上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
世界にどれくらいこの職種の隊員枠があるのか知りませんが、
ザンビアには、「獣医・衛生」という職種で来ている隊員が現在2人います。

隊員をやっている身として、協力隊のいいところは、
様々な専門を持った人たちがいるので、
自分にはまったく馴染みのない分野のおもしろい話が聞けるところ。

モンゼというところにいる獣医隊員のブログが、読みごたえがあります。
まっすぐにいこう。

このブログの中に出てきますが、彼女、なんと、狂犬病の犬を見たとのこと!
ほんとにいるんですねぇ!!

狂犬病とは、致死率100%で有名な病気。
名前くらいはご存知でしょうか(狂牛病じゃありませんよ)。
隊員はみな予防接種を受ける際に見せられるビデオがトラウマになります。

みなさん、犬や他の動物には、噛まれないようにマジで気をつけましょう。

私は、以前、ルサカの獣医隊員のところへ、豚の解体見学に行ったことがあります。
あれはちょうど東日本大震災が起こった日でした。

ザンビアでは鶏を絞めるのは日常茶飯事(隊員でもできる人がいます)、
ちょっと村に行けば、豚やヤギもみんな普通に屠っています。

見学させてもらった隊員は、衛生面をはじめ、
あらゆる点で日本の常識を破られる、と言っていました。

日本では決して見ることのできない貴重な屠殺現場を見せてもらったので、
せっかくなのでご紹介したいと思います。

普通に屠殺している写真を載せます。
(これってなんかまずかったりするのかな?大丈夫よね?)
食事中などのみなさまは見るのをお控えください。





↓ ↓ ↓





自分はもう何とも思わないけど、日本のみなさんには結構衝撃的かも?





↓ ↓ ↓





いいですか?





↓ ↓ ↓





では。





s-RIMG2173.jpg
まずは袋に入れて捕まえ、体重測定。

s-RIMG2192.jpg
男4人で豚を押さえつけ、喉を掻き切ります。
豚の断末魔の叫び、初めて聞きました。
結構鋭くて思わず耳をふさぎたくなるような悲鳴でしたが、
ヤギはもっとすごいとのこと。

s-RIMG2197.jpg
近くの地面に寝かせて・・・

s-RIMG2204.jpg
熱湯をかけて皮を剥ぎ取っていきます。

s-RIMG2219.jpg
全部剥ぎ取ってまたお湯をかけてきれいにしたところ。

s-RIMG2231.jpg   s-RIMG2239.jpg
お腹を切り開いて内臓を取り出します。

s-RIMG2276.jpg
これで作業完了。
自分もああなってしまうのかブヒ?と悲しげに見つめる隣のブタ。

ほんとに貴重な経験でした。
もうほぼ1年前のことで、今さらながらのご紹介になってしまいました。

ちなみにこの豚は、隊員が寝ずの番をしながら夜通しかけて丸焼きにして、
先輩隊員の送別会でメイン料理として振る舞われました。
非常においしかったです。
あ、せっかくなのでそのときの写真もどうぞ。

s-RIMG2290.jpg   s-RIMG2326.jpg
ごちそうさまでした。

ザンビアの獣医隊員のメインの活動は、
大学や専門学校で学生に対してanimal scienceについての講義を行うこと。
その他、動物病院を運営したり、家畜を見たりしているそうです。

隊員同士の関係なら、見学させて~!と言えば、
気軽に活動現場を見せてもらえることがほとんど。
いいですよね。
自分のまったく知らない世界を知るのは楽しいことです。
T隊員、その節はどうもありがとう。
スポンサーサイト
2012.02.22 Wed l JICA l top
ザンビア隊員は、2年間の任期を終えて帰国する際、
「帰国報告」というものをしなければなりません。
(こういうのがあるかどうかは任国によっていろいろ。)

場所はJICA事務所の大会議室、
発表の持ち時間は1人20分、そのあとに質疑の時間が10分。
たいていみんなパワーポイントで発表。
たまに写真だけとかしゃべりだけという人もいますが。

行われるのは毎回平日の16時頃からで、1日2~3人。
発表者は同じ日の早い時間帯に所長面談があります。

この帰国報告会、毎回お知らせが流れて、隊員は誰でも参加OK。
調整員という隊員のお世話係のJICA職員は基本的に全員来て、
あと、たま~に他のJICA職員も来ます。

私は、
・活動がたいてい16時までに終わる
・JICA事務所が家のすぐ近くかつ配属先からの帰り道
なので、赴任したての20-1次隊の帰国報告会から、
ずっと聞きに行っています。
20-3次隊からは、ほぼ全員聞いています。

