上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
自転車に乗っていると、道行くザンビア人によく声をかけられます。
(まぁ、乗っていなくても声をかけられるのですが。)

ザンビアは自転車人口が少なく、かつ乗っているのは99%男性。
女性が乗っているのは今まで2回ほどしか見たことがありません。
(モザンビークに行ったときは女性も乗っていたのが印象的だった。)

そんなわけで、ただでさえ珍しいアジア人しかも女性が自転車に乗っているとなると、
ちょっかいを出したくなるザンビア人多数。

必死でチャリ漕いでる私にとっては、そのほとんどが不快。
日本人だし、そもそも服屋で店員に話しかけられるのも嫌なたちだし、
とにかくほっといてくれ!という気分になります。

よく言われる言葉、よくあるパターンをご紹介します。

<第1位>
ガタガタした道なんかを自転車を押して歩いているとき・・・
「疲れたのか?」
Are you tired?
You are tired!
Why are you not riding?
これ今までいったい何度言われたことか・・・。
やたら腹が立ちます。「疲れてないし!」って。
もちろんシカト。

<第2位>
「その自転車、オレのと交換しようぜ」
That's a nice bicycle! Give me that!
Give me your bicycle, I'll give you mine.
これも結構多い。これもシカト。

<第3位>
わざと抜かずにうしろをつけてくる奴。
ムカつくのでこういうときはスピード落とすか停まるかして、相手に抜かさせます。

<第4位>
競争しようと走り出す子どもたち。
最初のうちはかわいいななんて思っていたけど、これが結構めんどくさい。
だから子どもたちのいるところはだいたいスピード上げて走り抜ける。

<その他>(第4位までしか思いつかなかった・・・)
・Come on! Come on! Faster! Faster!とのたまいながら抜いて行った奴。
あれはムカついた~!ムカつきすぎて、場所まで覚えている。

・あろうことか、Lift, please.(「乗せて」)と言い放った奴。
警備会社Armcorの制服来てました。何それ?冗談?
このときは思わず「バカか」と声に出して一人つぶやいてしまった。

ちなみにザンビア人、自転車とすれ違うことに慣れてなくて、
こっちが走ってると、普通にすれ違える道でも、
わざわざだいぶ前から停まって私が通過するのを待つことが多い。

この2年間、自転車に乗らない日は数えるほどしかなかったけど、
ちょっとは筋力ついたかな?
筋力がついたかどうか簡単にわかる方法ってありませんか。

「自転車乗っていて空気入れや工具を持っていないなんて信じられん」と、
複数の男性チャリ隊員に言われてきましたが、
結局、空気入れも工具も持たずに2年間過ごしました。
(一時期持っていた空気入れは庭師にすぐ盗られてしまった。)
みなさん、いつもお世話になりました。
いろいろな不具合を見てもらって、調整したり直したりしてもらって、
おかげで快適な自転車ライフでした。
いつも頼りにしてました。
特にノブさんとKAZU、どうもありがとう。

ブレーキの効きがよかったり、ほどよい空気圧が保たれていたりすると、
それだけで心が晴れやかになるものでした。
逆に言えば、自転車の調子がちょっと悪いだけで、
どんなに憂鬱な気分になったことか。

いやぁ、日本に帰って、
素敵なサイクリングロードをしゃーっと走り抜く日が、ほんとに楽しみ。
日本に帰ったら、ちゃんと勉強して、
ひととおりのメンテナンスは自分でできるようになろうと思います。
みんな、日本でもいつか一緒に自転車乗ろう!
スポンサーサイト
2012.03.14 Wed l 人々 l top
突然こんなこと言うのもナンですが、
日々生活していて、ザンビア人に対してムカつくことは山ほどあります。

ザンビアには、カウンターの奥にすべての商品が置いてあって、
「あれください」と言って取ってもらって買う形のお店がよくあります。
あとはたとえば、ファーストフード店など、
注文を先にしてからお金を払いますね。

そんなとき、私はちゃんとお札を手に準備して順番を待ちます。
混んでいても並ぶなんて概念はほとんどないので、
適当に待ったらぐいぐい前に行ったりします。

で!

