなのだから、
ザンビアやその他南部アフリカ諸国における
ARV(抗レトロウィルス薬=HIV感染者がエイズ発症を抑えるために飲む薬)
徹底の難しさが、初めて実感とともによくわかりました。

さて、さらに薬を飲み続けること2か月、
発症&服用から半年が経った9月、
かなり注意深くチェックしていた結果、
ついにまる一か月の間、まったくじんましんが出ないという快挙。

これにて、薬の量を減らしてもらえることになりました。
まずは週に2日だけ1日1錠の日を作ること。
それでもまったくじんましんが出なければ、
それ以降は1日1錠で良いとの指示。

というわけで、今、やっと1日1錠。
やっとここまで来たぜ。
それでも、ストレスでまた出たりするから、
そのときには集中的に1日2錠をしばらく飲み続けるようにとの指示あり。

はぁ、早く薬フリーになりたいものだ。
あと何か月かかるのだろうか。

ストレスや何かでじんましんが出たみなさん、
薬の飲み始めは非常に肝心です。
決して切れることのないよう飲み続けてください。
そうすればこんなこと(慢性じんましん)にはなりません。

私は思い切って仕事を休んですぐに皮膚科に行くべきでした。
いや、そんなのどう転んでも無理だったなとは思うけれど。
それでも。

治ったらまたご報告しますゆえ。
2013.11.17 Sun l ザンビアじゃない話 l top
この頃(いや今までも)Wordを使う機会ってのはあんまりありません(でした)が、
ふと、とある文書の青い文字だけ白い文字に変えたくなったんです。
いい具合に大事なとこだけ青くなってるんで、
白抜きすりゃ穴埋め問題になるわと思って。

で、こりゃ何か方法があるはずだと思って調べてみたら、
あるも何も、ただの「置換」機能を使えばいいだけでした。
技でもなんでもない。

「置換」(というか「検索」)って、書式に対してもできたのねー!

いやぁ、そうですよね、考えれば、そんなのいかにもありそうだ。
なんで今までこの機能に気づきもしなかったんだろう。
おかげで今まで何度か、
このフォントサイズ12のとこだけやっぱ14にしたい!
とかいうときに、いちいち全部手動で変えてました。
アホか私。

フォントの色だと方法を調べる気になるのに、
フォントサイズでは調べることすら思いつかなかったのはなんでだろう。
人生の数時間を無駄にしました。

あ、このブログはパソコンとは何も関係ないブログですのであしからず。
ただ日々使っているパソコンに対してよく新鮮な驚きがあるので、
思わずこの驚きをつぶやきたくなってしまうだけです。
2012.08.10 Fri l ザンビアじゃない話 l top
The quick brown fox jumps over the lazy dog.

この文、
英語(ローマ字)のアルファベットのAからZまでの26字がすべて入ってるんですって。
いろは歌みたいなもんですな。
まぁ、この場合は、何文字か複数回出てくるものがありますが。

タイピングの練習なんかに使えるとのこと。なるほどね。
やってみると、brownがやや打ちにくい。
bからrが。

ウィキペディアによるとこういうのを「パングラム」と言うらしく、
フォントのサンプル表示に使われてたりするんですって。
なるほど。

たまたま読んでた本に出てきて「へー」と思ったのでした。
2012.08.06 Mon l ザンビアじゃない話 l top
私、ウィルス対策ソフトに、ESET Smart Securityというのを使っています。

アップデートしたときなど、
右下にほわんとメッセージが浮かび上がります。

正常にアップデートされました。

こんなのですね。
「正常にアップデートされました」と。
はいはい、ご連絡どうも。

昨日、今までに見たことのないメッセージが浮かび上がりました。

アップデート情報に矛盾があります。

「アップデート情報に矛盾があります。」

え。そう言われても。
どうしたらいいんですか?

わからないままに消えてしまいました。
この事件が起こった直後のできごとでした。
2012.02.24 Fri l ザンビアじゃない話 l top
ミュージカル「RENT」の物語は、クリスマス・イブに始まります。

家賃が払えず、真冬のニューヨークで十分な暖を取ることもできない主人公たち。
女の子が歌う歌の中に、
日本語字幕で「クリスマスなんて」「くだらない」と出てくる部分があります。
が、歌っているのを聴くと、
何をどう聴いても、「バーハンバーッ」「バーハンバーッ」としか言っていない。

これの何がどうやって「クリスマスなんてくだらない」になるのだ?!

と、思っていました。
英語字幕で見てみて、スペルが判明。

Bah humbug!

何かといえば、ディケンズの「クリスマス・キャロル」の中で、
スクルージおじさんが「けっ、クリスマスなんて!」という意味でこう言って、
それ以来その意味が定着したとのこと。

手元の辞書(ジーニアス英和大=ジ、リーダーズ=リ)で調べてみると・・・

bah
(ジ)[しばしば Bah! Humbag!] ふん!、ばかな!(軽蔑・嫌悪の発声)
(リ)フフン、チョッ、ベーだ、ヘン、ばっかばかしい!(軽蔑・嫌悪・愛想づかしなどを表す)

humbug
(ジ)[H~!] ばかな!
(リ)ばかな、くだらない!

なるほど。
いつかBah Humbug!と吐き捨ててみたいもんだ。

それにしても、リーダーズのbahの項、「チョッ」「ベーだ」って・・・。
そしてジーニアスのほうは、せっかく使い方を載せてるものの、
「Humbag」とスペルが間違っている・・・。
辞書にも誤植ってあるんだなぁ(あってはいけない気がする)。
2012.01.31 Tue l ザンビアじゃない話 l top
先日、とあるメールマガジンに登録しました。
メールマガジンというものに登録するの、人生で初めてかも。

そしたら、「メルマガ読者登録完了のお知らせ」というメールが
来たのはいいんですけど、そこに書いてあった内容に唖然。
以下、それっぽく引用。

読者登録規約第5条に基づき、同時に次のオフィシャルメールマガジンにも読者登録いたしました。

ご不要の場合は、それぞれの解除用URLをクリックしてください。

-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com
-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com
-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com
-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com
-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com
-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com
-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com
-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com
-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com
-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com
-----
◎メルマガタイトル:△△
◎解除用URL
http://XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.com


スクロールダウンすれどもすれども続く解除のお知らせ。
実に11ものメールマガジンに勝手に登録されていました。
ありえん。

これを解除するにはいちいちこのURLのサイトに飛んで解除する必要があり、
その場ですべて解除しました。

あの、解除サイトに飛ぶたびにお金かかってるんですけど。。

こんなふうに解除の案内をするなら、
メールマガジンを登録する手続きの中で、
これらのオフィシャルメールマガジンとやらを受信するかどうか、
はじめから選ばせてもらえませんかねぇ?

こんなこと、断じて意味がない。
不快感が残るだけです。

これだけで一気にこのメールマガジン発行会社に対する印象が悪くなりました。

そういうこと、わからないのだろうか。
それとも、そう思う私は少数派なのか。

解除したあと、我がThunderbirdが受信したのは、
11通の「メルマガ読者登録解除完了のお知らせ」という未読メール。
受信トレイでパッと見える範囲がすべてこれで埋まっていました。

まぐまぐ

アホか、とつぶやかずにはいられませんでした。
解除には全部で4分かかりました。
2011.12.07 Wed l ザンビアじゃない話 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。