が、同期隊員以外で聞きに来る人の、ほんとに少ないこと。
同期隊員以外の隊員は私だけ、なんてことも珍しくありません。

まあ、そもそも来られるのはルサカ隊員だけだし、
ルサカ隊員も、まだ活動しているか、事務所が遠いという人が
ほとんどだというのはわかっているんですが、
それでもたまたまルサカに来ている人とか、
それなりにいつもいるんですけどねー。

発表する帰国隊員も、
「帰国報告会に出たことがない、自分のがはじめて」という人ばかり。

で、先週の金曜から今度の木曜まで、
今まさに21-3次隊の帰国報告会が行われているのですが、
今回は特にほんとに少ない。聴衆が。
同期隊員のみなさんですら、誰も来ていません。

金曜の1人目なんて、開始予定時刻の16:00に会議室にいたのは、
発表者の隊員と、その担当調整員と、私の3人だけ。

みんなあんまり他の隊員の活動には関心ないんですかね?
自分とまったく違う職種の隊員の話って、私にはとってもおもしろいのですが。

聴衆が3人とか4人って、こんなのやる意味あるのか?

今日は調整員ですら3人しかいなかったし、
健康管理員の人も、今までの人は来てたけど、
新しく着任した人は、すぐ横のオフィスにいるのに来ないし、
隊員は例のごとく私ともう1人くらいしかいないし、
なんだかなぁ~~~。

私はいつもとても楽しみだし、行けないとすごく悔しい。
どうもみんな考えることってだいたい同じはずとつい思ってしまうから、
みんなの関心の薄さにいつもびっくりします。

こんだけ人が少なくて、ほんと、やる意味あるのだろうか。
これって誰向けの会ですか?
主に、自分の担当調整員以外に自分の活動を報告する場でしょうか?
今までもずっとこうだったのか。
何のために、誰のためにやってるんですかね?帰国報告会って。
2011.12.12 Mon l JICA l top
2010年12月6日、健康診断を受けました。
隊員は年に一度受けることになっていたような。

場所は、ルサカ南東のWoodlandsという地区にあるSt John's Hospital。
我が家から自転車で30~40分。

内容は、身長、体重、血圧、視力、血液検査、尿検査、便検査、X線、問診。
待ち時間を含めて2時間ほどで終了。

1月半ばに結果が出ました。

意外と引っかかる隊員が多いと聞いていましたが、
私は幸いにもすべて基準値内。
医師のコメントは、
All findings within normal. Certified physically fit.

ちなみに、
尿酸値が高くてalcohol abuseと書かれてしまった隊員も。
abuseなんて、なかなか刺激的な言葉。

さて私の結果ですが、驚いたのはヘモグロビン。
なんと14.1。
これ、間違いなく今までの最高値。
学生の頃から12を超えたことはほとんどなく、
協力隊応募時
ほうれん草とレバーを食べ続けた努力が報われたのかはわからないけど、
叩きだしたのが12.5、
二次選考の再検査のときが11.5、
そして合格後の健康診断のときがまさかの12.8。

大幅改善。
まあ、ヘモグロビンは、
特に女性はそのときの体調やなんかによって変わるとは聞いていますが、
それでもなんとなくうれしい。
こっちの機械だと数値が高めに出るとか、
そんな落ちがもしかしてあるのかもしれませんがそれでも。

他の数値も、基準値と比べてもほんとどれもノーマル。
こうなると、今までの結果を並べて見比べたくなります。

会社にいた頃は、中性脂肪がやばいとか、総コレステロールがやばいとか、
そんな話題で結構盛り上がっていた気がするし、
実際、入社前に比べてぐんと増えたものがあったはず。
あれ、どれだったんだろう。
値はいくつだったんだろう。

ああ、今までの健康診断の結果、持ってくるんだったなぁ。
まあ、そんなこと普通思いつかないけど。

日本に帰ってから見比べるのが楽しみです。
きっとザンビアでの健康的な生活のおかげで、
数値はどれもぐっと改善されているはず(希望的観測)。
2011.02.22 Tue l JICA l top
去る2月11日(金)、日本(JICA本部)から
「海外交通安全対策巡回指導調査団」なるものがやってきて、
「交通安全セミナー」が開かれました。
このため、全国の隊員がルサカに集結。