自分の番になったと思ったら、お店の人、たいてい、
私がまだ何も言う前から、
私が手に握っているお札をまず取り上げようとするんです!

これが、まームカつくこと!
まだ何も言ってないでしょ!!!

ほんっっっと腹立つ。
今日もやられました。

文化の違い、価値観の違い、なのか。
私は決して慣れない。慣れたくもない。
郷に入っても断固として郷には従えないこともあります。

それからもうひとつ。

ザンビア隊員なら誰でも「チョッチョリ」(アジア人に対する蔑称)攻撃を
受けた経験はありますが。

今日、南ア系の大型スーパーの中で、
あからさまに悪意のこもった「チョッチョリー!」を、
真後ろにいたザンビア人(男・推定30代)から浴びせられました。

さすがに、カーッ!と来た。

普段なら軽やかにシカトしますが、こいつは睨みつけてやった。

しかし、我ながら怖いなと思ったのは、そのあと。
「うっせーニグロ!」と言い返すのが一番いいに違いない、
という思いが頭をよぎりました。
「目には目を、歯には歯を」ってやつでしょうか。

負の連鎖とはこうやって起きるのですね。

悲しいかな、差別を受けてとっさにわき上がる感情は、
「悲しみ」ではなく「怒り」「憎しみ」です。

差別って受けてみなければその気持ちは決してわからない。

嫌なことがあってもさらっと忘れられる人間になりたいものです。
2012.02.22 Wed l 人々 l top
この前、インド料理屋さんにカレーを食べに行ったときの話。

こっちのレストランは、欧米と同じくテーブル会計。
お会計をしたくなったら、自分たちのテーブル担当のウェイターを呼び、
"Bill please."と言うと、ウェイターがお勘定を持ってきます。

で、お会計の段になって、ウェイターがビル(お勘定)を指さしながらごにょごにょ。
トータル支払い額の数字が読みにくく、「390,000」に見えたので、
「これ390?」と聞くと、「320だ」との答え。

でもウェイターが立ち去ってからよく見ると、どう見ても「2」には見えない。
ちゃんと上から全部足して計算してみたら、「290」。
なんだ。
「これ290だから、300出すから、お釣り10ちょうだいね」とウェイターへ渡しました。

するとウェイターはすぐに10のお釣りを持ってきたのですが、まだごにょごにょ。
何かと思えば、「spring rollsがここに入ってないから、その分払え。」
「いやいや、うちら春巻きなんて頼んでないし。サモサなら食べたけど。」と返すと、
「そうだ、サモサだ。それが入ってないからその分払え。」

は?
お釣りまで持ってきておきながら、何を言ってるんじゃボケ。
だからさっきビル持ってきたときごにょごにょ言ってたのか。

「じゃあ正しいビル持ってきてよ」
「今さら遅いよ」
「サモサ抜かしたのはあんたのミスでしょ」
「なんで間違ってるのにお釣り持ってくんの?」

と、その場にいた4人のうち3人で一気に責めたら、
ウェイター、わりとあっさり引き下がりました。「じゃあいい」と。

そんなあっさり引き下がるんかい!
も~わけわからん。
なんで間違ってるビルを書き直さずにそのまま持ってくるかなぁ。
そしてプラスで払えとか言うかなぁ。
そんなの払うわけないじゃん!
それじゃあビルがビルの意味をなさないじゃん!

こうやって簿外で済まそうとすることが、わりとよくある気がします。ザンビア。
それがトラブルのもと。
予約した・してないとか、払った・払ってないとか、
さっき言ったことと違う・違わないとか、お金返した・返してないとか。
とにかくすべてちゃんと記録に取っておくことが大事。
そして証拠をババンと見せつけないと。
口約束とか絶対ダメ。

おかげでこっちも、「食い下がる」「強気に出る」「文句を言う」スキルがだいぶ身に付きました。
そうしないと損をするのは自分です。
『ある』ものを『ない』と言うザンビア人」でも書きましたが。

なんでこうなるかなぁ。。。
2012.02.01 Wed l 人々 l top
ひとつ前の記事に続き、トークタイムのお話。

どこでも売っているトークタイム、どこでも買えるのですが、
インターネット用に高額のものを買うときは、やはり用心して買う場所を選ぶことが大事。
(お金を持っていることを無闇に周りの人に見られないようにするために。)

というわけで、先日、私、高額トークタイムを買いに、airtelショップに行きました。

そのairtelショップにはカウンターが4つありました。
すなわち、①Customer Service、②Customer Service、③Payments、④Service。
(ただし③には店員がいなかった。)
たぶんトークタイムはどのカウンターでも売っているだろうと、
一番列の短い②に並んでしばし待ち、順番が回ってきたので、
担当のおばちゃんに「トークタイムちょうだい!」と言いました。

すると、残念ながらそのカウンターのレジにはトークタイムの在庫がなかったようで、
②のおばちゃん、①のおばちゃんにお金を渡して、トークタイム渡してと言った様子。
しかし、①のおばちゃんは①に並んだお客さんの対応に忙しく、渡してくれません。

そのうちに後ろからザンビア人のおばちゃんが来て、
彼女も②のおばちゃんに、「トークタイムちょうだい」と言いました。

同じく①のおばちゃんにお金を渡そうとした②のおばちゃん、
なかなか①のおばちゃんの手が空かなそうなことに気づき、
自分で①のレジを開けに行きました。

が、トークタイムを取らずにどこか奥のほうへ消えてしまいました。
しばらくして戻ってきたとき手に持っていたのは、お金。
そして、また①のレジに行ってトークタイムを取り出し、
やっと②のカウンターに戻ってきて、私のうしろから来たおばちゃんに、
トークタイムとお金を渡しました。
渡したお金はお釣りでした。

「あれ、私のほうが先に来たよ!」と思い、
「(私に)●●クワチャ分(ちょうだいよ)!」と②のおばちゃんに言ったら、
なんと、②のおばちゃん、しかめっ面して、
「①の列に並んでちょうだいよね!(You're supposed to get in this line!)」。

いやいやいや、ちょっと待ってよ、
①も②もCustomer Serviceとしか書いてないでしょ、
どうして①に並べってわかるのさ!
てかなんで私だけに怒るのさ!
そもそも私のほうが先に来たでしょうが!
てかなんだい、あれかい、差別かい!

と、あー久々に腹が立った。
でも、言い返しても無駄なので、むっつり顔してサンキューも言わずに受け取りました。

差別かよ、とすぐ思ってしまうのは、よくないことかもしれません。
考えすぎ、過剰反応なのかもしれません。
でも、普段から道歩いてるだけで、「チョッチョリー!」とかからかわれたりすると、
ついついそう思ってしまうもの。

人種差別される側の気持ちってのは、実際に経験してみないとわからないもんです。
ルサカなんてコッパーベルト州なんかに比べると生ぬるいほうだとは思いますが、
かわいい小さな女の子につぶらな瞳で「チャイナ!」と吐き捨てられたり、
チャリ乗ってるときに、「イェーイ!チョッチョリー!チャイナ―!」と叫びながら
集団で追っかけられたりすると、心の底から悲しくなるのさ。

どうすればいいんでしょうかね。
今回のような状況でもなんとも思わず腹も立たない人間になりたい。
2011.11.23 Wed l 人々 l top
日曜日、写真を印刷しに写真屋さんに行きました。
場所はマンダヒルというショッピングモールの中。
普段なら、10枚程度であればその場で10分も待っていれば印刷してくれるのですが、
この日はあいにく印刷機が壊れているとのことで、翌日12時引き渡しと言われました。