全隊員がルサカに集まるのは、
4月の隊員総会と8月の安全対策連絡協議会くらい。
今回は日本から調査団がやってくるということで、
特別に2月にみんな集合。
なかなかレアな機会です。
配属先へは、JICAから隊員のお暇を乞うレターが発送されます。

会場はFairviewホテルというドミの近くのホテル。
講義内容は、二本松の訓練所で受けたものと同じようなもの。
(リンクを飛ばしてみたものの、講義内容のこと全然書いてなかった。。)
過去に起こったJICA関係者の死亡事故や重傷事故の事例、
途上国諸国の交通事情など。

ザンビアも他のアフリカ諸国と同じく、
走っている車はほぼ100%整備不良車。
壊れてからはじめて直す、そしてどこまでも直す。

バスに乗るときはなるべくきれいな車を選びましょう、
とはよく言われることですが、
現実にはそんなに選択肢はありません。
万一何か起こったらよっぽど運が悪かったと思うしかない、
と、個人的には思っています。

このセミナー、事前にJICAからお達しがあり、
みな襟付きの服を着て参加。
同期の仲間と「NTC(二本松訓練所)みたいだね!」とはしゃいで、
わざわざNTCのときの席順に座り直す我ら。
5人掛けだったのでひとり遠くの席に座ったA隊員、
我々の並びに果たして気づいていたでしょうか。
(たぶん、気づいていないだろう。)

午後は自転車隊員向けの自転車整備講習。
タイヤとブレーキをよく点検すること、だそうです。
パンクしたことのある人、との問いに、ほぼ全員が手を挙げました。
私は今まで10カ月弱自転車に乗っていて、パンク回数2回。
少ないほうだと思います。
ネジなどの異物を前輪がはねてそれが後輪に刺さるので、
パンクするのは常に後輪なんだそうです。

なかにはフレーム以外のすべてのパーツを取り替えたという隊員もいるし、
1日に5回も6回も修理屋に持って行ったことがあるという隊員も。
自転車のメンテナンスもなかなか大変。

たくさんの人がルサカに集まって、
それだけでなんだか楽しかったのですが、
歓送迎会でゆっくりするのとは違って今回は講義を受けただけなので、
顔を見ただけでまったく話さずに帰って行ってしまった隊員もたくさん。
みなさん、ルサカに来たらまた会いましょう。
そしてぜひ今度はお話ししましょう。
2011.02.17 Thu l JICA l top
8月20日(金)、安全対策連絡協議会に続き、午後はみんなで大使公邸へ移動。
大使主催のボランティア向けのレセプションが開かれました。

このレセプションのため、朝からみんな正装。

大使公邸の素敵な中庭で、
イギリスから輸入したという食材で元隊員の大使館シェフによる
夢のように素晴らしい和食の数々が振る舞われました。

とか明太子とかごぼうとか久々にいただきました。

ああ、早くも来年が楽しみ。
2010.09.03 Fri l JICA l top
去る8月20日(金)、JICA事務所からすぐのクリスマホテルというところで、
「安全対策連絡協議会」なるものが開かれました。

JICA事務所からの案内によれば開催趣旨は次の通り。

* * * * *
全ボランティアを対象とし、最新の治安状況、安全対策、交通安全、2011年に実施予定の大統領選挙等、につき相互に情報交換、連絡および協議を実施し、共通の認識を高めることによって関係者の安全確保向上に資することを目的とする。特に今回は「体験の共有」に力点を置く。
* * * * *

実際の内容は、大使館の領事やJICA職員からの安全対策に関するお話や、
グループディスカッションなど。

残念ながらザンビアではすりや空き巣被害に遭っている邦人がそれなりにいます。
ただ、そのうちの多くは気をつけていればおそらく防げたこと。

・ズボンの後ろのポケットに物を入れない
・携帯電話やカメラなどを街中でむやみに取り出さない
・たくさんのお金の入った財布を街中でむやみに開けない
・バックパックを背負う際には十分注意
・そもそも貴重品を持ち歩かない
・窓際付近に貴重品を置かない(釣りざおなどで盗られる)
・バーグラーバーには必ずしっかり鍵をかける
・外灯を切らさない
・暗くなったら歩かない

これくらいは当然のことですが、
それでもちょっとしたすきにやられてしまうものだそうで。

私が普段行っている対策は…

・財布は持たず、お金は裸のままポケットなどに分散させる
・バックパックにはカラビナ&鍵をかける
・携帯電話は首から下げ、必要に応じて上着を羽織り見えないようにする
・常に必要最低限しか持ち歩かない
・家の外灯は24時間付けっぱなし
・外出時は常にカーテン締切
・窓際には空き缶(音が鳴ることを見せて窓からの侵入を防ぐ)
・外出時、貴重品は棚に入れて鍵をかける