日曜日はフットサルに行ったりドミに行ったり、
マンダヒルから遠くないところをうろつくのでいいのですが、
平日、私が活動に行っている場所は、マンダヒルとは全然違う方面。
その場で写真ほしかったし、「えーやだなーめんどくさ!」と思いつつも、
文句を言ってもどうにもならないので、
しぶしぶお金を払って伝票だけもらってその日は帰宅。

そして月曜日。
機械が壊れているなら、どっかに外注するのかな、
だったら今日できてるって保証もないよな、
マンダヒル遠いし、行く前に電話して確認したものかどうしたものか…と考えましたが、
ここはザンビア、まあとりあえず行ってみるかと腹を決め、配属先からマンダヒルへ直行。
通り雨の直後、じめじめした暑さの中自転車をこぐこと1時間弱。
普段、こんなに時間かかったっけな?とへばりながら汗まみれのまま写真屋さんへ。

レジカウンターにいたのは、昨日と同じお兄ちゃん。
私:「写真受け取りに来た!」I came to pick up my photos!
男:「明日来い。」Tomorrow.
私:「(昨日来た私のこと覚えてるでしょ!と思いつつ…)は?なんで?」What? Why?
男:「機械が壊れてる。明日来い。」The machine's not working. Tomorrow.
私:「ほんとに明日になったらできてるの??
   昨日『明日』って言われたから今日来たのに、今日また『明日』って言われても、
   本当に明日できているか、信じられないじゃん!」
   Are you sure? How can you be so sure that they'll be ready tomorrow?
   I came today because yesterday you told me to come today.
   I know about the machine problem. Wouldn't it be the same tomorrow?
   How can you be so sure for tomorrow?

男:「とりあえずチェックするよ・・・ごにょごにょ・・・」Let me check...
(すぐ後ろのカウンターにあるできあがり写真の束を調べ…)
男:「はい、これでしょ、あった。」Here's yours.
私:「は?なんであるの?明日って言ったじゃん!!」Why did you say tomorrow???
男:「今日が明日だ。」This is tomorrow.

もう、意味わかんないよ、ザンビア人!
ここがヘンだよ、ザンビア人!

電話で確認しなくてよかった。
電話してたら、にべもなく「明日」と言われて終わっていたことでしょう。
ザンビアにいると、納得できないときにはとりあえず突っかかるのが大事。
このお兄ちゃんみたいな、わけわかんない事態が起こるものです。
確認もせずになんで「明日」とか言うんだよ!

日本では、お店でその場で面と向かって文句を言うなんてできなかったけど、
タクシーの値段交渉とか値引き交渉も超苦手、やりたくないと思っていたけど、
(いずれも意外と言われるが、私、そういう性格です。)
慣れっこですよ、もう。
ていうか、そうやってがんばって突っかからないと損をするのは自分。

ないものを「ある」と言ったり、できないことを「できる」と言ったりするのがザンビア人。
何か助けを求めると、それに応えられずにはいられないのか。
でもそれでかえって面倒になることもしょっちゅう。

逆に今回のようにあるものを「ない」と言うことも。

日本人とはだいぶ感覚が違いますね。

とにかく食い下がるしかない。
「ダメ元でやってみる精神、すぐ諦めない精神」が鍛えられます。
2011.11.10 Thu l 人々 l top
ただいま土曜の午前中。

シャワーが漏電したから直しに来て」と電気屋ロバートに電話したのは月曜日。
「土曜の午前」に来てくれるという話をしたはずなのですが・・・

昨日の夕方、念のためロバートにリマインドの電話をしてみると、

「おかけになった電話番号は、ただいま電波のつながらないところにいるか、
電源が入っておりません。」(もちろん英語で。)

嫌な予感。
明日にはつながりますように。ロバートちゃんと覚えてますように。
と、祈るしかない。

今朝、改めて電話。

「おかけになった電話番号は・・・」

あーあ。
やられた。

月曜に話したことなんて、5日も経ったら忘れちゃうよねぇ。
そうだよねぇ。

こっちはわりと本気で困ってるんだけどなぁ。
今日来てくれなかったらいつになるんだ。
ていうか電話はいつになったらつながるんだ。

ザンビア人の約束なんてこんなもんですが、
今日にはやっとシャワーが直る、ついにビリビリから解放される、
と期待していただけに、がっかり度合いも大きい。

私が期待したのがいけなかったか。
もっと早くにリマインド電話するべきだったか。

人を平気で何時間も待たせたり、
やると言ったことをやらなくてなんとも思わなかったり、
突然突拍子もない無理なお願いを言いだしたり、
ザンビア人の行動は、日本人の私には理解しかねることばかり。

1年3か月のザンビア生活でだいぶ慣れてきたつもりでしたが、
今日は久しぶりにがっかり。

やっぱり期待したのがいけなかったんだな。
これくらい予想しておくべきでした。

しょぼん。
2011.08.13 Sat l 人々 l top
ザンビア人にとって、テレビを見ないというのは信じられないことのよう。

うちの配属先のダイレクター(50代のおばちゃん)とその旦那さん、
私が住んでいる家の契約者なので(ただし家賃の支払いはJICA)、
家の中に入ったことがあります。
で、我が家にはテレビがないことを知っています。

ザンビア人の最大にして唯一かもしれない娯楽はテレビ視聴。
たいていの家庭には居間にテレビ台がどーんと鎮座していて、
お金のある家なら両脇にスピーカーやら何やら、
そうでなくてもテレビを囲んでいろんな小物が乗っていて、
夜は家族みんなでテレビ。
ホームステイのときもひたすらテレビを見続けたものです。

そんなわけで、ダイレクターや旦那さんに
「テレビがない家で夜、いったい何をやっているの?」と聞かれたこと、
一度ならず。

先日も何度目かのこの会話をダイレクターとしました。

私、こう聞かれたら答えは決まって「本読んでるよ」。
実際にはパソコンでメールしたりブログ書いたり映画見たりしているのですが、
あんまりそういうことは言いたくないので、いつも読書。

で、この日もいつも通り「本読んでるよ」。

すると・・・

ダ「ラジオはあるの?」
私「ないよ」

そしてその次にダイレクターから出てきた言葉は・・・


"Is it healthy?"


・・・え?

・・・は?

ヘ、ヘルシー?


口をぽかんと開けて彼女の顔をまじまじと見てしまいました。
二の句が継げない、ってこういうことを言うんですね。

結局なんて答えたかは覚えていません。
話は適当に終わったような。

ザンビアでは、家にテレビもラジオもないのは不健康みたいです。
みなさん、お気をつけくださいませ。
2011.08.12 Fri l 人々 l top
ザンビアの女性、実は、ヒゲが生えている人がそれなりにいます。

私の配属先のダイレクター(女性)も、うちの大家さん(女性)も、
よく見ると顎にちょろちょろとヒゲ。
中年以上の方に多いような気がします。

で、たまに、ものすごーく濃いヒゲが生えている女性もいます。

RIMG5670.jpg

ごめんなさい。こっそり隠れて撮りました。

男性じゃないですよ。女性です。
頭にチテンゲ巻いているのがその証拠。

ここまで濃いと、ちょっと見つめてしまいますね。

以前SHOPRITE(スーパーマーケット)で、
黒々と口ひげを生やした女性もお見かけしました。
そのときはさすがに遠くからまじまじと見つめてしまいました。

なんで女性にもヒゲが生えるんでしょう。
男性ホルモン?
不思議。
2011.08.04 Thu l 人々 l top
ザンビアにはでべその子が多いです。
しかもそのでべそっぷりが半端ない。
途上国ではみんなこんなもんなのでしょうか。