ただ、安全対策に正解はなく、状況に応じて対処することが大事。

「危険は慣れた頃にやってくる」(慣れてなくてもやってくるけど)ものなので、
「気を引き締めてね」というためにこの協議会が毎年開かれているのだと思います。

私にとって一番説得力があったのは、
すりなどの被害に遭うと「とにかく面倒くさい」という先輩隊員のお言葉。
何度も警察行って手続きしてJICA事務所も往復してと、相当面倒だそうで。
面倒くさいのは嫌なので、気をつけます。
2010.09.03 Fri l JICA l top
今年2010年はザンビアにおける協力隊派遣事業40周年という節目の年。
これを記念して、ザンビア大統領への表敬訪問というイベントをJICA事務所が企画しました。
隊員が全員ルサカに集まる8月20日前後でとザンビア政府にお願いしていたそうですが、
大統領の都合がつかず、副大統領への表敬訪問となりました。

ちなみに大統領はRupiah Banda、副大統領はGeorge Kundaというお名前。

面会日時は8月18日(水)12時。
隊員全員での訪問とはならず、30人ほどが集合。

参加者は日本側は日本大使、ほか大使館より数名、
JICA事務所長、ほかJICAスタッフ数名、隊員およびシニアボランティア30名程度。
ザンビア側は副大統領、ほか政府関係者数名(たぶん)。
そして新聞、テレビなどのマスコミ数社。

場所は副大統領オフィス。
中庭にテントが張られ、簡単な席が設けられていました。

式は大使挨拶に始まり、
JICA事務所長挨拶、ボランティア代表挨拶、副大統領挨拶、記念品贈呈と続き、
その後軽食が出されしばし懇談、最後に全員で記念撮影をして、
待ち時間も含めて1時間ほどで終わりました。

DSCF0015.jpg   DSCF0069.jpg

右の写真の真ん中でサングラスっぽいメガネをかけている方が副大統領。

よい記念となりました。


さて翌日。

用事があって活動に行く前に配属先に電話したところ…

"I saw you on TV yesterday."

テレビに出たようです。

さらに、新聞を買ってみると…

RIMG3909.jpg

1面にどーん。

なんともあっさりとマスコミデビューして、さらによい記念となりました。
2010.08.28 Sat l JICA l top
6月26日のリビングストンに続き、
7月10日、キトウェ(Kitwe)で協力隊40周年記念イベントが行われました。

キトウェはルサカに次いでザンビアで2番目に大きな都市。
コッパーベルト州という銅の産地であり、
それを象徴するように街の中心地には銅像が。

ktw0_銅像

イベント会場は隊員の配属先であるキトウェYMCAだったのですが、
これが驚くほどに街のど真ん中にありまして。
外でオープニングにロックソーランを踊ったら、こんなことになりました。

ktw2_外1

続いて別のキトウェ隊員が教える教員養成校の生徒たちによるダンス。

ktw2_外2

YMCAの建物が後ろに写っています。
これ、2階部分はYMCAの施設ですが、1階はすべてテナント。
建物賃貸でうまいことやっているそうです、YMCA。すごい。

ktw2_外3   ktw2_外4

バナナ売りのおばちゃんたちも子どもたちも真剣に見入ってました。

ktw1_入り口

入り口は狭いのですが、中に入るとホールがあります。

ktw3_中

ダンスグループによるザンビア国歌斉唱。

ktw3_中1

来賓のキトウェ市長のスピーチ。

ktw3_中2

子どもたちの歌。

ktw3_中Girls1   ktw3_中Girls2   ktw3_中Girls3

女子高生たちのパワフルな歌&ダンス。
この髪型、インパクト抜群ですよね。
こういう髪型している人意外に多いんです。びっくりです。

ktw3_中3   ktw3_中4

客席はこんな感じ。

このほかにも隊員紹介DVD上映や、
YMCAユースグループによる七夕劇の上演など。

中庭もあり、
そこでは折り紙、習字、やきとりなどのブースを設置。

ktw4_やきとり1   ktw4_やきとり2   ktw4_やきとり3

やきとりはシニアボランティア担当。
おいしかったです。ふふ。

ktw4_やきとり4

やきとりを持ってうれしそうにポーズを取る子どもたち。
かわいい。とてもかわいい。

七夕にちなんでみんなで短冊に願いごとも書きました。

ktw5_七夕1   ktw5_七夕2

ktw5_七夕3   ktw5_七夕4

"I wish to become a very successful person in life and forever be happy with my family."

"I wish to be a resourceful teacher and contribute to the holistic development of Zambia and make good friendship with Japanese."

みんな真剣に書いてくれました。

ザンビアでは予定した時間通りに事が進むということはまずありませんが、
今回は出演者、来賓など誰も遅れることなく、すべてオンタイム。
みんなびっくり。

夜には中華レストランで反省会。
不謹慎(?)ながらみんなの願いごとを読ませてもらったのですが、
一番のヒットはこれ。

ktw5_七夕5

"My hobby is to be a president."

いやあ、ホビーじゃないですよね。
ちなみに右下は、「サンマが食べたい」という、
とあるシニアボランティアの方の切実な願い。

日本にいるときより七夕を意識した7月でした。
2010.07.16 Fri l JICA l top
協力隊員がはじめてザンビアに来たのは1970年。
警察学校で柔道を教えたそうです。
それから40年。
これまでのべ1,000人以上のボランティアが活動してきました。

今年2010年は40周年ということで、
隊員が全国数か所で記念イベントを開催しています。
その中のひとつ、リビングストン公演に参加してきました。

開催日は6月26日(土)。
会場はリビングストン隊員の配属先の小中学校。

プログラムは開催地によって異なりますが、
構成はどこもだいたい同じで、
次の3つによって成り立っています。

・舞台でのパフォーマンス
・ブース
・展示

パフォーマンスは隊員によるロックソーランや、
隊員の配属先の学校による歌、ダンスなど。
ブースは日本食、折り紙、けん玉、大縄跳びなど。
そして展示は日本文化紹介や隊員紹介。

前日からみんなで日本食の準備。

RIMG2622.jpg   RIMG2624.jpg   RIMG2654.jpg

RIMG2657.jpg   RIMG2668.jpg

コロッケ、おにぎり、てんぷら、カレー。
こんなに大量の調理をしたの、初めてです。
お米を炊いた鍋のサイズも半端ありませんでした。

当日は好天。
ですが、私、日本食担当でほとんどずっと家庭科室にいたので、
会場の様子あまりわからず。

協力隊機関誌「クロスロード」を読んでいると、
よく「イベントやりました」という記事がありますが、
このようにして開催されるのだなぁと納得しました。

次回公演は7月10日(土)、コッパーベルト州キトウェ。
こちらも参加予定です。

ちなみに、ソーラン隊という隊員有志の集団があって、
この40周年記念イベントとほとんど同じ形式で、
不定期で隊員の配属先を巡回公演しています。
これについてもそのうちご紹介します。
2010.07.02 Fri l JICA l top
以前、現地訓練中に一度、
ボランティア連絡所(隊員ドミトリー、通称「ドミ」)についてご紹介しました

この前「ボランティアハンドブック」(というものがあるんです)を読んでいたら、
ドミについての説明があったので、転載などしてみます。

* * * * * * * * * *

ボランティア連絡所

受入国のそれぞれの国情やボランティア派遣数を考慮し、
必要に応じてボランティア連絡所が設置されています。
ボランティア連絡所の役割は受入国によって多少異なりますが、
およそ以下のようなものです。

在外事務所等
・ボランティア連絡所の設置
・家賃支払い等の管理

ボランティアによる自主的な組織
・使用上のルールや料金の設定
・消耗品の補充
・備品の整備等の具体的な運営

<主な役割>
(1)緊急時の避難・集合場所として
(2)傷病時(精神的疲労も含む)の一時的休息、療養場所として
(3)地方で活動するボランティアの上京時、
  新ボランティアの着任時等の一時的簡易宿泊施設として
(4)情報交換、情報収集施設(総会・職種毎の分科会等の会場、図書館機能)

* * * * * * * * * *

さて、写真もさらにいくつか撮ってあったので、お披露目。

まずは外観。

RIMG1647.jpg

ピンクです。

それから居間というか食事・談話スペース。
ボケちゃってますが。

RIMG1692.jpg   RIMG1693.jpg

次に、図書室兼パソコン室兼一時荷物置き場。

RIMG1689.jpg

それから洗濯室。

RIMG1688.jpg

洗濯機は男女それぞれひとつずつなので、混むときはとても混んでいます。

最後に。。。

RIMG1682.jpg

年季の入った蠅取り紙。
いったい何年吊るしてあるんでしょうね。
2010.06.11 Fri l JICA l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。