我が配属先の天使、Joy。

RIMG4278.jpg   RIMG4307.jpg

Joyのお姉ちゃん、Faithのでべそも半端ない。
へその緒の切り方がうまくないとこうなるとか。
これって大人になってもずっと出たままなのかな?
2011.07.09 Sat l 人々 l top
私が毎日通っているNGO(というか家族のお宅というか)は、ルサカ市街の東の端。
自宅から通うのに、Kabulonga(カブロンガ)という地域を通ります。
Kabulonga Roadという通りをまっすぐ行くわけですが、
Kabulongaには信号のある交差点がありまして
(信号のある交差点は市内に数えるほどのみ)、
そこを過ぎると、Kabulonga Boys(男子高校)、Kabulonga Girls(女子高校)、
そしてKabulonga Basic(小中学校)と、立て続けに3つ学校があります。
さらにその先にはChibelo Basicもありまして、
要は、通勤路に登下校中の子どもたちがわんさかいるわけです。

ここを毎日行きと帰りと二度通るたび、
うれしいことやら、胸にぐさっとくるほど悲しいことやら、
悲喜こもごも。

子どもでなくても肌の色の違う人に興味津々のザンビア人、
歩いているだけで何かしら話しかけてくる人は本当に多いのですが、
子どもならなおさら。

多いのは・・・

チャイナ!チャイナ!
チョッチョリ!チョッチョーリー!
チャイニーズ!

そして、まったく似ていない中国語のモノマネ。
続いて、ひそひそ笑い、または大爆笑。

これ、やっぱり結構傷つきます。
みんな言ってるからなんとなくボクもワタシも言ってみよう的な言い方から、
明らかに嘲り笑っている意地の悪い言い方まで、さまざま。

飲んだくれてそこらをほっついている男に言われるより、
下校中の小学校低学年の女の子の集団にからかわれるほうが、
ぐさっとくるものですね。

気にしない気にしないと、いくら自分に言い聞かせても、
やっぱり悲しくなるものです。

それから・・・

I'm asking for five hundred (kwacha).
I'm short of five hundred (kwacha).
I don't have money for transport.

ムズング(肌の白い人という意味の現地語、たいていアジア人を含む)
だからというだけで、
すれ違ったとたんに突然言ってくるものだから、
瞬間的についつい「ふざけるな!」と言いたくなります(言わないけど)。

でも、ここザンビアでは、裕福な家庭が親戚の子どもを預かるなど、
助け合うことが当たり前。
それにこれを言う個人に腹を立ててもしかたない・・・
と考え出すと、やっぱり悲しくなります。

つぶらな瞳の子どもに元気よく"How are you?"と聞かれ、
こちらも明るく"Fine thank you and you?"と答えたら
"I'm asking for five hundred."と言われたときの悲しさと言ったら、もう。

しかし、悲しいことだけではありません。
ほとんどの子どもたちは、特に悪意があるわけではなく、
ただムズングを物珍しがっているだけ(そう信じたい)。

かわいいハワユー攻撃もよくあるし、
手を振っただけで喜んでくれる子もいるし、
こっちはどこのどの子かさっぱりわからないのに、
私の名前を呼んで元気に挨拶してくれる子もいるし。
この前なんか「ワタシノ ナマエハ Oscarデス!」と、
突然元気よく片言の日本語を話しかけてきたKabulonga Boysの男の子もいました。

そんなわけで、日々の通勤、悲しさ7割喜び3割といったところ。
正直子どもたちが集団で歩いているのを前方に認めるたびに、
「ああ、あそこ通るの嫌だな~」と思うのですが、
そこはぐっとこらえて笑顔を振りまかなければ。
子どもたちがみんないい子に育ちますように。
2011.06.02 Thu l 人々 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。